車の一括査定サイトで依頼をしたらいざ実写査定&交渉

実際に一括査定サイトで依頼を行ったら、実際に車を査定して交渉に移ります。ではそれぞれどこを気をつければいいのかご紹介します。

査定のポイント

いざ実車査定

依頼を出したらいざ査定です。査定前には車検証が必要になるので事前に確認を。
スペアキーや取扱説明書がないと査定額に影響を与えますから、事前に用意をしておきましょう。またホイールなどを社外品に変えている場合は、純正品のものに戻しておきましょう。これも査定額に影響します。

車は査定前に掃除、洗車するべき?
車の査定は日本自動車査定協会(JAAI)が決めた基準と自社基準をもとに行われます。
しかし、それと同じくらい重要になってくるのが査定士の印象です。「キレイに載っているな」という印象を与えれば査定額の期待値もあがります。逆に悪い印象を与えてしまうと「メンテナンスも行われていないのでは?」といった査定士にとっての不安要素になります。
洗車や掃除は直接的に査定額に影響を与えるわけではありませんが、とっても大事な要因なのでできることなら売却前にキレイにしておきましょう。

査定時は、「車内ではタバコを知っていない」といったアピールポイントはしっかり査定士・営業マンにしっかり伝えましょう。
どれだけ車を大事に乗っていたかを伝えることで印象は良くなり、買取額のアップに繋がります。

そして基本は即決はしないこと。即決してしまうと交渉ができないので金額が釣り上がりません!

交渉のポイント

査定を集めた後は交渉で売却額を釣り上げ

車を売るときの交渉はとても大事。車の売る際の交渉は「他社の金額を伝えながら金額を釣り上げていく」のが基本です。

一括査定サイトを使うと交渉しやすくなる
ユーザーが一括査定サイトを利用していることは業者には通知されています。
ですから競合他社がいることはわかっています。ということは下手に足元も見た金額をつけたり、買い叩こうとすると他社へ流れるおそれることもわかっています。なので安い売却額や査定額をつけにくく「交渉しやすい土台」はできています。

といってもほとんどの場合、向こうから金額を聞いてきます。やっぱり、業者としても他社の金額は気になりますからね。
そこで他社の金額を伝え相手の様子を見ながら最高額を引き出しましょう。