6月のアメリカ自動車販売台数はGMが首位に

6月はGMが首位
       
たかまさ
Follow me

各メーカーが半導体不足で頭を悩ませ、生産計画の見直しを図っている中でGM(ゼネラルモーターズ)はトヨタから首位の座を奪いました

GMを始めとしたアメリカ企業も台数は落ち込んでいましたが、日本を始めとしたアジア勢の落ち込みが大きかったようです。

車買取の実録記事
筆者が「埼玉県」で車一括査(カーセンサー)を活用した実際の記録です。
筆者が車一括査定を使ってみた!

8社の査定実録!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた

4-6月期の販売台数はGMが首位を獲得

2022年4-6月期の自動車販売台数はGMが前年同期比15.4%減の58万2401台で首位になりました。

1-3月期首位だったトヨタは前年同期比23%減の53万1105台に落ち込んでいます。

同じく国産メーカーの日産は39%減の17万2612台とほとんどの車種が生産に打撃を受ける形になっています。

7月1日に日本自動車販売協会連合会は2022年上半期新車販売台数(軽自動車除く)は前年同期比より15.5%減の128万5760台で、2年ぶりのマイナスと発表しました。

乗用車ブランドは三菱を除いて、全てマイナスという結果になっており、中でもいすゞ自動車は47%減と最大の落ち込みになっています。

販売台数の落ち込みは解消できるのか

世界的な半導体不足などの材料不足やウクライナ侵攻による価格高騰や新型コロナウイルスによる工場停止など様々な影響が出た形になりました。

軽自動車の国内新車販売台数は6月の前年同期比0.4%減にまで回復しており、上昇の兆しが見られます。

6月の販売台数はプラスのメーカーも多くあり、ホンダは15.1%増の2万3497台、マツダは25.9%増の9306台、スズキが29.2%増の8073台、三菱に至っては126.6%増の4309台になっています。

これだけのメーカーの販売台数が増加していても全体でみると減少になっているのは、トヨタの落ち込みが原因にあります。

トヨタは25.8%減の8万7316台、レクサスに至っては34.8%減の3521台と大きく減少しています。

大きなシェアを誇るトヨタが工場停止などによって安定した生産ラインを維持できないことで販売台数を落とすことに繋がり、全体に影響を及ぼしたと言えるでしょう。

そろそろ中国が1位に?

これから、新型車の発表などで注文が集まればプラスに戻ることは可能だと思うので、原材料の高騰やコロナウイルスの増加などで混乱が大きくならないことを願います。

中国が販売台数を急速に伸ばしてきているので、もしかすると世界1位の座を明け渡す可能性もあるでしょう。

人気記事!車一括査定のリアル
筆者のアコードハイブリッドを車一括査定で売却した全記録
アコードを一括査定してみた
衝撃の結果が…

業界最大手の査定が最下位に!

車の一括査定をやってみた


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)