特殊車両を高く売るには専門業者を探すことが大切

車には様々なタイプがありますよね。
軽自動車やスポーツカー、SUV。こういった乗用車は中古車買取店で査定依頼することですんなり買取してもらえます。

では特殊な仕事に使う「特殊車両」は?
特殊車両は一般的なトラックの2台分以上の価格であることも珍しくありませんが、この特殊車両も一般的な中古車業者に買取してもらえるのでしょうか?

結論から言うと、乗用車をメインに取り扱う中古車業者では特殊車両の買取は難しい。
しかし、そういった特殊車両を専門に取り扱う業者であれば買取可能です。

ではそんな特殊車両を高く買い取りしてもらう方法をご紹介します。

特殊車両とは?

修理している

特殊車両の最善の買取方法を紹介する前に、「どんな車両が特殊車両に当たるのか」が曖昧になっては買取の方法論も変わってくるので、まずは特殊車両とhがどういう車を指すかを明確にしたいと思います。
建機や重機も特殊な車両ですが当ページにおいての特殊車両は国土交通省が定める特殊な車両を特殊車両としています。国土交通省が定める特殊車両の定義は以下のとおりです。

車両の構造が特殊である車両、あるいは輸送する貨物が特殊な車両で、幅、長さ、高さおよび総重量のいずれかの一般的制限値を超えたり、橋、高架の道路、トンネル等で総重量、高さのいずれかの制限値を超える車両を「特殊な車両」といい、道路を通行するには特殊車両通行許可が必要になります。(道路法第47条の2)
【車両の構造が特殊】
車両の構造が特殊なため一般的制限値のいずれかが超える車両で、トラッククレーン等自走式建設機械、トレーラ連結車の特例5車種(バン型、タンク型、幌枠型、コンテナ用、自動車の運搬用)のほか、あおり型、スタンション型、船底型の追加3車種をいいます。 (注)追加3車種については、「総重量の最高限度の特例」は適用されません。
引用:国土交通省

具体的には車両制限令によって一般道路の走行を規制されている、クレーン車(オールテレーンクレーン・一部のラフタークレーンなど)、トレーラー連結車などがこの特殊車両にあたります。ちなみに戦車もこの特殊車両の一種。
そのため、2トントラックなどはこの特殊車両には当たりません。同様に一般道路を許可が必要なく走行できる重機も、特殊な車ではありますが特殊車両ではありません。

特殊車両はどんな状態であっても買取してもらえる

まずこの特殊車両は中古車同様に年式、走行距離などが査定に影響を与えるものの売れないということがほとんどありません。
特に国内メーカーのものであれば、20年、30年落ちでも買取してもらえる可能性は乗用車に比べてはるかに高いです。

その理由は国内での需要はもちろんですが、国内以上に海外需要が非常に高いからです。これはメイド・イン・ジャパンというのが大きいですね。
中古車もそうですが日本メーカーの中古車は海外での人気が高いです。特に発展途上国では日本では値段がつかないような年式、走行距離の車であっても普通に売れます。
これは日本の中古車が非常に壊れにくいというメリットを秘めているからです。

この特殊車両に至ってはその傾向が如実に出ます。

そもそも特殊車両は、非常に高価。例えばTADANOのオールテレーンクレーンの販売価格は4億を超えます。
当然、発展途上国では日本メーカーの特殊車両を購入することはできませんが、低年式の中古であれば飛ぶように売れます。
日本車同様にメイド・イン・ジャパンの特殊車両は「壊れにくい」というメリットが有るため、他国の中古特殊車両より少し高くても長期で運用できる可能性が高い日本産のものを購入するほうがベストだと考えられているからです。

特殊車両を高く売るためには?

まず一般乗用車を扱う業者では特殊車両は買取することができないことがほとんどです。

理由は販路を持っていないからです。

展示場に大型の特殊車両を並べるわけにも行きませんし需要もありません。カーオークションに特殊車両を出品することはできなくもないですが、一般の乗用車がメインとなっているカーオークションには出品するのは難しいです。

万が一、購入可能であっても、相場観のない業者では本当に高く売ることはできないでしょう。
特殊車両はレッドブックにも価格記載がありませんから。

ではどうすれば特殊車両を高く買取してもらうことができるか。
それは「餅は餅屋」、重機や建機、そして特殊車両を専門に取り扱う業者に査定依頼するのがもっとも高く売れる方法です。

しっかり相場を把握している業者に売るのがベストですが、これだけでは不十分。
乗用車を高く売る方法とも同じですが、複数の業者に査定依頼を出してどこがもっとも高く買取してくれる可能性があるのか調べるのがもっとも高く買い取りしてもらえる方法です。

高く買取してくれる専門業者の探し方

しかし特殊車両の場合、一番の問題なのがこの業者探しです。
乗用車の場合、一括査定サイトを使えばすぐに複数の業者に依頼することができますが、特殊車両の場合この一括査定自体が非常に少ない。ですが、ないわけではありません。
そこで特殊車両の買取業者が探せる一括査定サイトは以下のとおりです。

トラック一括査定王
建機や重機など様々な特殊車両を専門に扱う買取業者へ最大5社の査定依頼が行えます。顧客満足度も高く、業者を評判等で厳選しているので安心して利用することができます。
カービュー
yahooの子会社のカービューが運営する商用車専門の一括査定サイト。持ち前のネットワークを活かし200社以上の業者が登録しているのが特徴。複数台の取引にも対応。
査定はまとめて
この2つのサイトは特殊車両にも対応している一括査定サイトです。特殊車両売却の強い味方になります。ぜひ利用して査定を集め特殊車両を高く買い取りしてもらいましょう。
査定はすべての業者を集め一同に行うことで査定の手間を省けるほか、業者間の競合が起こりやすくなるためより高く特殊車両を売れる可能性があります。

車の査定をまとめてとる方法