認定中古車とは?一般中古車との違いはココ!

中古車を購入する際のひとつの基準として「認定中古車」があります。
で中古車を購入する際のひとつの基準として「認定中古車」があります。
ですが、認定中古車と聞いてもイマイチぴんとこない方も多いのではないでしょうか?では「認定中古車とはどういった車なのか」「どんなメリットが有るのか」解説します。すが、認定中古車と聞いてもイマイチぴんとこない方も多いのではないでしょうか?では「認定中古車とはどういった車なのか」「どんなメリットが有るのか」解説します。

認定中古車とは一定基準をクリアした中古車のこと

認定中古車とは、ディーラーや中古自動車販売店が独自に認定した中古自動車のことです。
国が定めた基準ではなくわけではなく、査定鑑定機関のJAAA(日本自動車鑑定協会)、JAAI(一般財団法人自動車査定協会)、株式会社AISの一定の基準に合格した中古車を優良中古車と認定します。

POINT
例えば、GooはJAAAに鑑定依頼して認定を受けた中古車を「Goo鑑定」として表記します。
カーセンサーや一部のディーラーは自社に査定士を設け、各査定、鑑定機関と同じ様な基準を検査し合格した場合に「○○○認定中古車」として販売します。
一般の中古車販売店は、在庫車の中から認定を受けたい車両を選び査定、鑑定依頼をします。こうして「認定中古車」がディーラーや販売店に並ぶわけです。

認定中古車を購入するメリット

認定中古車と一般中古車の大きな違いは保証。
各ディーラーでは「年式」「走行距離」「修復歴の有無」など基準を満たした中古車を認定中古車として「整備」「修理」を行い、規定の期間や走行距離まで故障などのに対する保証が付帯します。
あくまで中古車なので新車並みの保証とはいきませんが、通常の中古車を購入した場合の保証に比べると保証内容は充実しています。
例えばトヨタの場合はこういった内容です。

トヨタ中古車認定制度「T-Value」の内容
  • 全国約5.000箇所で保証修理可能
  • 約60項目・5.000部品が保証対象
  • 最長3年間の延長保証(有料)

車は、機械なので新車でも中古車でも「必ず壊れます」。問題なのは、壊れた時に何が出来るか、何をして貰えるかという点です。
そういった、万が一の場合に備えてしっかりとした保証がついている認定中古車は一般中古車よりも安心できるメリットがあります。

認定中古車の内容はディーラー>中古車販売業者

前述したとおり、認定中古車はディーラー、中古車販売店ともに用意していますが、ディーラーのほうが内容がしっかりしてることが多いです。

認定を受ける基準や方法に違いはありませんが、ディーラーほど整備が徹底されていないのが現状です。
ディーラーのように、認定を受けた中古車を更に整備・修理して販売している中古車販売店はごく一部と考えても良いと思います。
購入後の納車前点検も記録簿を添付できるような点検を実施している中古車販売店も少ないです。

どうしてこのような現状になっているかというと、大きな理由に「費用の問題」があります。
ディーラーは自社で保証を付けますが、中古車販売店の場合、保証会社を通しての保証になる為、その費用がかかります。また認定を受ける際も、指定・認定整備工場にて記録簿も作るため、その費用もかかります。
その為、ディーラーほど手厚く整備や修理に費用をかけられないのです。

ですから、結果として中古車販売店よりもディーラーの認定中古車のほうが徹底した整備を行っている場合が多くなっています。

中古車販売店とディーラーの保証の内容に関しては、あまり遜色はありません。ただしっかり整備が行き届いた安心を得られる「認定中古車」を購入するのであればディーラーで購入するほうがメリトットは大きいと思います。

認定中古車は買取でも有利なのか?

認定中古車は以前に比べ、ずいぶんと普及しました。その浸透により中古車の買取価格も以前に比べ値崩れしにくくなりました。
特に如実にそれが現れたのは外国車、いわゆる外車です。

外車といえば、非常に買取価格の急落することで有名でした。特に中古車で買った外車などはその傾向が強く出ました。
しかし、今は外国車メーカーの中古車認定車制度はとても手厚く、このおかげもあって外車の買取額は以前に比べ、買取額の推移が緩やかになりました。
これは認定中古車制度の大きな功績です。

では、認定中古車は買取にも有利に働くのかというのが気になるところ。
ですが残念ながら、認定中古車だからといって買取額に直接的な影響は与えません。

その理由は、買取の場合、現在の車両の状態が第一に優先されるからです。いくら購入した時に認定中古車だとしても購入後の扱いやメンテナンス状況が悪ければ買取査定に有利とは言えません。
ただし付帯されていた保証サービスを上手に使い整備修理されていてオイル交換を始めメンテナンスがきちんとされていれば、ある程度認定中古車であったメリットはあるので多少買取も高額査定に繋がるとは思います。

それは、購入時に認定中古車を受けていない車両にも言えることで、逆に購入した時は故障箇所、修理箇所があったとしてもきちんと修理整備されていてメンテナンスも十分に行われていれば評価されます。

認定中古車を買ったら最大限に利用しよう
先にも書きましたが、自動車は「必ず壊れます」。その不安材料をできるだけ取り除く手段として保証を含めた認定中古車があると思います。
購入する際、認定を受けていない中古車より必ず高額になります。当然の事ですね、車両の状態も保証され購入後も保証されるわけですから。

ですから日頃のメンテナスや保証サービスを使って整備修理をされて購入時の中古認定を受けた状態を出来るだけ保っていれば最大限、認定中古車のメリットを買取に生かせると思います。