修復歴の査定が大きく下がる!高く買取してもらうコツは?

事故車は普通車に比べ、買取額が安い!「どうして」と思う方はいないでしょうが、理由は言うまでもなく事故を起こしているからですね。
ただ事故車の中でもそこまで値が落ちない車もあれば、ガクッと買取額が下がる事故車もあります。

ガクッと価格が下がってしまう原因はもともとの車種や走行距離などもありますが、それ以上に「修復歴があるかないか」というのが重要。
ご存知の方は「そりゃそうだ」と思うかもしれませんが、知らない方は「修復歴?」って感じだと思います。そこで修復歴とはなにか、修復歴がある車をどうやったら高く売ることができるかご紹介します。

修復歴とは一体なにか?

事故歴=修復歴ではない
事故を起こした車の買取額に大きな影響を与える修復歴ですが、この「修復歴」と「事故歴」とは似て非なるもの。
事故車とは、その名の通り事故を起こしたことがある車のことを言います。ですから修復歴があろうとなかろうと、事故を起こした車には事故歴があるわけです。

そして修復歴ですが、これは「車体のフレームなどの車の骨格となる部分にダメージを与えそれを修理した車」のことを言います

修復歴に該当する骨格部分
ラジエータコアサポートフロントクロスメンバーフロアパネル
ピラーアフロアパネルルーフ
ダッシュパネル
インサイドパネル
サイドメンバーインサイドパネル

上記が修復歴に該当する部分。
ですから、事故によってボディが大きく凹んでしまっても。上記に影響を与えてなければ修復歴には含まれません。
もちろん査定ではボディにキズや凹みがある場合はマイナスされてしまいますが、修復歴に比べるとそこまで影響を及ぼしません。

その反面、修復歴は査定では非常に大きなマイナス要因になります。
修復歴があるということは、走行や安全といった車の根幹部分に影響を及ぼしかねません。特に安全面に影響を及ぼしてしまっては生死に関わりますから一大事です。
ですから、いくら修理しても、いくら問題がなくても修復歴のある車は非常に大きなマイナスになってしまうんです。

修復歴のある車の査定はこう売る!

修復歴のある車はどうしても査定では不利になってしまいます。といっても買取してもらえないわけではありません。
ではどうすれば修復歴のある車を少しでも高く売ることができるのかということですが、TOPページでも紹介しましたが餅は餅屋で専門業者に依頼するのが一番いいです。

専門業者とは事故車や不動車をメインに買取している業者のことです。
事故車を専門に取り扱う業者は結構あります。こういう専門業者は、一般的な中古車業者よりも流通ルートをしているため高値で買取してくれる可能性が高いです。
ただ業者によって流通経路は変わります。例えば、状態の悪い車を買い取って部品取りを行う業者、発展途上国に輸出する業者、もちろんオークションに出品する業者もいます。

ですからこういった専門業者を中心に査定をとって、一番高い業者に売るのがもっとも修復歴のある車を高く売れる方法です。

専門業者を見つけるには?

自分で専門業者を探すのは、なかなか困難。そこで使うのは一括査定サイトです。
ただし一括査定サイトといえど、なかなかそういった専門業者を限定的に探せる一括査定サイトはなかなかありません。そんな専門業者を探せる珍しい一括査定サイトがカーセンサーです。

カーセンサーは、事故車でも買取可能な業者をアイコンで表示してくれています。

カーセンサーキャプ

カーセンサーは、業者の選択が自分でできるので、このアイコン標示されている業者に査定依頼を行うことで事故車の買取に強い業者から査定を集めることができます。
まず修復歴のある車を売ろうと思って方は、カーセンサーを利用して事故車の買取に長けた専門業者から査定を集めるのが得策!

カーセンサー

カーセンサーキャプ

 さっそく査定依頼する

カービューもおすすめな一括査定サイト
カービューは事故車専門の一括査定サイト。不動車や水没車でも買取してくれる業者がたくさん揃っています。登録業者がカーセンサーほど多くはありませんが、専門業者のみ登録しているので気になる方は使ってみるといいと思います。

カービューで査定依頼

修復歴のある車を査定するときに絶対やってはいけないこと

修復歴を売る際に絶対にやってはいけないことは「虚偽を働くこと」。平たく言えば、修復歴がないと申告しなかったり修復歴がないと嘘を付くことですね。
嘘をついたとしても、査定士はほぼ100%修復歴の有無が有無がわかるそうなので、ただただ印象を悪くしてしまうだけです。

もしバレなかった場合でも、修復歴が後々発覚したらは売却業者から告知義務違反で減額請求をされることがあります。また最悪の場合、民事訴訟にまで発展するケースもあります。
ですから、修復歴がある場合は必ず申告しましょう。

もし修復歴があるかわからないという方は、定期点検記録簿を確認しましょう。大半の場合はこれに記載があります。