旭化成がコンセプトカー「AKXY2」を展示

旭化成のAKXY2
       
たかまさ
Follow me

近年の自動車業界では、他業種から新規参入を試みるケースが多くあり、有名な企業で言えば、ソニーやappleなどが挙げられるでしょう。

エレクトロニクス、繊維、住宅など様々な分野で事業を展開している総合化学メーカー「旭化成」がコンセプトカーの展示を行いました。

車買取の実録記事
筆者が「埼玉県」で車一括査(カーセンサー)を活用した実際の記録です。
筆者が車一括査定を使ってみた!

8社の査定実録!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた

旭化成がAKXY2(アクシーツー)を展示

旭化成は5月25日から27日に行われた「人とくるまのテクノロジー展2022」で自社製品を使って製造されたコンセプトカー「AKXY2(アクシーツー)」を展示しました。

2017年に発表された「AKXY」、2019年の「AKXY POD」を経て作られた3台目のコンセプトカーになります。

テーマに「サステナビリティー(持続可能なクルマづくり)」「サティスファクション(クルマの満足度向上)」「ソサエティー(社会とクルマのつながり)」を掲げており、自社製品でテーマを表現しています。

植物由来の原料を一部使った樹脂で造ったカーマット、磁力を使って床に固定されたシートは自由に位置を動かすことができ、好きなレイアウトにカスタマイズできます

動力は搭載されていないため、動かすことはできませんが、旭化成の技術やコンセプトを伝えるツールとして展示されています。

他業種からのコンセプトは変化に繋がるか
自社製品だけでなく、社外企業とも協力して開発しており、様々な技術が搭載されるコンセプトカーになりました。

特徴的なドーム状のガラスに覆われている屋根のガラスは透明性が高く、傷つきやすいポリカーボネート製ですが、新たに開発された塗料コーティングで欠点を補うことを可能にしました。

「AKXY2」のデザインは従来の自動車と異なり、広い車内空間を2シーターで設計することでこれまでにない快適さを生み出しています。

完全自動運転を想定して、開発されているため、運転するためにアクセルやハンドルの操作をする必要がないことから足を伸ばすことができ、新素材ビーズクッションでリラックスできるようになっています。

移動手段としての自動車ではなく、コミュニケーション空間として人との繋がりを生み出すことを目指しています。

車業界もサステナビリティーに新たな商機か

完全自動運転の技術が確立された場合はこのような形で快適さを重視した自動車が主流になる可能性もありますね。

運転する必要がないため、磁力を使って自由にシートを動かすことができるのは面白いアイディアです。

このように車業界にもサステナビリティーをベースに新たな商機を見出す異業種がこれからも増えてきそうな予感です。

これを機に、固定化しつつある車業界の商流に変化が生じ、活性化することに期待です。


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)