おすすめ一括査定サイトランキングへ

日産フェアレディZの高値買取・査定のポイントと相場について

フェアレディZ
       
たかまさ
Follow me

フェアレディZの概要と特徴・魅力と買取り相場について

フェアレディZ
フェアレディZは1969年に発売したスポーツカーで、日本ではゼットの愛称で広い世代に浸透するほど、高い人気を獲得している車です。名前の由来は映画のタイトルですが、日本国内向けの名称なので、海外だと別名がつけられていてそのままでは通じないのが特徴です。

ところが、日本で生まれたこの車は海外でも評価され、今では日本を代表するスポーツカーに成長しました。2000年に一度4代目で生産が終了になっていますが、2002年に5代目が復活して現行は2008年発売の6代目と、誕生から数えて約50年の歴史を刻んでいます。

完成されたフォルムと存在感は、世代が交代しても変わらない魅力を放ち、今も尚色褪せず車好きを惹きつけます。
熱狂的なファンにも支えられて買取相場は堅調といえます。

フェアレディZの購入者(ユーザー層)の特徴

当車両のユーザー層は、子供の頃にスポーツカーに憧れ、そのまま大人になった40代~60代くらいが中心です。日本は道路事情の都合もあって、あまりスポーツカーは普及していませんが、日本のメーカーが設計したこの車は別です。

スポーツカーなのでそれなりに維持費は掛かりますが、海外の車と比べればハードルはかなり低く、手を伸ばせば届く範囲にあります。流石に20代だと経済的にやや無理をする感じですが、余裕が生まれる30代以降であれば、十分に検討できる車となるでしょう。

つまり、スポーツカーが好きで購入できる財力を持っている層が、主なユーザー層の50代前後ということになります。

フェアレディZの高価買取りのコツと注意点

専門的な業者を選ぶのがポイント

フェアレディZを高値査定してもらうコツは、スポーツカーや旧車の価値が分かる、専門的な買取店の選択にあるといえます。取り扱いの実績が豊富で、スポーツカー好きが査定を行うお店なら、高値での査定買取に期待できるでしょう。

ただし、専門店でも1社だけの査定は意味がないので、必ず2社以上で査定を受ける必要があることに注意です。理由は相対的な価格の比較ができるからで、3社4社と増えていけば、より好条件の高値査定結果が得られます。

10万kmが境目

当車両の高値査定は、年式が浅く状態が良好なほど期待値は高いですが、趣味性の強い車ですから、古いモデルでも高く売れる可能性があります。走行距離も査定価格と無関係ではないですが、10万kmを超えていなければ、一定の価格水準が保たれる傾向です。

乗ってこそ価値のある車ですから、極端な走行距離でない限りは、それほど査定買取価格には影響しないようです。
むしろ、汚れをしっかりと落としているか、車内に落ちているごみやニオイを取り除いているかなどが重要で、使用感を残さないよう注意するのが高値査定のコツです。

フェアレディZの買取り額を高くするポイント

当車両の買取り額は、スポーツカーの魅力と価値が分かるお店を探し、複数社に査定を依頼して結果を比較することが高値買取実現のポイントです。査定はなるべく多く依頼を出して、納得できる査定価格の相手を選ぶのが基本です。先ずは、一括査定を活用するのが得策です。

年式は新しい方が有利ですが、モデルが古くても諦める必要はなく、走行距離も10万kmなら買取り額に期待が持てます。汚れはボディだけでなく、足回りやインテリア部分にも目を向け、細部のごみも残さないようにしましょう。

ニオイも案外査定に影響しますから、空気を入れ替えてニオイを飛ばしたり、消臭剤でリセットすることが大切です。

車種別・車の状態別で高く買取ってもらえる一括査定システムを探す!

最後に、売却を予定する車種(普通車・商用車・トラック・バスなど)車の状態(事故車・不動車・廃車など)に応じて、高く買取ってもらえる「車一括査定システム」をその場で確認できる仕組みをご紹介します。

車 一括査定 シミュレーション
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック王国」で決まり!

トラック大国
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)