【必要書類チェックリスト付き】5分で理解!自動車の売却手続きを解説

自動車 売却 手続き
啓太

「自動車の売却をしたいけど、手続きがよくわからないな。」

実は自動車の売却手続きは たったの5ステップでできます。

簡単な流れとしては、買取店の選択後、必要書類を準備して査定を受け、売却手続き完了後に入金されれば完了です。

たった5つの手続きで簡単なのですが、必ず自動車の売却に必要な5種類の書類を揃えておかなければなりません。この書類がなにか揃っていないだけで手続きは進みません。

そこで今回は自動車の売却の手続きや流れ、必要な書類についても詳しく解説します。

また、売却にあたっての注意点や得する情報についてもお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてください。

5ステップでわかる!自動車の売却の手続きと流れ

手続き5ステップ

「自動車を売却したいけど、手続きはどうすればいいのだろう。」

自動車の売却手続きはたったの5ステップで完了します。流れを把握していれば、迷うことなく売却もスムーズに進みます。

流れに沿って説明していきます。

ステップ①:買取店を選ぶ

まずは買取店を複数の候補の店舗から選択しましょう。

車の売却には「買取」と「下取り」があります。下取りは、新車をディーラーで購入することを前提として、売却予定の車を買い取ってもらうことを指します。

買取られた車と新車購入費を相殺します。

買取と比べて競合が発生していないので売値が安くなる可能性が高いです。買取であれば、店舗を回ることで競合が発生させることができます。

そのため、少しでも高く売ることを目標にするのであれば、買取りをしてくれる店舗をおすすめします。

ステップ②:必要書類の準備

あらかじめ必要種類を把握し、揃えておけば手続きがスムーズに進みます。

また、車は1日でも新しいものの方が価値が高いため、早い段階で書類が準備できていれば査定額アップに影響します。

自動車の売却手続きは、書類なくしては進まないので非常に重要になります。

ステップ③:査定を受ける

実際に、店舗で売却したい車の査定を受けます。

査定金額に納得がいかなければ、交渉してみるのもいいかもしれません。

査定金額に納得ができれば、売却の手続きに入ります。

ステップ④:売却の手続き

必要書類、契約書等に署名・押印をしていきます。

基本的に売却の手続きは、買取業者で代行してもらえます。

ステップ⑤:入金

無事に売却が済むと、買取業者から車の代金が支払われます。

早ければ2日、遅くとも1週間程度で支払いがされますが、不安であれば、契約時に確認をしておきましょう。

チェックリスト付き!自動車の売却時に必要な5つの書類

必要な5つの書類

「自働車の売却の手続きの流れはわかったけど、必要書類についてもっと詳しく知りたい。」

必要書類は全部で5種類です。

また普通自動車と軽自動車では、必要書類に一部、違いがあります。

それぞれが容易に把握ができるようにチェックリストも確認しながら、詳しく見ていきましょう。

書類①:自動車検査証

いわゆる、車検証です。現住所と氏名を確認しておきましょう。

紛失した場合は、登録した陸運局に再発行手続きをしましょう。手数料等がかかります。

書類②:印鑑登録証明書

印鑑登録証明は、居住している市区町村で発行されます。

現在、所有している実印が登録時と違う場合は、あらためて印鑑登録する必要があります。

軽自動車の場合は、必要ありません。

書類③:自動車納税証明書

自働車納税証明書は、毎年の自動車税の納税証明書です。

有効期限を確認しておきましょう。

管轄の都道府県税務署で、無料で再発行が可能です。

軽自動車の場合は、「軽自動車納税証明書」が必要になります。

書類④:自賠責保険証明書

こちらも有効期限を確認しておきましょう。

紛失時は、保険会社に連絡することで無料で再発行することが可能です。

書類⑤:リサイクル券

「自働車リサイクル法」で定められたリサイクル料が納められているかを確認するための証明書です。

その他

実印が必要です。軽自動車の場合は、印鑑が認印でも可能な場合もあります。

また振込用の口座情報を控えておくといいでしょう。

チェックリスト
普通自動車軽自動車
自動車検査証□自動車検査表
印鑑登録証明書不要
自動車納税証明書軽自動車納税証明書
自賠責保険証明書自賠責保険証明書
リサイクル券リサイクル券

普通自動車と軽自動車の必要書類の違いは、

①「自動車納税証明書」と「軽自動車納税証明書」の違い

②軽自動車は「印鑑登録証明書」が不要

この2点です。

気を付けて!自動車の売却時の2つの注意点

2つの注意点

「自働車を売却する前に、気を付けておいたほうがよいことはあるかな?」

「相場の把握」「契約後の減額」の2点に気をつけておくべきです。

事前に注意点を把握しておけば、無駄なトラブルに巻き込まれずに気持ちよく車の売却ができるはずです。

詳しく解説していきます。

注意①:相場を把握しておく

初めて車を売る場合は、相場観がわからず、本来より安い価格で査定されて、そのまま売却に至ってしまう場合があります。

自分でも高いのか安いのか、判断がつかず、売却してから後悔しても後の祭りです。

対策として、少しでも高く売りたい場合は、初めてでも相場観をある程度、把握したうえで査定に出したほうがいいでしょう。

相場観を把握できていれば、買取業者との交渉もしやすくなります。

また、他店と競合させることもやりやすくなるはずです。

注意②:契約後の減額

決して多くはありませんが、契約後に再査定が行われ、以前に把握できなかった問題点がわかれば減額交渉が行われる可能性があります。契約書にも、後から不具合が見つかった場合は減額する可能性があると記載されていることがあるので注意が必要です。

対策としては、最初の査定の段階で査定士からされる車に関する質問には「知っていることをすべて話す」ようにしましょう。

売り手側は、契約時に車に関する情報の説明責任、つまり瑕疵担保責任があります。

瑕疵担保責任を怠り、重大な欠陥があとから発覚すると、最悪の場合、契約解除もあり得ます。

思わぬトラブルにならないように、買取業者には説明責任を果たし、誠実な対応をしましょう。

知って得する!自動車の売却時に1万円でも高く売る3つのコツ

3つのコツ

「せっかく車を売るなら、少しでも高く売りたい!」

車を少しでも高く売るには3つのコツがあります。

それぞれのコツを意識して使えば、1万円でも高く売ることができるはずです。

詳しく解説していきます。

コツ①:一括査定サイト

車を少しでも高く売ろうと思ったら、買取業者を競合させることが基本になります。

しかし、この競合させるデメリットはいくつもの業者で査定を出すので時間と手間がかかることです。

一括査定サイトであれば、一度、自分の情報を入力すれ査定をまとめて複数の業者に依頼できるので手間がかかりません。

複数の買取業者が競合する状態を作り出せるので、最も高い価格で車を売ることができます。

コツ②:定期点検整備記録簿

定期点検整備記録簿とは、過去の点検整備記録などを記録するための用紙です。

車の売却をするうえでは、車両の状態を把握するための資料として重宝されます。

これまでの整備や点検を把握できることで、車の情報に対する信頼の担保になるため、査定額がアップする可能性が高いです。

コツ③:車の付属品

スペアキーや取扱説明書なども用意しておくと、査定額がアップする可能性があります。

普段は使わないため忘れがちですが、車の売却にあたって確認しておきまよう。

少しでも新車の状態に近づけることで、高く売るための要素を用意しておきましょう。

まとめ

自働車の売却手続きは5ステップでご紹介しました。

スムーズに売却の手続きに入るためには、ご紹介した必要書類を漏れなく準備しておくことが大切です。

また気持ちよく、売却するためにも注意点についてはよく把握しておいたほうがいいでしょう。

少しでも高く売るためにも記録簿や付属品も大切になります。

ただ、大きな査定アップを考えているならば最も効率的なのは一括査定サイトですので、こちらをおすすめします。

【無料】最新の車買取り相場
匿名で直ぐに知りたい人はこれ!
最新の車買取り相場
匿名で直ぐに知りたい人!