トヨタ ライズが安い理由とは?こんなに安くて大丈夫?【徹底分析】

当ページのリンクには広告が含まれています。

トヨタ ライズはコスパがとても良いSUVとして近年注目を浴びています。


しかし、本当になぜ、価格が安いのかをしっかり理解しておかないと、期待通りの車でない可能性もありますよね。
例えば、求めていた車のサイズとは違う、少し安っぽい、などと感じてしまう可能性もあります。

だからこそ、本記事は「ライズが安い理由」について、徹底解説していきます。

ライズがなぜ安いのかを理解することによって、本当にあなたが買うべき車がライズなのかどうかを、確認していきましょう。

目次

トヨタ ライズの価格が安い理由とは?

ライズの価格が安い理由は、以下の3点が挙げられます。

ライズが安い理由
  1. コンパクトSUVとしての効率的な設計
  2. 共同開発によるコスト削減
  3. シンプルな装備とオプション設定

では、一つ一つ見ていきましょう。

コンパクトSUVとしての効率的な設計

ライズは全長4メートル弱、車両重量は1トン未満(FFモデル)というコンパクトな設計です。この小型設計は、製造コストを抑える上で重要な要素です。小型車は、大型車に比べて必要な材料が少なく、生産効率も高いため、コストを下げることができます。

共同開発によるコスト削減

ライズはダイハツと共同で開発されたモデルです(兄弟車は「ダイハツ ロッキー」)。共同開発により、開発コストや部品の共有化が可能となり、これが製造コストの削減につながっています。ダイハツの軽自動車造りのノウハウを活用することで、効率的な設計とコスト削減が実現されています。

シンプルな装備とオプション設定

ライズは基本的な予防安全装備を備えつつも、高価な装備やオプションは最小限に抑えられています。例えば、廉価グレードの「X」では、高度な運転支援機能が省かれていますが、基本的な安全性は確保されています。このように、必要十分な装備に絞ることで、価格を抑えることができます。

コンパクトな設計、共同開発によるコスト削減、そしてシンプルな装備設定が、ライズを「安い理由」の根幹をなしています。

「必要最低限」を高クオリティで提供しているのですね。

逆に、「より大きいサイズの車が欲しい」・「安全装備をしっかりとつけたい」という要望がある場合には、他の車も合わせて吟味した方が良いかもしれません。

トヨタ ライズのコスパの良さはどこから来ている?

ライズのコスパの良さは、以下の要素からきています。

ライズのコスパの良さの理由
  1. 手頃な価格設定
  2. コンパクトなサイズと実用性のバランス
  3. 燃費性能とデザインの魅力

手頃な価格設定

トヨタのライズは、167万9000円からという非常に手頃な価格で提供されています。この価格帯は、特に軽自動車からの乗り換えを考える層にとって魅力的です。また、ライズはコンパクトカーのトヨタ ヤリスと比較しても、わずか10万円程度の価格差でありながら、SUVとしてのデザインと機能を提供しています。

SUVとしての高級なデザイン・機能を提供しながら200万円以下で購入できる車は少なく、ライズの独自性が見えますね。

コンパクトなサイズと実用性のバランス

ライズは全長が4m弱というコンパクトなサイズでありながら、後席や荷室の広さは十分に確保されています。このサイズ感は、都市部での運転や駐車のしやすさと、日常の買い物や週末のレジャーにも十分な収納スペースを提供する実用性を兼ね備えています。また、無骨なデザインとスペース効率の高さも、多くのユーザーに受け入れられています。

燃費性能とデザインの魅力

ライズはガソリン車(2WD)で20.7km/L、ハイブリッド車(2WD)で28.0km/Lという優れた燃費性能を持っています。これは軽自動車と比較しても遜色ないレベルであり、経済性を重視するユーザーにとって大きな魅力です。さらに、カッコ可愛いデザインという点も、特に若い男女に人気の要因となっています。

また、車といえば購入後の維持費も肝心です。ライズは維持費もかなり優秀なため、購入価格が安いのに加えてその後のランニングコストも安価に収めることができます。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

これらの要因が組み合わさることで、トヨタのライズは低価格ながらも高い人気を誇るモデルとなっています。価格の手頃さ、実用的なサイズと機能性、優れた燃費性能、そして魅力的なデザインが、ライズの成功の鍵となっています。

トヨタ ライズを安く購入する方法

ライズを安く購入するためには、

  1. 自分に合ったグレードを購入すること
  2. 新車または中古車を購入すること

が肝心です。では、一つずつ見ていきましょう。

グレード別価格一覧と選び方

トヨタのライズには、主に「X」「G」「Z」という3つのグレードがあります。価格やスペックが違うため、自分に合ったグレードを正しく選択することが肝心です。

以下は参考までの表ですが、より具体的な情報は実際に公式サイトを閲覧してご自身で調べることをお勧めします。

グレード特徴インテリア価格
Xグレード(ガソリン車のみ)エントリーグレードで、価格を抑えたシンプルな装備が特徴です。ブラック基調のシンプルな内装、ダイヤル式のマニュアルエアコン。2WDモデルが1,717,000円、4WDモデルが1,994,800円(価格は変動する可能性あり)。
Gグレード価格と装備のバランスが取れたグレードです。ブラック基調のシンプルな内装、ダイヤル式のマニュアルエアコン。ガソリン車2WDが1,867,000円、4WDが2,143,700円、ハイブリッド2WDが2,173,000円(価格は変動する可能性あり)。
Zグレード最上級グレードで、大径タイヤ標準装備など豪華な装備が特徴です。シートヒーター(2WDモデルも含む)、高級感ある内装。 ガソリン車2WDが2,049,000円、4WDが2,309,200円、ハイブリッド2WDが2,338,000円(価格は変動する可能性あり)。

新車と中古車の価格差

新車と比較して中古車を選択することも、ライズを安く購入する一つの方法です。特に、登録済み未使用車は新車同様の品質を保ちつつ、価格が大きく下がることがあります。その際には、車体の状態や走行距離、保証の有無などをしっかりとチェックすることが大切です。

ライズの購入時に考慮すべきこと

ライズのコストパフォーマンスの良さは以上の内容から理解いただけたと思います。

しかし、購入の際には「価格」以外にも多くのことを考えなければなりません。

このセクションでは、

  1. 車両本体代以外に用意する費用
  2. カーリース、現金一括支払、自動車ローンという選択肢

という2つのポイントについて説明します。

車両本体代以外に用意する費用

ライズの購入を検討する際には、車両本体価格の他にも税金、保険料、維持費などの追加コストを考慮に入れる必要があります。これらの総コストを事前に把握しておくことで、予算内で最適な購入が可能になります。

特に、「維持費」はかなり大きなランニングコストとなりますので、正確な情報を入手しておくことが肝心です。

以下の記事では、具体的に維持費について説明していますので、確認してみてください。

カーリース、現金一括支払、自動車ローンという選択肢

また、購入方法によっても経済的な負担は大きく変わります。

カーリース、現金一括支払い、自動車ローンなど、各購入方法のメリットとデメリットを比較し、自分のライフスタイルや財政状況に最も合った方法を選択することが重要です。

参考までに、カーリース・現金一括払いと自動車ローンの簡単なメリット・デメリットの比較を掲載しておきます。

メリットデメリット
カーリース初期費用が少ない、または不要。
月々の支払いが一定で、予算管理がしやすい。
メンテナンス費用が含まれるプランが多く、追加コストが少ない。
契約期間終了後に車を返却するだけで、売却の手間がない。
車の所有権が得られない(一部のリースプランを除く)。
契約期間中の解約が難しい、または高額な違約金が発生することがある。
走行距離に制限がある場合が多い。
カスタマイズが制限されることがある。
現金一括支払い支払い利息が発生しない。
車の所有権をすぐに得られる。
車の売却や交換の自由度が高い。
大きな一時的な出費が必要。
購入後のメンテナンスや税金などのランニングコストを全額自己負担。
現金を車に結びつけることで、他の投資や消費機会を逃す可能性がある。
自動車ローン初期費用が少なく、分割で支払いが可能。
車の所有権を得られる(ローン完済後)。
ローンの種類や条件に応じて、返済計画を調整できる。
利息が発生し、総支払額が一括払いより多くなる可能性がある。
ローンの支払い期間中は車の売却や交換が制限されることがある。
信用情報に影響があるため、ローンの審査が必要。
  • カーリース: 定額での支払いを好み、車の所有にこだわらない人に適しています。また、頻繁に車を乗り換えたい人や、メンテナンスの手間を省きたい人にも良い選択です。
  • 現金一括支払い: 大きな一時的な出費が可能で、車の完全な所有を望む人に適しています。また、長期間同じ車を使用する予定の人にも合っています。
  • 自動車ローン: 初期費用を抑えたいが、最終的には車の所有を望む人に適しています。また、ローンの支払いが財政計画に合っている人にも良い選択です。

各購入方法は、個々の財政状況、車に対するニーズ、ライフスタイルによって最適な選択が異なります。自分の状況を慎重に考慮し、最も合った方法を選ぶことが重要です。

ライズのライバル車との価格比較

市場にはトヨタ ライズと競合する多くの車種が存在します。これらの車種とライズの価格を比較することで、ライズの価格がいかに競争力があるかが明らかになります。

トヨタ ヤリスクロス

トヨタのライズは、全長3,995mm、全幅1,695mm、全高1,620mmのコンパクトな5ナンバーサイズで、広い荷室とスポーティな内装を備え、都市部での運転や駐車に適しています。

1.0Lまたは1.2Lターボエンジンを搭載し、ハイブリッドモデルでは燃費が28.8km/Lに達し、価格は約216万円からです。一方、ヤリスクロスは全長4,180mm、全幅1,765mm、全高1,590mmの3ナンバーサイズで、1.5Lハイブリッドエンジンが燃費30.8km/Lを実現し、荷室容量は390Lで使い勝手が良く、価格は約228万円からです。

ライズは手頃な価格と実用性で、ヤリスクロスは高い燃費性能と洗練されたデザインで、それぞれ異なるニーズに応える魅力を持ち、購入時は使用目的や予算に応じた選択が重要です。

スズキ クロスビー

トヨタのライズとスズキのクロスビーは、それぞれ独自の特徴を持つコンパクトSUVです。

ライズは全長3,995mm、全幅1,695mm、全高1,620mmのサイズで、1.2Lハイブリッドモデルの燃費は28.0km/L、荷室容量は369Lと広く、価格は1,707,000円から2,328,000円の範囲です。

一方のクロスビーは全長3,760mm、全幅1,670mm、全高1,705mmで、1.0Lターボマイルドハイブリッドの燃費は18.2km/L、荷室容量は284L(アンダーボックス含む)、価格は1,805,100円からとなっています。

ライズは広い荷室と優れた燃費性能が特徴で、クロスビーはコンパクトなサイズとマイルドハイブリッドシステムによる燃費効率の良さが魅力です。

まとめ

  • 車購入時の重要な要素としてコストパフォーマンスが挙げられる。
  • トヨタ ライズはコスパが良いSUVとして注目されている。
  • ライズの価格が安い理由はコンパクトな設計、ダイハツとの共同開発、シンプルな装備とオプション設定にある。
  • ライズのコスパの良さは手頃な価格、コンパクトサイズと実用性のバランス、優れた燃費性能、デザインの魅力による。
  • ライズを安く購入するには、適切なグレード選択と新車・中古車の選択が重要。購入時には税金、保険料、維持費などの追加コストを考慮する必要がある。
  • 購入方法にはカーリース、現金一括支払い、自動車ローンがあり、それぞれにメリット・デメリットがある。
  • ライズの価格競争力は、トヨタ ヤリスクロスやスズキ クロスビーなど他車種との比較で明らかになる。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次