スバル初のEV「ソルテラ」は赤字脱却に繋がるのか

スバルのEVはソルテラ
       
たかまさ
Follow me

日本のEV市場は多くのメーカーが新車を発表して、競争が激しくなってきています。

これまでEVを発表していなかったスバルはトヨタと共同開発された「ソルテラ」で、EV市場に参入しました。

車買取の実録記事
筆者が「埼玉県」で車一括査(カーセンサー)を活用した実際の記録です。
筆者が車一括査定を使ってみた!

8社の査定実録!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた

5月12日にソルテラの注文受付がスタート

スバルは新型EV「ソルテラ」の注文受付を5月12日から開始しました。

ラインナップも発表され、1モーターのFWDは594万円、2モーターの4WDは最高出力が150PSのモデルが638万円、最高出力160PSのモデルは682万円となっています。

満充電でWLTCモードで最大567kmの距離を走ることでき、4WDでも487kmは走行可能です。

パドルスイッチや「S PEDAL DRIVEスイッチ」はアクセルペダルでの減速性能をコントロールでき、走る楽しさを追及しています。

車内空間も余裕を持って、快適に過ごせるようにデザインされており、高い静穏性も合わさって高い満足度を演出しています。

令和4年度予算「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」や自治体の補助金を使うことで100万円以上も優遇を受けることができるので、購入を考えている方は補助金対象中に購入するのがよいでしょう。

ソルテラはスバルの変化につながるか

スバルは他社に比べてガソリン車の割合が多く、EVへシフトチェンジするのが遅れていました。

しかし、スバルの販売の中心となる米国市場でEV化の傾向が強まり、向き合う必要が出てきました。

今回のトヨタと共同開発をすることができたソルテラは、スバルにとって大きなチャンスと言えるでしょう。

注文受付が開始されてから、1か月近くたちますが、ソルテラは順調に売上を伸ばしているようです。

オプションでソーラールーフを装着することも可能ですが、既に生産可能台数に達したため、注文受付は終了しています。

兄弟車となるトヨタの「bZ4X」はサブスクリプションサービス「KINTO」のみで注文可能なので、車両デザインや乗り心地が気に入って購入したいと感じるユーザーはソルテラに流れる可能性もあります。

スバルは昨年の販売業績で国内大手メーカーの中で一人負けをする事態になっていたので、ソルテラは状況を変える1台になってほしいですね。

ソルテラは救世主になるか

トヨタの「bZ4X」はKINTOのみで受付可能なので、兄弟車のソルテラが購入可能なのは嬉しい限りです。

これまで、EV市場に参入していなかったスバルが本格的に進出を開始したら、乗り換える人も出てきそうです。


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)