新型レンジローバーが発表!新しいブランドイメージになるのか?

新型レンジローバー発表
       
たかまさ
Follow me

レンジローバーはジャガー・ランドローバー社が製造しているラグジュアリーSUVです。

1970年に初代モデルが発表されてから、世界最高峰のSUVとして高い評価を受けてきた名車になります。

そのレンジローバーが第5世代目にあたる新型を初公開しました。

5代目レンジローバー

ランドローバーは10月26日に新型「レンジローバー」を初公開しました。

今回の新型は第5世代となるレンジローバーでイギリスでデザイン、開発が行われ700万時間にも及ぶテスト走行を行い、来年春ごろに欧州市場へ投入されます。

新型には「MLAフレックスアーキテクチャー」という新しいプラットフォームを採用していて、従来のモデルよりも剛性や静穏性が上がっています。

そして、2024年にはランドローバー史上初となるEV仕様の発売も予定がされる予定です。

発表されたのは標準タイプとロングホイールベースの2種類になっており、レンジローバー初となる7人乗りも追加されました。

レンジローバーは新しいフラッグシップモデルになるのか

デザインはこれまでのレンジローバーと同じようにリアへ向かってなだらかに下がってゆくルーフラインやまっすぐなウエストラインなど伝統を受け継いでいます。

しかし、新型車では最新技術を活用して、凹凸のないデザインを作りこれまでよりも洗練されたデザインになっていますね。

走破性能を高めるためランドローバー初採用となるオールホイールステアリングも装備いるだけでなく、水深900mmまで走行することが可能になっていて歴代最高のオフロード性能を持っているでしょう。

こだわっているのは外観だけではなく、インテリアもラグジュアリーな雰囲気を演出していますね。

快適な車内環境のため、臭いやPM2.5も防ぐイオン空気清浄システム、車外の騒音を軽減することのできるアクティブノイズキャンセレーションも搭載されています。

さらにシートにはホットストーンマッサージなどの機能もあり、広々とした空間で優雅な時間を過ごすことができます。

現在発表されているのは欧州向けの仕様のみになっており、日本国内仕様についてはこれから発表される予定です。

日本公式サイトでも新型についての情報が公開されていて、値段は163万円からになっていました。

レンジローバー伝統の洗練されたデザイン

レンジローバー伝統の洗練されたデザインが受け継がれているのはうれしいポイントでした。

日本国内仕様の発表はこれからですが2024年のEV仕様もどうのような性能になるのか、気になりますね。

SUVの需要は、これからも高まることが予想されますので、業界的にどのような競争になるのか、とても興味深く楽しみです。


※ ページ上部画像の出典
新型Range Rover | ラグジュアリーパフォーマンスSUV | Land Rover


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)