車の査定でプラスになるオプション、ならないオプション

車のオプションは、メーカーオプション、ディーラーオプション、そして社外品の3つがありますよね。愛車につけている方も多いと思います。
そんなオプション、査定ではどう扱われるか木になっている方も多いと思いますが、基本的にはオプションはプラス査定です。
ただし、あくまで基本的には!いくらオプションをつけていても、査定ではプラスにならない場合もあります。
では具体的にプラスになるオプションはどういったものがあるのかご紹介します。

車を売るときにプラス査定になるオプションはどれ?コレ!

メーカーオプション、ディーラーオプション、社外品ではそれぞれプラス査定になる期待値が大きく変わってきます。そこで各オプションでどう変わってくるのかご紹介します。

メーカーオプション

メーカーオプションは予め購入時に指定して工場でつけてもらうオプション。代表的なものでいうとサンルーフ、本革シート、スライドドアなどですね。
メーカーオプションは後付できませんから、査定時ではプラス査定。他のオプションに比べて、圧倒的に高く評価されます。
安全装備に関するメーカーオプションは、各メーカー力を入れており購入者からもwyおろこバレるので特に高い評価を得やすいですね。

たまにカラーバリエーションがメーカーオプションになっていることがありますが、奇抜な色にしてしまうと評価してもらえないこともあります。ただ業者によってカラーの評価は違いますから、希少性の価値を理解してくれる業者を探すのがいいと思います。

ディーラーオプション

ディーラーオプションはシート・マットなど、納車する際に取り付けるオプション。購入してからも後付することもできます。そのため、査定ではメーカーオプションに比べるとやや劣りますが、ディーラーオプションもプラス査定。
オーディオやナビ、バックカメラなどはメーカーオプションになっていることもありますが、ディーラーオプションになっていることも多くその際は評価も高いですね。

社外品

社外品オプションは、メーカー純正品でなく、社外メーカーのホイールやエアロパーツなどを指します。まず社外品オプションは、下取りでは全く評価されません。
また社外品パーツ、状態やモデルに寄ってはプラス査定にならないこともあります。古いナビなどをつけている場合には、1円にもならないことも多々あります。
社外品オプションは、オークションや専門店で売却したほうが高く買取知て貰える場合もあるので、査定の評価が低い場合はそっちをあたってみたほうがいい場合も。

社外品パーツを付けた場合は、純正パーツが非常に重要になってきます。これはどういうことか次の項目で説明します。

車に社外品パーツはつけた場合は純正パーツが大事

「純正」とは最初から備え付けられているカーナビやホイールで、「社外品」は逆にそのメーカーのものでないもののこと。至極当たり前ですね。

この純正パーツをつけている場合、査定ではプラスになることもマイナスになることもありません。
社外品パーツををつけている場合、プラスになることもありますが、純正パーツがない場合はマイナスになることもあります。
というのも、社外品パーツの査定は純正パーツがあることを前提として行われますから、そもそも純正パーツがないという場合にはプラス以上にマイナスになってしまいます。

ですから社外品パーツを付けていて査定を行う場合は、必ず純正パーツに戻しておきましょう。
場合によっては、付け替えなくても持ってもあれば大丈夫という場合もありますから査定をしてもらう業者に確認しましょう。