マツダの新技術コパイロット!2022年にver.1.0を導入

マツダ新技術コパイロット
       
たかまさ
Follow me

自動運転技術は各メーカーが様々なコンセプトで開発を行っています。

トヨタの「Advanced Drive」、ホンダの「Honda SENSING」、スバルの「アイサイト」などがあり、メーカーの特徴にもなっています。

そして、マツダが11月4日に運転支援システム「MAZDA CO-PILOT CONCEPT(コ・パイロット・コンセプト)」を発表しました。

自動運転コンセプト、「Mazda Co-Pilot Concept」

システム名になっている「コ・パイロット」は副操縦士という意味です。
今回のシステムはドライバー中心のシステムになっていて、名前の通り、すぐ横で見守っているかのようなサポートをしてくれます。

通常時は快適な運転ができるようシートやペダルを調整し、ドライバーが体調不良や居眠りで正常な運転ができ無くなれば安全に車両を停止させるようになっています。

マツダは2022年から「Mazda Co-Pilot Concept 1.0」を導入する予定で2025年以降に改良した2.0を発表していく予定になっています。

運転手の状態を察知する「人間中心」の設計思想

マツダは開発において「人間中心」という考えを持って設計を行っていて、「走る歓び」をドライバーに感じてもらうことを追求しています。

「コ・パイロット」は他のメーカーと違い、ドライバーが主導になっていてサポートに重点が置かれていますね。

車内に搭載されたカメラでドライバーが通常時とは異なる挙動やハンドルやペダルの操作などから総合的に判断して、自動運転に切り替え行い、高速道路での走行時には外部に異常を知らせ、緊急通報まで行ってくれます。

高速運転時のサポートを行うシステムは多いですが、通常走行でもサポートを行うのは非常にありがたいサポートですね。

交通事故総合分析センターの調査では体調が急変した際の事故は98.5%で時速60㎞以下の速度で発生しています。

一般道路での事故発生を防ぐ機能をつけてくれることは交通事故の減少につながることが期待できるでしょう。

また、助手席の同乗者が異常に気づいた際には「緊急通報ボタン」を押すことで事故を防ぐことができます。

2022年に導入されるのはモデルは発表されていませんが、おそらく「MAZDA6」「CX-60」などではないかと予想されます。

そして、2.0ではドライバーに異常が出る前に探知することを目標にしていてさらなる安全性向上を予定しています。

どんなに進化しても扱うのは人間

マツダの「コ・パイロット」は全てのドライバーに取ってとても頼りになる支援システムになりそうですね。

ドライバーが運転する楽しさを感じれるような、「人間中心」の設計思想はマツダの理念が形になってように思えます。

しかしながら、こうした支援システムは、どんなに進化しても、それを扱うのは人間です。正しく理解して適切に使用しなければ、むしろ危険になる恐れもありますので、この点にだけは注意したいものです。


※ ページ上部画像の出典
マツダの自動運転の考え方


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)