日本限定仕様のAVENTADOR(アヴェンタドール)が日本に上陸

ランボルギーニのアヴェンタドール
       
たかまさ
Follow me

ランボルギーニは1962年に創設されたイタリアの自動車メーカーです。

有名な猛牛のエンブレム、斜め上に跳ね上がるように開く「ガルウィングドア」、そして圧倒的なパワーで世界中に多くのファンを持つスポーツカーメーカーですね。

その、ランボルギーニの中でも人気が高い「アヴェンタドール」が日本限定仕様で7台製作されました。

アヴェンタドールの集大成

日本限定仕様の「アヴェンタドール S ジャパン リミテッド エディション」がランボルギーニの正規ディーラー「ランボルギーニ横浜」に10月14日に納車されたことが発表されました。

「VERDE TURBINE(ダークグリーン)」、「GRIGIO VULCANO(グレー)、「NERO PULSO(ブラック)」、「BLU EMERA(ネイビー)」の4色のマットカラーから選ぶことができ、14日に納車された車はネイビーを基調としたものになっています。

購入者のセレモニーとして「La Prima」を東京の港区六本木にある専用スタジオで行いました。

世界最高峰のスポーツカーアヴェンタドール

2011年に発表されたアヴェンタドールはV型12気筒エンジンを搭載し、最高速は350km/hに到達。1000km/h加速は2.9秒を記録する圧倒的なパワーを持っていました。

当然、今回のモデルにも搭載されていて、4WDでパワフルな走りを体感することができます。

黒を基調としたインテリアは、ボディに入っているアクセントカラーと合わせたステッチとロゴ刺繡も入っており、統一感のあるデザインになっていますね。

洗練されたデザインとスポーツカーの頂点とも言える性能で世界中のファンを魅了したアヴェンタドールは様々な派生モデルを発表していましたが2021年に生産終了になります。

シリーズ集大成とも言える日本限定仕様ですがアウトモビリ・ランボルギーニの日本支社代表ダビデ・スフレコラ氏は

「私たちがいかに日本を愛し、世界でもっとも重要なマーケットとして優先しているかを、日本のお客様に感じていただけることを願っています」

とコメントしており、日本をマーケットとして重要視していることがわかります。

アヴェンタドールは車好きの憧れ

日本限定仕様のアヴェンタドールは写真が公開されていましたが、とてもスタイリッシュなデザインで憧れてしまいます。

ボディカラーとアクセントカラーの組み合わせは7台それぞれで異なるのでそれぞれのバージョンを見たくなりますね。


※ ページ上部画像の出典
ランボルギーニ Aventador

あなたの車を高く買取ってくれる最高のサービスを探せる!

売却予定の車種に応じた、最適な買取りサービスを、その場で直ぐに見つけることができます。
ご活用ください。

車 一括査定 シミュレーション


1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

2 【トラック・バス・重機】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック王国」で決まり!

トラック大国

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)