トヨタ ライズの燃費が悪い理由は?対処法も含めて徹底解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

トヨタのライズは2019年から販売されているコンパクトSUVで、ダイハツが作ったロッキーという車種をもとにして作られています。

レジャーから日常の通勤など、さまざまなシーンで利用できる車となっているライズですが、「燃費が悪い?」という懸念を持っている方も見られます。

ライズを買う前に、ライズの燃費は悪いのか、そして悪いのであればその理由は何であるのかを認識しておくことは、長期保有の際にとても重要な情報です。

この記事では、ライズの燃費が悪いのか、そしてその理由は何なのかを解説します。

また、それを踏まえてどのようにすれば燃費効率を上げることができるのかも解説していきます。

ライズを購入することを考えている方は、一度目を通しておくことを推奨します。

目次

ライズの燃費は悪いのか?また、その原因は?

トヨタライズの燃費について

トヨタのライズは、コンパクトSUVとして市場に登場して以来、その燃費性能について多くの議論があります。楽天Carマガジンの記事によると、ライズのカタログ燃費は、グレードによって異なりますが、一般的にはWLTCモードで18.6km/Lから20.7km/Lの範囲にあります。2021年のマイナーチェンジにより、特に2WDモデルの燃費が改善されました。しかし、実際の使用状況では、ライズの燃費はカタログ燃費よりも低くなることがあります。ユーザーの報告によると、実燃費は13.69km/Lから17.69km/Lの範囲で、これは運転スタイルや路面状況、車の荷重など多くの要因によって変動します。

ライズの燃費が悪い理由

ライズの燃費が悪いとされる理由はいくつかあります。まず、SUVの特性として、一般的にセダンやハッチバックよりも重く、空気抵抗が大きいため、燃費が劣る傾向があります。また、実燃費とカタログ燃費には大きな差があり、実際の運転状況ではカタログ燃費よりも悪い結果が出ることが多いです。これは、カタログ燃費が理想的な条件下での測定値であるのに対し、実燃費は日常の多様な運転環境を反映しているためです。さらに、近年、燃費性能が優れた車が増えている中で、ライズの燃費は相対的に見劣りすることがあります。特にハイブリッド車や電気自動車が市場に多く登場している現在、ガソリンのみのグレードにおいて、ライズは競争力で劣る場合があります。

総じて、ライズの燃費性能は、SUVの中では平均的な範囲にありますが、他の車種やハイブリッドモデルと比較すると劣る部分が見受けられます。しかし、ライズハイブリッドは燃費性能が大幅に改善されており、燃費を重視するユーザーには適した選択肢となるでしょう。また、ライズは都市部での使い勝手やコンパクトなサイズ感で人気があり、燃費以外の要素も購入の決め手となることが多いです。


ライズの燃費向上方法と実用例

ライズの燃費を効率的に向上させるには、運転スタイルの見直しと車両メンテナンスに注目することが重要です。

特に、適切なアクセル操作、スマートペダルの利用、高速運転の最小限化などが燃費向上に効果的です。車の荷物を減らし、エアコンやヒーターの使用を控える、タイヤの空気圧を常に適正に保つことも燃費改善に貢献します。

ライズの燃費を向上させるためには、運転技術と車両の状態に注意を払うことが重要です。適切な運転方法と車両のメンテナンスを行うことで、燃費を効率的に向上させ、環境に優しい運転を実現できます。これらの実践は、長期的に燃料費の削減につながり、オーナーにとって経済的なメリットをもたらします。


ライズの比較分析とグレード別燃費

ライズの燃費性能を他の車種と比較すると、スズキのクロスビーと日産のキックスがライバル車として挙げられます。クロスビーのカタログ燃費は2WDで18.2km/L、4WDで17.0km/Lです。一方、キックスは2WDで23.0km/L、4WDで19.2km/Lとなっています。これらの車種と比較すると、ライズは特にハイブリッドモデルにおいて優れた燃費性能を持っていることがわかります。特に、ライズのハイブリッド2WDモデルは、クラストップレベルの低燃費を実現しています。

さらに詳細に見ると、ライズのハイブリッドモデルは、他の車種のハイブリッドモデルと比較しても優れています。例えば、日産のキックスはe-POWERシステムを採用しており、2WDモデルのカタログ燃費が23.0km/Lですが、ライズのハイブリッドモデルはこれを上回る28.0km/Lを実現しています。これは、ライズが採用するシリーズハイブリッド方式が、都市部での運転において特に効率的であることを示しています。

総じて、ライズはコンパクトSUVの中で比較的良好な燃費性能を持っており、特にハイブリッドモデルはその優位性が顕著です。ただし、実燃費とカタログ燃費には若干の差があり、特にハイブリッドモデルではこの差が大きいことに注意が必要です。また、ライズの走行性能や乗り心地も良好で、高剛性ボディと新開発のサスペンションにより、安定したフラットな乗り心地を実現しています。これらの特性を考慮すると、ライズは都市部での使用に適したコンパクトSUVと言えるでしょう。


ライズの総合的なコストと購入ガイド

購入費用

ライズの購入価格は、グレードによって異なりますが、エントリーモデルは約167万9,000円からとなっています。上位グレードの「Z」は約206万円で、これには先進安全機能や高級感のある内装が含まれます。4WDモデルはさらに高価ですが、2WDモデルは比較的手頃な価格で提供されています。

購入費用は変動する可能性もあるため、詳細はトヨタの公式ウェブサイトで確認することをお勧めします。

維持費

維持費は自動車税、保険料、燃料費、メンテナンス費用を含み、年間約30万円程度と比較的経済的です。維持費を節約するためには、燃料効率の良い運転方法の採用や保険プランの見直しが有効であり、車両のグレードや利用頻度によって維持費は変動するため、適切な管理が重要です。

詳しくは以下の記事を見てみてください!

総評

トヨタのライズは、購入費用が比較的低く、維持費もSUVとしてはリーズナブルな範囲に収まることが多いです。しかし、保険料や燃料費などの維持費は、個々の使用状況や選択によって大きく変動する可能性があるため、購入前にこれらのコストを慎重に検討することが重要です。また、ライズの魅力は価格だけではなく、そのコンパクトなサイズ、低燃費性能、そして実用的な荷室の広さなど、多くの点でバランスが取れています。

まとめ

  1. トヨタのライズは2019年から販売されているコンパクトSUVで、ダイハツのロッキーを基に作られています。
  2. ライズはレジャーや通勤など多様な用途に適していますが、燃費の悪さに関する懸念があります。
  3. ライズのカタログ燃費は18.6km/Lから20.7km/Lですが、実燃費は13.69km/Lから17.69km/Lとなることがあります。
  4. 燃費が悪い理由は、SUVの重さや空気抵抗、理想的な条件と異なる実際の運転環境などにあります。
  5. ライズの燃費向上には、運転スタイルの見直しや車両メンテナンスが重要です。
  6. ライズのハイブリッドモデルは特に燃費性能が優れています。
  7. ライズの購入価格は約167万9,000円からで、年間維持費は約30万円程度です。
  8. ライズは価格、サイズ、燃費性能、荷室の広さなどでバランスが取れた車種です。

ライズに関するよくある質問


Q: ライズを購入して後悔することはあるか?

A: ライズの購入に関して後悔するかどうかは、個々の運転習慣、ニーズ、期待に大きく依存します。ライズはコンパクトSUVとして多くの利点を提供していますが、いくつかの側面では特定のドライバーにとって不十分かもしれません。例えば、燃費が予想よりも悪かったり、特定のグレードで期待した機能が欠けていたりする場合、一部のユーザーは後悔する可能性があります。また、市街地での頻繁な停止と発進や、長距離高速道路走行において、燃費効率が最適化されていないと感じるドライバーもいるかもしれません。しかし、コンパクトで取り回しが良く、スタイリッシュなデザインを求めるユーザーにとっては、ライズは非常に魅力的な選択肢です。購入に際しては、個人のニーズと車の特性を慎重に比較検討することが重要です。

Q: ライズはどのような方に適している車なのか?

A: ライズは特に、都市部や郊外での日常使用に適しているコンパクトSUVです。小回りが利くので狭い道や混雑した市街地での運転が容易であり、週末のアウトドア活動や短距離の旅行にも適しています。また、スタイリッシュなデザインと適度な快適性を求めるドライバーにとっても魅力的です。燃費効率を重視し、コストパフォーマンスに優れた車を求めるユーザーにも適しています。ただし、長距離の高速道路走行や積雪地域での使用、大きな荷物の頻繁な運搬を想定するユーザーにとっては、ライズの性能や収納スペースが不十分に感じられる可能性があります。したがって、購入前には自分のライフスタイルや使用目的を熟考し、ライズがそれらの要求を満たすかどうかを検討することが重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

車雑誌・ラジオ・新聞コラムを担当する車好きなFP記者。特に、車一括査定は「取材」と「実用」で精通!
資格:教員免許/FP技能士/カーソムリエ/WEBライティング実務士

目次