トヨタ自動車が国内メーカー初の手話による顧客サービスを開始

トヨタが手話による顧客開始
       
たかまさ
Follow me

近年ではバリアフリーの概念が浸透し、様々な場所で障がい者や高齢者に向けたサービスやデザインが取り入れられており、テレビでも手話通訳が付加されていることもあります。

トヨタ自動車は国内メーカーで初めて、お客様窓口で手話通訳サービスを開始することを発表しました。

トヨタがビデオ通話機能を利用した手話通訳サービス

トヨタ自動車は2月1日、聴覚や言語に障がいがあるユーザー向けにビデオ通話機能を利用した手話通訳サービスを開始したことを発表しました。

IT・通信技術を活用して聴覚障がい者に対するサービスを提供していた株式会社プラスヴォイスの協力を得て、ビデオ通話で手話や筆談によるお問い合わせが可能になりました。

サービス利用者と手話通訳者が受付を行い、トヨタの相談窓口と利用者をリアルタイムで通訳する形です。

2008年、2012年の道路交通法改正で条件付きで聴覚に障がいがある方でも免許が取得できるようになり、メールなどの書面に限定された問い合わせに不便をかけていたことが理由にはあります。

誰にでも分け隔てないサービスを

手話通訳サービスは「トヨタお客様相談センター」、「レクサスインフォメーションデスク」のスマートフォン用サイトで手話通訳アイコンを押すことで利用ができ、筆談での相談も可能です。

通信料は自己負担ですが利用無料で9時から16時まで受付可能になっています。

トヨタ自動車は「誰ひとり取り残さないサービスの提供が必要」という思いからサービス開始したと発表しています。

Youtubeのトヨタ自動車公式チャンネルでは手話通訳サービスの説明動画が公開されており、手話通訳サービスがどのようにして利用できるかが説明されていました。

自動車に限らず、聴覚や言語に障害がある方が問い合わせできる方法は限られている環境で業界のリーディングカンパニーであるトヨタがサービスを開始するのは非常に意義があります。

聴覚障がい者で運転免許を保有している方は2020年で38,617人おり、これからも増加傾向にあると見られているので今後も増えていくであろう需要に他社も対応を迫られるしょう。

接客もバリアフリー化が進む

誰にでも分け隔てなくサービスを提供できるように窓口を広げるのはとても素晴らしいことだと思います。

電話リレーサービスや手話キーボードなど様々なサービスが開発されているので自動車を楽しみたい全ての方が不自由なく車選びができるようになるといいですね。



車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)