トヨタ ライズの運転しにくさを徹底検証!初心者・運転苦手な人には向いてない?

当ページのリンクには広告が含まれています。

トヨタ ライズは、そのコンパクトさと手頃な値段から人気を博しています。

しかし、初心者の方だと「運転しづらいかどうか」を気にされる方も多いでしょう。

今回の記事では、ライズが運転しづらいと思われる方々がそう感じる理由を3点紹介します。

車選びのご参考に活用ください。

目次

ライズが運転しにくいと考えられる3つの理由と対処法

ライズが運転しにくいと言われる理由は3つです。

ライズが運転しにくいと考えられている理由
  1. 車体が大きそうに見える
  2. 視界が悪いと感じる
  3. 振動が上に伝わる硬いフィールがある

それぞれ分析していきましょう。

車体が大きそうに見える

トヨタ ライズ | 価格・グレード | トヨタ自動車WEBサイト
https://toyota.jp/raize/grade/

ライズの車体は、一見すると大きく見えることがあります。

しかし、実際には5ナンバーのコンパクトSUVであり、全長 3,995 mm x 全幅 1,695 mm x 全高 1,620 mmという、それほど大きくないサイズです。

この誤解は、迫力のある画像が車体を大きく見せているために生じることがあります。

ただし、実際には、狭い道路の通行や駐車もそれほど困難ではないと考えられます。
特に都市部の狭い道路やコンパクトな駐車スペースでは、その小回りの良さが際立ちます。

視界が悪いと感じる

ライズの運転しにくさの一因として、特に左前方と後方の視界の制限が挙げられます。

まず、ミラーがかなりドアに近い印象があります。

このミラーが近くなってしまっていることによって、曲がる時に見えづらくなってしまい、運転しづらいと言われてもおかしくはないでしょう。

https://www.yamaguchi-toyota.jp/RAIZE-lp1911/RAIZE-lp1911

加えて、後方視界を柱が遮っており、少し見えづらくなってしまっている可能性もあります。

改善方法としては以下が考えられます。

  • 運転席の位置やミラーの位置を調整
  • パノラミックビューを活用する

特に、都市部での運転や狭い場所での駐車時には、これらの視界の改善が大きな助けとなると思います。

是非行ってみてください。

振動が上に伝わる硬いフィールがある

一部のユーザーは、ライズの乗り心地が硬く、地面の砂利や凹凸による振動が運転手や乗員に直接伝わると感じることがあります。

これは、特に不整地での運転時に顕著になることがあり、快適性を重視するドライバーにとってはマイナスポイントになる可能性があります。

長距離の運転でも、この硬さは影響があるでしょう。同じトヨタのヤリスクロスも、長距離だと運転が疲れてしまう恐れがあるようです。

しかし、価格や他のクオリティを考慮すると、この要素だけでライズを選ばないというのも一概には言えません。

実際にレンタカーなどで試乗し、自分の運転スタイルや好みに合うかを確かめることがおすすめです。長期的に見て、後悔の少ない選択ができるでしょう。

また、硬い乗り心地は、運転手により直接的な路面のフィードバックを提供し、一部のドライバーには好まれる特性でもあります。この点は、個人の好みや運転スタイルに大きく依存します。

結論

ライズは基本的には運転しやすい車です。小さいですし、車高も低すぎません。

しかし、左右後方視野に関しては、不安を持たれる方もいらっしゃると思います。

ですので、一度乗ってみて、自分には合うかどうかを確認してみてください。

それが一番後悔しない方法です!

ライズの運転しにくさに対するユーザーの評価と対応策

実際の運転体験とユーザーからのフィードバック

実際にライズを運転したユーザーからは、その取り回しの良さや運転のしやすさに関して肯定的な意見も多くあります。

ただし、視界の問題や運転席の設計に関しては、個人差による評価の分かれるところです。

一部のユーザーは、特に都市部での運転や狭い駐車スペースでの取り回しの良さを高く評価していますが、他方で、視界の制限によるストレスを感じるユーザーもいます。

より詳しく、多角的な情報を知りたいのであれば以下の記事も参考にしてみてください。

パノラミックビューの有無とその影響

パノラミックビューは、後ろの見にくさを大幅に軽減することができます。

パノラミックビューは、車の周囲360度の映像を提供し、ドライバーが車の位置を正確に把握できるようにサポートします。

これにより、特に初心者や運転に自信のない人にとって、運転のしやすさが大幅に向上します。

しかし、パノラミックビューはオプションとなっています。ZかGグレードでしか選べないので、注意しなければなりません。

参考までに、各グレードの情報を以下にまとめておきました。

 グレード 価格
Xグレード(ガソリン車のみ)2WDモデルが1,717,000円、4WDモデルが1,994,800円(価格は変動する可能性あり)。
Gグレードガソリン車2WDが1,867,000円、4WDが2,143,700円、ハイブリッド2WDが2,173,000円(価格は変動する可能性あり)。
Zグレードガソリン車2WDが2,049,000円、4WDが2,309,200円、ハイブリッド2WDが2,338,000円(価格は変動する可能性あり)。

具体的な違いは、公式サイトを参照することをお勧めします。

ライズの乗りやすさ|悪いところばかりじゃない!

先ほどまでは、ライズがなぜ運転しづらいかを説明しました。しかし、一般的にライズは運転しやすいと言われています。

このセクションではではそう言われる所以を4点紹介します。

ライズが乗りやすい理由
  1. ライズのデザインと運転しやすさ
  2. 視界と安全性
  3. 安全装備とサポート機能

1. ライズのデザインと運転しやすさ

ライズは見た目が大きく感じられることがありますが、実際のサイズは意外とコンパクト。

全長×全幅×全高は3,995×1,695×1,620mmで、運転しやすいと言われているヤリスと大差ありません。

このサイズ感は、特に都市部での運転や駐車において、取り回しの良さを実感させます。

初心者の運転のしやすさは、基本的に車の大きさで決まるのではないでしょうか。

その点では、ライズはトヨタ製で乗り心地も良く、かつ大きさが小さめのため、理想的な車だと言えます。

2. 視界と安全性

先ほどは乗りづらい理由として紹介していましたが、全般的にはライズは視界が良好で安全に運転できる車だと思います。

特に、ライズは座席位置が高めに設計されており、運転席からの視界は広範囲にわたります。

一部のユーザーからは、前方や左側方の視界に若干の制限があるとの指摘は、多くのSUVに共通する特性であり、ライズ特有の問題ではありません。

3. 安全装備とサポート機能

ライズは先進の安全装備を多数搭載しています。

特に、パノラミックビュー(一部グレード)は、視界の悪さを補助し、安全な運転をサポート。

また、ブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラートなども、運転の安全性を高めるのに役立ちます。

ただし、ライズは誰もが購入できる価格に下げるためにこれらの安全装置をオプションにしてます。

車の安全装置は、「もしものこと」を防ぐために重要です。


大きな事故は、100回自分で回避できても、一度起こってしまえば大惨事なので、対策するに越したことはありません。

ライズの選び方と運転のコツ

グレード別の運転しやすさの比較

ライズには複数のグレードが存在し、それぞれに運転しやすさの面での特徴があります。

高いグレードほど先進的な安全装備が多く、運転しやすさが向上します。

たとえば、上位グレードには、自動ブレーキや車線維持支援システムなどの安全機能が搭載されており、これらの機能は特に高速道路や長距離運転での安全性と快適性を高めます。

まとめ

「ライズ 運転しにくい」問題の総括と最終的なアドバイス

「ライズ 運転しにくい」という問題は、主に視界の問題に起因するものです。

ライズを選ぶ際には、自分の運転スタイルや使用シナリオを考慮し、最適なグレードや装備を選ぶことが重要です。

また、運転に自信がない場合は、安全装備が充実したグレードを選ぶことをおすすめします。

最終的には、ライズはそのコンパクトなサイズと優れた機能性により、多くのドライバーにとって運転しやすい車であると言えるでしょう。

購入を検討している方は、ぜひ一度試乗して、その運転しやすさを実感してみてください。

  • トヨタ・ライズはコンパクトでスタイリッシュなSUV。
  • 一部のユーザーからは運転しにくいとの声がある。
  • 運転しにくさの理由には視界の問題、車体のデザインが関係。
  • 左前方と後方視界の制限が特に指摘されている。
  • 運転席の位置調整やミラーの最適化が改善策として有効。
  • パノラミックビューの装備が視界を広げ、安全性を向上させる。
  • ライズは複数のグレードがあり、安全装備がグレードによって異なる。
  • 車の選択、運転席の調整、安全装備の活用で運転しやすさが向上。
  • 試乗を通じて自分に合った運転感覚を確認することが推奨される。
  • ライズの安全性能と運転時の注意点についても紹介。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

車雑誌・ラジオ・新聞コラムを担当する車好きなFP記者。特に、車一括査定は「取材」と「実用」で精通!
資格:教員免許/FP技能士/カーソムリエ/WEBライティング実務士

目次