国産車・外国車・トラックなど一括査定!

国産車 一括査定ランキング

国産車はセオリー通り一括査定サイトを使う

国産車一括査定

国産の普通車、軽自動車、SUVなどを売却しようと考えている方におすすめの一括査定サイトをご紹介します。
国産車の場合、一括査定サイトを使って査定を集めどれだけ愛車を高評価してくれる業者を探せるかがポイントになります。
そのため一括査定サイトを選ぶ際には、以下の2点が重要になってきます。

一括査定選びで重要なポイント
  1. 手間なく査定を集めるために一度に取れる査定数が多い一括査定サイト
  2. 様々な業社から査定を集めるために登録業者の多い一括査定サイト

これを踏まえた上でおすすめ一括査定サイトをご紹介します!

カーセンサー

カーセンサー

査定数登録時間登録業者
最大30社90秒~180秒1500社
業社の選択メールでの対応概算価格
可能ありなし
ここがポイント
カーセンサーはご存知の方も多いのではないでしょうか?
カーセンサーは車を売る際の「査定集め」にとにかく重宝するサイトです。登録時間は90秒とちょっと時間がかかりますが、一度に取れる最大の査定数が30社ととても豊富。しかも登録業者が1500社以上と豊富です。
また近くの業者も探すことがきるのもカーセンサーの特徴のひとつ。

カーセンサー【公式サイト】へ

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較

査定数登録時間登録業者
最大10社60~90秒程度220社ほど
業社の選択メールでの対応概算価格
可能不可あり

さっそく査定依頼する

ここがポイント
ズバット車買取比較はウェブクルーが運営する一括査定サイトです。登録業者は年々増加し現在220社以上。
ガリバーやカーセブンなどの大手から、地域密着の中小企業まで網羅していますから車を売るときの強い味方になってくれます。
愛車の現在の相場がわかる概算価格の表示や査定依頼する業社を選択することもできます。登録時間もわずか1分ほどですから手間もかかりません。
困った時にも安心のカスタマーサービスを設けているのもとても珍しい点。

ズバット車買取比較【公式サイト】へ

楽天 無料愛車一括査定

楽天カー

査定数登録時間登録業者
最大10社30秒~60秒100社程度
業社の選択メールでの対応概算価格
不可なし

さっそく査定依頼する

ここがポイント
楽天が運営する楽天カーは、査定時に楽天ポイントがもらえるのが最大の特徴。
とりあえず査定するだけで5ポイント。成約すると1500ポイントが付与されます。査定額が同じだった場合、楽天ポイントが1500ポイント付与されるのでポイント分お得
楽天カーも査定を依頼する業者を選べるので、他サイトと掛け持ちして使った場合も二重の査定依頼を避けることが出来ます。
また楽天が行っている「楽天オークション」に査定依頼が出来るのも楽天カーだけのメリット。

楽天 無料愛車一括査定【公式サイト】へ

車の一括査定サイトは掛け持ちが有効

掛け持ちすると高値につながりやすい

車の一括査定サイトは掛け持ち利用することでより高く売れる可能性が高くなります。

というのも、一括査定サイトはサイト毎に登録業者が違います。
具体的には、大手中古車買取業社で言うなら「ラビット」は、カーセンサー、ズバット車買取比較には登録されていますが、かんたん車査定ガイドには登録がありません。中小企業では更にサイトごとで登録業者が大きく変わってきます。
ですから複数の業社で、様々な業者から査定を集めると取りこぼしがなくなり、車を高額で売ることができる期待値が上がります。

また地方にお住まいの方は、査定が集まりにくい傾向にあるため、掛け持ちしたほうがスムーズに査定を集めることが事ができます。



一括査定サイトを掛け持ちする場合は、業社選択が可能なサイトを利用するとかぶることなく査定を集めることができるので「カーセンサー」「ズバット車買取比較」を使うのがベストな選択です。

車の一括査定サイトの営業電話が嫌な人はこのサイト

一括査定すると、いの一番に電話がかかってきます。実はこれ最初にかけた業者との成約率が高いからなんだそうです。
といっても、最初にだれが電話したなどほかの業者は知る由もないのでそのあとも連絡は続きます。

「この電話がめんどうで一括査定を利用できない」

という方も多いのではないでしょうか?そんな方にぜひ使ってほしい一括査定サイトがカーセンサー!
カーセンサーは、メール対応で業者とやり取りができる一括査定サイトなんです。

カーセンサー

カーセンサー登録画面

↑の画像は実際にカーセンサーで査定を依する際の「業者詳細」画面ですが、サービス欄に「メール対応OK」とアイコンで標示されています。
このご業者は「メールでの対応が可能ですよ」という業者なので、こういった業者を指定すれば電話が苦手、煩わしい人でも安心して取引できます。
さらに念を押したい方は登録の際、「任意項目」の欄に対応はメールのみと書いておくことをおすすめいします。

さっそく査定依頼する