積極的に行われる異業種とのコラボで新しいブームが生まれるか

異業種のコラボ
       
たかまさ
Follow me

異業種とのコラボは以前から、行われていましたがホンダ×ソニーのような大企業同士が連携することも増えてきました。

EV市場が活性化していることもあり、様々な業種が参入することで今までは興味を持たなかった層に宣伝することができます。

コラボをきっかけに新しいブームになる可能性も「ゼロ」ではありません。

車買取の実録記事
筆者が「埼玉県」で車一括査(カーセンサー)を活用した実際の記録です。
筆者が車一括査定を使ってみた!

8社の査定実録!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた

ホンダとソニーが会社設立へ

6月16日にホンダとソニーグループはEV事業のために「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」の設立に関する合弁契約を締結したと発表しました

新会社は2025年までにEVを製造することを目標にしており、ホンダがこれまで培ってきた車体技術とアフターサービスの経験とソニーが持っている通信・ネットワーク技術とエンターテインメント関係の開発・運用実績を共有していきます。

2022年中に設立を目指し、ホンダとソニーの出資比率は50%ずつになるそうです。

コラボによって、新しい需要を生み出せるか

異業種とのコラボレーションで大きな反響を呼ぶことは多々あります。

昨年、クラウドファンディングで企画されたマツダとスポーツメーカーのミズノが共同開発した自動車運転用「ドライビングシューズ」はわずか二日で予約完売しました。

「ヒトとクルマのインターフェース(接点)」を元に開発が始まり、ペダルを操作しやすく、操作感も感じられるデザインになっており、運転する楽しさを実感させてくれるシューズを作りました。

スウェーデンの人気メーカー「ボルボ」は、人気FPSゲーム「フォートナイト」を開発した「エピック・ゲームズ」とコラボし、開発を進めています。

エピックのゲームエンジン「Unreal Engine」を次世代EVに搭載し、これまでにないハイクオリティな映像を車内で体感できるようになり、これまでのモデルを遥かにしのぐシステムになる予定です。

こうした、コラボで自動車メーカーの技術や経験だけでは作ることができない製品と、異業種ならではの発想でよりよい製品が作られていくのは非常にうれしいことですね。

異業種の交流自体は悪いことではない

ソニーがどのメーカーと協力してEVを開発していくのか、気になっていましたがホンダは納得の選択でした。

ホンダはトヨタに次ぐ国内2位の売上でEVで業績を上げれていないので両社のメリットが嚙み合った形ではないでしょうか。

日本を代表する企業同士のコラボなので世界トップクラスのEVを開発してほしいですね。

人気記事!車一括査定のリアル
筆者のアコードハイブリッドを車一括査定で売却した全記録
アコードを一括査定してみた
衝撃の結果が…

業界最大手の査定が最下位に!

車の一括査定をやってみた


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)