国産車・外国車・トラックなど一括査定!

20代の車保険選び!毎月の料金が安いおすすめは?一括見積で比較

20代の自動車保険
たかまさ
20代の自動車保険!
免許を取得し、車を運転するうえで、万が一の際にとても有効なのが自動車保険(任意保険)です。ハンドルを握る者の責任として絶対に加入しておくべきです。事故などの際に、充分な賠償ができなければ、被害者の人生もあなた自身の人生も破綻させてしまう恐れがあります。でも、20代は一般的に所得が低く節約も必要です。誰もが「月額の保険料をなるべく安くしたい。でも、きちんと補償も受けたい。」と思っているはずです。そこで同じ条件で保険料を比較する際に便利なのが「自動車保険の一括見積」です。おすすめのサイトを2つご紹介します。

20代の車保険選び!毎月の料金が安いおすすめの保険は?

一括見積で比較するのが賢い方法

自動車保険の一括見積とは

20代の自動車保険が保険会社によって異なる理由

「同じ条件なのに、どうして保険会社ごとに料金が異なるのだろう?」って疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。こうした疑問は、至極当然だと思います。

料金が異なるのは、各社ごとにきちんとした理由があります。それは、メインターゲットにしているユーザー層と考え方が各社ごとに異なっているからです。例えば、A保険会社は「40代~50代」の比較的に落ち着いて安全運転をする層を手厚く補償しています。一方のB保険会社は若年層にも積極的に補償しつつ、50代後半からの保険料を高くしたりしています。

すなわち、各社ごとに特徴のあるユニークなプランを準備して差別化を図っているたので、ほぼ同じ条件であっても、月額料金等が異なってくるのです。しかしながら、一般の人が、「保険会社ごとにターゲットをどこにしているのか?」を調査するのはナンセンスです。一括査定を実施し見積りを見て比較すれば、どこが有利であるかは一目瞭然です。

20代の車の運転の注意事項

20代の自動車保険

20代の車の運転の傾向

20代のドライバーは、免許を取得したばかりの人、もしくは取得してから少し経過して慣れてきたと感じ始めている人が多いです。

実際に、免許を取得したばかりの人多くは、慣れないということもあって慎重に運転を行っているケースが見られたり、教習所で習ったことを忠実に守っていたりするのが一般的です。

一方で注意が必要になるのが、少し運転に慣れてきたというドライバーです。最初の頃は慎重に運転を行っていたとしても、慣れてくるにつれて安全確認などが不十分になってしまう人が多いです。

ちょっとした不注意が事故につながることもあるからこそ、常に初心を忘れずに安全運転を心がけることが大切です。自分のことだけを考えるのではなく、成人した大人とし、て周囲のことも考えるというのが安全運転を継続させるためのポイントのです。

20代が起こしやすいマナートラブル

運転免許を取得してから日が浅く経験値も低いため、周囲に気を使う余裕がないというケースが多くみられます。

そのようなときに注意が必要なのが、交差点などのトラブルです。特に信号がない交差点だと、道の譲り合いなどのタイミングがつかめずに自分勝手な運転で他のドライバーに迷惑をかけてしまう可能性もあります。慣れない運転だと気を使うのが難しいこともありますが、周りを見て対応できるようにしましょう。

また、自分のことで精一杯の人も多いようです。歩行者や自転車に気を使う余裕がないという方も多くいます。しかしながら、弱者である歩行者や自転車に気を配る余裕がないのでは、事故を起こす大きな原因になってしまいます。不慣れな道の不慣れな運転だからこそ、意識して周囲を見る習慣を作ることが大切です。

高速道路で注意すべきこと

高速道路での運転は、一般道とは異なる注意点が必要になる部分が多々あります。一般道とは比較にならないくらい、スピードが出ている状態だからこそ、スピードに慣れるまではどのような点に注意したらいいのかを事前に確認しておきましょう。

まずポイントとなるのが、一般道に比べ倍以上のスピードを出すという点です。運転に不慣れだと、あちこち確認しているうちに車は普段の倍以上の距離を移動しています。とにかく速度を出し過ぎずに、自分に余裕を持たせることを意識することが大切です。

さらに高速道路の場合には、車間距離に注意することが大切です。一般道では、建物や道路幅などで距離感が保てますが、高速道路では建物がなく、道路幅も3倍以上あるので、距離感を認識するのが難しくなります。十分な車間距離を保つことが事故を防ぐことになるので、具体的に何を基準にすれば、自分としては距離感を認識しやすいのかを確認しておきましよう。

郊外の一般道で注意すべきこと

郊外の一般道を走行するとき、どのような点に注意したらいいのでしょうか。

一言で郊外と言っても、その環境や道路状況は実に様々です。知らない、土地であるならばスピードを抑えるのが安全運転の大前提です。具体的な注意点としては、例えば空いている道路の場合、気持ちよくなりスピードを出しすぎてしまうというドライバーが多いです。
誰も走っていないという理由でスピードを出しすぎると、道路事情を知らないため、カーブした先に停車している車があったり、一時停止になっていたりもします。

また郊外の道路は道幅が広く見通しが良いことも多いため、気が緩んでしまうドライバーも見られます。その調子で注意が散漫になり、看板などを注視してしまい追突してしまうケースが少なくありません。常に気を引き締めて運転をすることが大切です。

市街地の一般道で注意すべきこと

市街地の一般道での運転が苦手というドライバーも少なくありません。
特に街中は道幅が狭いだけではなく、混んでいることも多く、様々な個所に注意を向ける必要があるため、判断するべきことも増大し、運転の対応も難しくなります。

当然、市街地は車だけではなく、歩行者や自転車も多く見られるエリアです。特に歩行者は、老若男女で実に様々で、想定外の動きをすることもあります。不意な動きにも対応できるように、接近する時は可能な限り距離を保ち、かつ低速を意識しましょう。

市街地における運転では、道順をしっかりと確認しておくというのもポイントの1つです。道が入り組んでいるエリアでもあるため、油断すると迷ってしまう方もいます。普段歩きなれたエリアだとしても、車は一方通行という点を把握していないこともあります。歩くときと運転するときは同じ道でも注意点が異なるからこそ、慎重に運転することが大切です。

一括査定が断然有利な理由
※ サイト内ページに遷移
おすすめの一括査定サイト
※ 当サイト独自ランキング