車の買取額が安くなってしまう絶対やってはいけない2つのNG行動

車の買取額が安くなってしまう理由にはその車の状態や市場の相場などの他に「売り方」があります。
車の状態は市場ではどうすることもできませんが、売り方はしっかりポイントを抑えておけば安くなることが可能です。
そこで買取額が安くならないように「NG」な売り方をしっかり覚えておきましょう。

車を高く売却したいならこれはNG

車を高く売却したいなら「ディーラーの下取り」と「車を買取業者に持ち込む行為」はNG。このNG行動をとってしまうと車を高く売却できる可能性が非常に低くなってしまいます。

車の下取りは売却に比べ金額が安い

売却と下取りでは、ほぼ100%買取業者へ車を売却したほうが高く売ることができます。
かんたん車査定のデータを見ても、売却と下取りでは車の買取額に大きなが差があるのがよくわかります。

では車の下取りと売却ではなぜこれほど価格が変わってしまうのかということですが、理由は「市場」にあります。

ディーラーは中古車業者に比べ持っている市場が狭い

まず下取りの場合、引き取った車のほとんどがオークションに出品されます。
そのためオークションの出品料やもろもろの諸経費を鑑みた買取額、在庫を抱えるリスク(運用コスト)を考慮された金額になってしまうのが下取りが安い最大の理由です。

また下取りは、オークション相場を指標としているため、「オークションで値が付かない車」「人気がない車」は安価な買取額になりやすい傾向にあります。

車売却の場合、自社展示場での販売、オークション、海外輸出、部品取りなど業者によって市場が大きく違います。かんたん車査定のデーターにもある「ランドクルーザー(ランクル)」などいい例です。

ランクルは実は国内ではそう人気がありません。しかし海外では非常に人気が高い車種です。

トヨタ自動車が2015年8月に部分改良した上級SUV「ランドクルーザー200シリーズ」。2007年の全面改良から8年目となり、新モデルの国内月間販売目標は250台(年間3000台)と控えめだが、世界販売台数は上昇傾向にある。世界販売台数は9万6800台(2011年)、11万9000台(2012年)、12万1600台(2013年)、12万1500台(2014年)である。
引用:日経テクノロジーオンライン

そんなランクルを下取りに出した場合は、日本国内では人気がない車種ということで下取り価格はそう期待できません。しかもディーラーは、オークションに出品しなければならないためその分の諸経費を考慮した金額になります。
その点、買取業者の中には直接海外へのルートを持っている業者もいるため、そういった業者にとってランクルはのどから手が出るほど欲しい車種。ですから下取りに比べ、高い売却額をを提示してもらえます。

このような車の販売市場の狭さが下取りが売却に比べ安いといわれる理由です。

他に下取りではオプションがプラス査定にならないことなども売却よりも金額が安くなってしまう理由に挙げられます。

持ち込みは「いいカモ」

近くの買取業者に車を持ち込んで売却しようという方がいますが、車売却ではこれは非常に危険な行為。というのも車を持ち込んで売却すると足元を見られやすいからです。

車を持ち込んでくる方のほとんどは他の業者で査定を取っていないことが多く、愛車の価値を知りません。ですから、車を持ち込んで業者から提示された査定額を素人判断で「思っていたよりも高い」「思っていたよりも安い」と結論付けてしまいます。
そこに「走行距離が・・・」「ボディの傷が・・・」などプロからマイナス査定の理由を聞かされた時には「まぁしょうがないかな」と納得してしまいやすく非常に危険なのです。

業者が使う常套句
  • 走行距離が5万キロ以上なんでマイナスになってしまいます
  • 喫煙していた車は今の時代やっぱり安くなってしまいますね
  • 車検が切れている(切れそう)からなかなか・・・
  • ボディの傷が目立ちますね・・・

本当は50万円で売れる車であっても、他の査定額を知らない場合は「30万円」と言われれば「30万円」がその車の価値だと思ってしまうもの。
当たり前な話ですが、買取業者は安く車を買い取ればその分儲けになります。ですから、どの業者も安く車を買いたい。
他の業者の査定額を知っていれば「この業者は高い」「この業者は安い」という判断ができますが、ほかの査定額を調べずに車を持ち込んだ場合その判断ができません。ですから前もって愛車の価値を調べず、車を持ち込んで売る行為は「絶対」にやめておくべきなんです!

どうしても下取りや近くの業者で売却しなければいけない場合

懇意にしている販売店や中古車業者があってどうしても車を「下取り」や「その業者で売却しなければいけない」という方も中にはいるかもしれない。
そういった場合であっても他の買取業者から車の査定を取っておくことをおすすめします。

他の買取業者の選択肢がない場合であっても、査定額を知っていれば交渉材料にもなります。車に提示された売却額が「あまりにも安すぎる」と思った場合などは値上げ交渉もできますからぜひ他の査定を集めておくといいとと思います。

ただ販売店は車を購入する場合、下取りにそこまで重要視していません。基本的に車を売るのが仕事ですから。
そのため「車は他で売却し新車はおたくで買う」と告げるとあっさりOKしてくれることも多々あります。気になる方は、販売店に問い合わせてみるといいと思います。