新車購入の重視点は安全装備がトップ!車の保有・利用アンケート結果

新車購入で重視する点
       
たかまさ
Follow me

車を利用する手段として、以前は新車か中古車を購入する人が圧倒的に多かったのですが、昨今ではレンタカーやカーリース、カーシェアリング、サブスク(サブスクリプションサービス)などを利用する人も増えてきました。

また、新車を購入する理由も、新型車に乗りたい、最新の技術や機能を求めたいなどの理由が多かったのですが、時代の移り変わりとともに変化しているようです。

今回は2022年7月に「株式会社J.D. パワージャパン」が行った、「車の保有や利用に関するアンケート調査」の結果を中心に紹介させていただきます。

人気記事!車一括査定のリアル
筆者のアコードハイブリッドを車一括査定で売却した全記録
アコードを一括査定してみた
衝撃の結果が…

業界最大手の査定が最下位に!

車の一括査定をやってみた

今後検討する車の保有や利用方法は新車購入が半数以上

「車の保有や利用の仕方について」のアンケートでは、2021年調査時と同じく51%の人が新車購入を選択しました。

2番目に多いのは中古車購入の32%で、新車購入と合わせると83%の人が車を購入することを選択しています。

以下、レンタカーの利用が15%、カーシェアリングの利用が6%、カーリースを利用しての保有が5%と続き、最近注目されているサブスクの利用は4%の結果となりました。

これらの結果からも、現代では車を利用する人の4人に1人は、保有にこだわっていないことがわかります。

新車購入の検討理由は安全・安心を重視

新車購入の検討理由について

「今後、新車購入を検討すると思うのはどのような理由ですか(複数回答可)」の質問については、35%の人が「安全機能を装備した車に乗りたい」の回答を選択しました。

このことから、衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い時加速抑制装置など、最新の安全装備に対する関心の高さがうかがえます。

次に多かったのが、「正規ディーラーでサービスを受けたい」の30%でしたが、こちらは質の高いサービスや、正規ディーラーならではの安心感を求める人が多いことを反映しているようです。

以下は、「こだわりのモデルに乗りたい」が23%、「購入費用をおさえたい」が22%、「新品志向だから」が22%と続き、「新車にステータスを感じる」は14%、「納期の早さ」は5%と少数派になりました。

若年層では「こだわりのモデルに乗りたい」が上位に

次に、年齢別で新車購入の検討理由をみてみると、20歳~34歳の若年層では「こだわりのモデルに乗りたい」への回答が多く、26%の人が選択しています。

逆に「購入費用をおさえたい」は35歳~44歳のミドル層や45歳~59歳のプレシニア層、60歳~69歳のシニア層で多く、若年層では19%の選択に対して、22%~24%の人が選択しました。

また、「安全機能を装備した車に乗りたい」の選択は34%~36%と、全年齢層を通して1番多くなっています。

中古車購入の検討理由は費用面のウエイトが高い結果に

中古車購入の検討理由について

「今後、中古車購入を検討すると思うのはどのような理由ですか(複数回答可)」についての質問については、「購入費用を抑えたい」を選択した人が72%と、およそ4人に3人が選択しています。

次に多かったのが「新車だと手の届かない車を選べる」で29%の人が選択しており、1番多かった「購入費用を抑えたい」と合わせて、中古車購入のメリットでもある費用に関する面を挙げる人が多い結果となりました。

以下は、「こだわりのモデルに乗りたい」と「納期の早さ」が16%、「最新技術・機能にこだわりがない」が14%と続いています。

年齢層別の検討理由について

年齢層別に検討理由をみてみると、「納期の早さ」はミドル層では選択する人が20%と多く、逆に若年層では12%と選択する人も減っています。

また、「こだわりのモデルに乗りたい」は若年層とミドル層に多く、いずれも20%の人が選択しました。

なお、いずれの年齢層でも「購入費用を抑えたい」が1番多い選択となっており、プレシニア層では77%と全年齢層の中で1番多くの人が選択しています。

車の安全性は今後も重視される

今回は、「車の保有や利用に関するアンケート調査」の結果を中心に紹介させていただきました。

新車購入では安全・安心を求める人が多く、中古車購入では費用面でのメリットを求める人多いことが、おわかりいただけたかと思います。

この記事がみなさまの車購入や利用について、少しでも参考になれば幸いでございます。
【参考】株式会社J.D. パワージャパン「車の保有や利用に関するアンケート調査」


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)