おすすめ一括査定サイトランキングへ

【体験者が語る】車一括査定はやめたほうがいい?3つの真実を解説

車一括査定はやめたほうがいい?
       
たかまさ
Follow me

「車の一括査定はやめたほうがいい!」
ネット上の口コミや評価では、頻繁に見かけるフレーズです。

筆者(たかまさ)も、半信半疑で愛車(アコードハイブリッド)を、車一括査定(カーセンサー)を通じて売却してみました。

その結果は、心配されるような事象は一切なく、実に気持ち良く、かつ想定以上の高値で買い取ってもらえました。

車の一括査定はやめたほうがいい!」ではなく「車の一括査定は絶対に使った方がいい!」と感じました。

車の一括査定を利用して、車を高く買取ってもたった実体験のある筆者からすれば、「車の一括査定はやめたほうがいい!」とする考えの人は以下のような人たちだと思われます。

  1. 電話が、とても多くなると思い込んでいる人
  2. 本人にトラブル気質がある人
  3. 本気で売る気がなく査定額だけ知ろうとしている人
  4. 車一括査定の仕組みを理解していない人
  5. 実は一括査定を使った経験がない人

実際に一括査定を使った結果は、電話がとても多くなるような状況にはなりませんでした。

車の売却を本気で進めようとしていて、かつ1万円でも高く買取ってもらいたい業者を探しているのであれば、車の一括査定の仕組みについては、これ以上、合理的な方法はないです。

このページでは、実体験をもとに車一括査定の有用性を解説しました。
読み進めていただければ、その合理性や素晴らしさ分かり、あなたも「一括査定を使ってみよう!」と思うはずです。

車の一括査定!3つの真実

車一括査定の真実
実際に一括査定を使ったことがある筆者が、体験して分かった事実・真実を3つ紹介します。

「電話が多くかかってくる?」は、事実とは全く異なっていた

筆者は、令和3年2月に「アコードハイブリッド」をカーセンサーの一括査定を活用し、高く買取ってもらうことに成功しました。
ネットで受付を済ませた後に、かかってきた電話は、近隣に所在する買取り業者5社からのみでした。

これ以外に、自分から他の大手3社に自ら電話をし、計8社に見積もりをしてもらいました。
結局、カーセンサーの一括査定経由で電話をかけてきてくれた5社の査定額が、見事に8社中の上位を独占しました。

やはり、買う気がある業者からのみ連絡がくるカーセンサーの仕組みは秀逸です。

その記録は、査定の様子を含め、全てコンテンツにまとめましたので、以下のページをご参照ください。

「トラブルになりやすい?」そんな心配は全く必要なかった

査定に来てくれた業者さんは、全て実に紳士的で、査定に関し色々な事を話してくれました。なかには、業界の裏事情まで教えてくださり、今後に活かせる情報として、とても貴重なアドバイスもいただけました。

正直「どこでトラブルが発生するの?」ってっ感じす。嘘などつくことなく、正直に話をすれば、トラブルなんて全く起こらないと考えます。

「しつこい営業電話がくる?」そんな事実もなかった

これも全く心配ありませんでした。
筆者は、売却先を決めた時点で、他の7社に「検討した結果●●社さんに決めました。ありがとうございました。」と連絡をしました。

これは、こちらが依頼して査定に来てもらっているのですから当然の礼儀だと考えています。こうすることで、しつこい営業電話などは一切かかってきていません。
もしかすると、「しつこい営業電話がくる」と言っている人は、客としての礼儀をきちんと果たしていない人(いわゆる「お客様は神様」を勘違いしている人)なのかもしれません。

図解:車一括査定は「あなたの車を買取りたい」と考えている業者とのみ交渉できる

● 車を自分で業者に持込んで買取査定を依頼した場合
自分で車を持ち込んだ場合

● 一括査定を使って買取査定を依頼した場合
車一括査定を使った場合
車一括査定は、車を本気で売りたい人にとっては、とても素晴らしい仕組みであると断言できます。
その理由は、上の図で示した通り「あなたの車を買取りたい」と考えている業者とのみ交渉を進めることができるからです。

だから、無駄な時間がなく、売り手側に有利で、かつ比較検討が簡単で、高値買取りを引き出しやすくなるのです。こうした優位性を理解せずに、「車一括査定はやめたほうがい」と考えている人が多いのが、とても残念でなりません。

1万円でも高く買取って欲しいのであれば、これ以上簡単で合理的な仕組みはないのです。

『実際に筆者(たかまさ)が一括査定を活用して高く買取ってもらった記録』や『どのシステムを使えば最高のパフォーマンスが発揮できるのか』などを知りたい人は、車一括査定リアル売却の検証記録ページをご参照ください。実際の受付の様子から、買取り業者8社の出張査定を受けて、最終的に高価買取に成功した全記録が確認できます。

高く買取ってもらうのに不可欠な3要素とは

車の高価買取3要素
車を、なるべく高く買取ってもらうために不可欠な要素は以下の3つです。
この3つを適切に理解している人が本当に少ないです。

  1. 複数の業者に査定してもらう
  2. そもそも業者間で競り合わなければ買値は上がりません。

  3. 買取り意欲の強い業者に査定してもらう
  4. そもそも買取意欲の低い業者にとっては、相場よりも高い査定を出す理由がありません。

  5. 持込査定ではなく出張査定をしてもらう
  6. 持込査定は、業者のホームグランドで査定をしていることになり、業者のペースに巻き込まれやすく高値買取りは期待薄です。
    自分(売り手)が主導権を握りやすい出張査定(アウェイ)が有利です。

すなわち、単に複数の業者に査定してもらうのではなく、買取り意欲の強い業者から出張査定してもらうのが極めて重要です。

これは、当然ですね。
ほとんど買取り意欲のない複数の業者から査定を受けているにも関わらず、相場より高い査定額を期待するのは的外れと言わざるを得ません。

こうした現実的な問題を、簡単に解決してしまうのが、車の一括査定の優れた点です。

連絡が多くなるのはデメリットではなく、むしろメリット!

メリット

車の一括査定を活用するメリットは、以下の3点です。

  1. 複数の買取業者から効率的に査定が受けられること
  2. あなたの車を買いたいと考えている業者のみと交渉できること
  3. 査定額の比較検討が容易であること

すなわち、あなたが時間をかけて店舗に車を持ち込む必要が一切なく、かつ極めて合理的に複数の買取業者からの査定を受けることが可能で、かつ比較検討ができます。

デメリット

車の一括査定を活用するデメリットは、以下の2点に絞られると考えます。

  1. 人気が高い車は買取業者からの電話が多くなる可能性があること
  2. メールやその他のやり取りが煩雑になること

すなわち、多くの人が「電話やメールの連絡が多くなりなるので”ウザイ”」と考えているのではないでしょうか?

しかし、筆者(たかまさ)は、本気で高く買取って欲しいと考えている人にとっては、連絡が多くなることはむしろメリットだと考えています。

理由は、業者は「はやく車を買取りたい!」と考えているから連絡をしてくるのです。無駄話をするために連絡して来るのではありません。買いたいと思っている業者からのみ連絡が来るのですから、これ以上、効率的で時間短縮につながる進め方はありません。

事実!筆者は、買取業者の登録が最大級のカーセンサーの一括査定を活用して、8社からの査定を受けましたが、申し込みから査定、売却先の確定までを3日間で済ますことができとても助かりました。

車一括査定はやめたほうがいい!は本気で車を売ろうとしていない人

まず、「本気で車を売ろうとしていない人」は「車の一括査定」を使うのをやめた方が良いです。
なぜなら「車の一括査定」は「本気で、なるべく高く車を買取ってもらいたい」と考えている人向けの仕組み(システム)だからです。

すなわち、「何となく車を売りたい」「単に自分の車の査定額を知りたい」と考えているユーザーにとっては、使い勝手の悪い仕組みなのです。

しかし、「本気で、高く買取ってもらいたい」と考えているユーザーにとっては、最高のパフォーマンスが発揮できるシステムです。

メールだけでやり取りしたいって人は「査定額だけ知りたい人」に分類される

良質な車の買取り業者であれば「なるべく高く買取ってお客様とwinwinの取引をしたい」と考えているのが本音です。

なぜなら、高く買取ることで多くの車を仕入れて、その車をなるべく早く売ることで、回転率を高めた方が、事業としての収益は向上するからです。

業者は車を買取ると、その車を展示や保管しておくためのスペースが必要になります。当然、このスペースは、買取った車が売却されるまで必要になります。

どの業者も無限にスペースがあるわけではないので、買取った車を売らない限りは、次の車を仕入れることができないのです。
すなわち、買取りから売却までの回転を速くすることが、収益向上の大原則になっています。

だからこそ、上手く回っている業者であるほど、なるべく高く買取って仕入れを多くし、なるべく安く売って、回転速度を高める方法に徹しています。
よって、高く買取ってくれる可能性が高い優良業者ほど、「本気で売るつもりのないお客」や「買取額や査定額だけを知ろうとしているお客」などを相手にしている時間はないのです。

「メールだけでやり取りしたいって人」ってのは、諸々のやり取りに時間が必要で、積極的に売ろうとしていないと判断される恐れがあり、高く買取ってくれる優良な買取り業者がアプローチしてくる可能性が低くなります。

つまり、「メールだけでやり取りしたいって人」は、高く買取ってもらえる可能性が低くなるということです。

結局、実車を確認しなければ、買取り額は絶対に決まらない

なかには冷やかしで「自分の車の査定額を知りたい」と考えて、車の一括査定を活用するユーザーもいます。
こうした客は、業者からすれば「全くお金にならない低質客」です。

たかまさも、冷やかしで一括査定サイトを使用するのは、大反対です。
なぜなら、実車を現場でしっかりと確認しなければ、売却対象車両の正確な査定は不可能だからです。

自ら持ち込むのであれば話は別ですが、出張査定のアポまでしておいて、実は「査定額だけ知りたい」とするのは、業者スタッフの時間を奴隷のように使っていると言わざるを得ません。

「客だから何しても良い」とする考えは、業者のパフォーマンスを最大限に引き出すことができず、結局は客自身が損することになります。

一括査定を「危険」と考えている人の特徴

危険と考えている人は、何をもって危険と考えているのでしょうか?
人によって異なると思いますが、電話などが掛かってくることを「色々と面倒で危険」と考えている人も多いでしょう。

仮に、電話が掛かってくるのが嫌であるなら、自分の足で、時間を使って各業者を回れば良いでしょう。しかし、これでは時間がかかるだけでなく、相場より高値で買取りしてもらう業者を見つけるのは極めて困難です。

なぜなら、そもそも車を持ち込んだ先の業者は、あなたの車が欲しいと思っているとは限らないからです。

一方、車の一括査定を活用すれば「あなたの車が欲しい」とする業者でなければ、あなたに連絡して来ません。最初のこの選別は、効率的な交渉を進めるうえで、とても重要です。

業者を本気にさせなければ高価買取は無理

本気で「この車を買いたい」と業者から思ってもらわなければ、どれだけ査定を繰り返しても高く買取ってもらうのは難しいです。
それほど欲しくない車に対し、相場よりも高値を付ける理由がありません。

業者は買取りのプロです。客の話し方や態度を観察して、その本気度を測っています。
本気で売ろうとしていることが伝われば、業者も「他社が見積もる前に早く買取ってしまおう」と考えます。

高く買取ってもらうためには、一括査定を活用した、複数の業者からの査定は必須です。
しかしながら、これは客側の誠実な対応が大前提になっていることをお忘れなく!

車の一括査定を利用する際の注意事項

間違った使い方や失礼な使い方をするとトラブルの原因になります。
以下の人は、自分のためにも、業者のためにもなりません。誰のためにもならないので「車の一括査定」を利用すべきではありません。

  1. そもそも売る気が全くない人
  2. 車の買取り相場だけを知ろうとしている人
  3. 実車を見せずに査定をしてもらいたい人
  4. 何かを隠して売ろうとしている人
  5. 絶対に電話は不可と考えている人

上記のどれかに当てはまる場合は、これに関わる人の時間を無駄にする行為であり、かつ意思疎通のすれ違い等によりトラブルに発展する可能性が高いので「車一括査定」の仕組みを使うべきではありません。

まとめ:車一括査定はやめたほうがいい?

以上、お伝えした通り、「車一括査定」については、売り手側には、ほとんどリスクがありません。
実際に体験した筆者も、その有効性を充分に実感しています。

特に、短期間で効率的に、最も高く買取ってもらえる業者を探す手段としては、極めて合理的な方法です。
なぜなら、「あなたの車を、是非、買いたい」と考えている業者からのみ連絡が来る仕組みだからです。
しかも、全て無料なのですから、活用しない理由が見当たりません。

本気で、愛車を高く売りたいと考えている人は、是非、ご活用ください。

車種別・車の状態別で高く買取ってもらえる一括査定システムを探す!

最後に、売却を予定する車種(普通車・商用車・トラック・バスなど)車の状態(事故車・不動車・廃車など)に応じて、高く買取ってもらえる「車一括査定システム」をその場で確認できる仕組みをご紹介します。

車 一括査定 シミュレーション
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック王国」で決まり!

トラック大国
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)