おすすめ一括査定サイトランキングへ

【2021体験談】車の一括査定を実際にやってみた!高価売却に成功

実際に車一括査定を使う
       
たかまさ
Follow me
車の一括査定と買取りのリアルな全記録!

実際に「車の一括査定サイト」を活用して、車を買取ってもらわなければ知り得ない貴重な情報が満載です。

「車の一括査定サイト」の活用方法や売却ノウハウについては、色々なコンテンツがネット上に公開されています。

しかし、解説やウンチクは多いのですが、車一括査定をやってみた実際の体験談や成功談などは、なかなかお目にかかれません。

そこで今回は、たかまさが所有する愛車の1台「アコードハイブリッド」を、車の一括査定サイトを利用し実際に買取ってもらいました。

実際の申し込みから、8社の出張査定を経て、高価売却に至るまでの体験を全て公開いたします。

  1. 一括査定サイトの複数同時利用は不利になる
  2. 検証で分かった最初に使うべき車一括査定サイトとは
  3. 8社の出張査定スタッフから聞いた貴重な生の声
  4. 8社の出張査定現場の画像と査定額

など、これから愛車の売却を考えている人、可能な限り高く買取ってもらいたい人、は必見です。

実際に売却して分かった!車一括査定で最も効率的に高額査定を引き出す方法

たかまさ
たかまさ
実際に査定に来てくれた各業者スタッフさんに「ユーザーと業者の双方がwinwinであるには、どのような進め方が理想なのでしょうか?」と質問し、その場で得られた助言や意見を整理してまとめたものです。出張査定の現場で得られたリアルで貴重な情報です。是非、ご活用ください。

知らなかった!複数の一括査定サイトの同時利用は不利になる

まず、現時点においては、車の一括査定サイトについては、メジャーなサイトだけでも「カーセンサー/ズバット/ナビクル/カービュー/楽天買取り、その他」など複数存在します。

一般的に、こうしたサイトを複数組み合わせて利用するのが効果的と思われがちですが、実はそれは逆効果です。

各業者はこうしたメジャーサイトには、重複して登録しているのが一般的なため、複数のサイトを活用してユーザーが申し込んだ場合は、それぞれのサイトを通じて同じ車の情報が、当該業者に伝達されることになります。

つまり、「買取り業者A」が5つのメジャーな一括査定サイトに登録していたとします。
仮に、たかまさが売却を予定する愛車「アコードハイブリッド」を、5つの一括査定サイトを使って依頼した場合は、同じ車両であるにも関わらず、「買取り業者A」には5つの一括査定サイトからの情報が同時に届くことになります。

あなたが「買取り業者A」の立場だったら、この状況をどう思いますか?

  1. 「手当たりしだいに査定を依頼していて、交渉がめんどくさそうだなあ。」
  2. 「あの業者は●円、この業者は●円、と数円単位で査定額アップを要求されそう。」
  3. 「契約するまでに、時間がかかりそうだなあ。」
  4. 「本当に、売る気があるのかなあ?今は忙しいからやめておこう。」

こんな感じの印象を持つことになります。

すなわち、複数の一括査定サイトを通じた申し込みは、業者側に一般的に良い印象を与える効果は、ほとんどありません。
逆に悪い印象を与える恐れがあり、買取りを打診してくる業者を少なくしてしまう可能性すらあるのです。
実際に、出張査定のスタッフ数名から得た活きた情報です。

では、どの一括査定サイトを活用するのが効果的なのでしょうか?
その答えは、結論で述べますね。

超重要!地元の優良業者と大手業者の競争

「全国規模で展開するメジャーな買取り業者」「地元の中小の買取り業者」では、どちらが高額査定になりやすいとお考えでしょうか?
もし、「全国規模で展開するメジャーな買取り業者」と考えているのなら、それは間違いです。

どちらの査定が高くなるのかは、売却する車種や、買取のタイミングや時期、交渉手腕によって異なってくるからです。

事実、今回のリアル検証(8社の出張査定)では、大手メジャー業者の査定額が最も低く、上位3位までが地元の中小の買取り業者になりました。

すなわち、高額査定を引き出すうえで重要なのは、「大手買取り業者」と「地元の中小業者」の双方から、バランスよく査定をしてもらうのが必須になります。

では、どうすればバランスよく査定してもらえるのでしょうか?
その答えは、結論で述べますね。

知らないと損!査定の方法が各業者の査定額に大きく影響

出張査定が有利でオススメ

買取り額を見積もってもらうためには、車を実際に見てもらっての査定が必要です。
この時に、持ち込みと出張の選択が可能ですが、高額査定を狙うのであれば「出張査定」がオススメです。
理由は、以下です。

  1. 店舗での持ち込み査定は、ユーザーにとっては状況としてアウェイでの交渉になり、どうしても業者のペースに巻き込まれやすく、意図せず契約してしまうリスクが高くなる。
  2. 複数業者の査定が前提なので、日常の保管場所(職場の駐車場など)まで業者に来てもらえる出張査定の方が、移動時間やガソリン代等を含め断然お得。
  3. 車検切れや、バッテーリー切れ、などであっても出張査定なら全く問題ない。
  4. ほとんどの業者は、出張査定費は無料である。(要確認)

すなわち、複数業者による査定が前提であれば、出張査定が断然有利で、持ち込み査定のメリットは、ほとんどありません。

同じ時間に同時に集まってもらっての競争査定はやめた方が得策

複数の買取り業者に出張査定をしてもらう場合、ユーザーによっては「同じ時間に集まってもらって、同時に査定して競争してもらった方が高くなる」と考える人も少なくないようですが、この方法は得策ではありません。

理由は

  1. 優良業者ほど同時の競争査定は嫌がります。これは、現場での業者間競争が必要以上に激しくなる恐れがあり、予想外の高額で査定してしまうリスクが高いからです。
  2. 特に、地元の中小買取り業者の関係は、全てにおいて良好な関係が存在するとは限らないため、「●●業者が来るなら辞退します」とされる恐れがあります。
  3. 複数業者が同時に査定すると、それだけ査定する目が増えることになり、悪評価箇所が想定外にピックアップされ、同時に共有されてしまい、評価ダウンにつながるリスクがある。

同時競争査定をする場合は、エチケットとして事前にその旨を伝える必要があります。
同時競争査定そのものを嫌がる業者もあるため、上項を含め同時競争査定には、際立ったメリットはありません。

8社の出張査定スタッフ全員が確認していた超重要ポイント

出張査定に来てくれた8社の査定スタッフ全員が慎重に確認していたポイント(箇所)があったので、その理由と共に紹介します。

そのポイント(箇所)とは、各所のボディーパネルと接合ボルトです。以下の写真が代表的な部分(ドアのヒンジ周辺)です。

  1. ボルトの頭の塗装がキズついている
  2. ボルト周辺にボルトを回した形跡がある
  3. ボルト周辺の塗装に違和感がある

などの痕跡を入念にチェックしていました。こうしたボルト箇所は、ボディー周りに結構あります。
ボディーパネルのボルト
理由は、ボルト周辺に違和感があれば、ボディーパネルを交換した可能性が高いことが読み取れるからです。

例えば、ユーザーが査定申込の際に「事故歴なし」で申請していたとします。
しかし、パネル交換を実施した形跡があった場合は「このユーザーは何かを隠しているかも?」と査定スタッフは勘繰ります。

こうした心証は、高く買取ってもらうためにはマイナスポイントになってしまいます。
プロが確認すれば、直ぐにバレてしまうものなので、結局は、正直に車の状態を伝えることが、高額査定につながります。

「誠実な人物(お客様)」と現場の査定スタッフに判断してもらうことは、車の状態以上に大事なことだと全社のスタッフが異口同音に話していました。

査定額はその場で聞かずに後日に一斉連絡してもらう

複数業者に出張査定をしてもらっても、その場で査定額を聞き出すのは、やめた方が得策です。
理由は、どの業者も、最初に確定した査定額を告げるのは、その後の業者の査定の基準にされてしまうため避けたがるからです。

これは業者の立場からすれば当然ですね。
例えば、最初に来た業者が「100万円」と査定したとします。

次の業者には「先程の業者は100万円でしたよ」と伝えれば、欲しい場合は「101万円」と査定したくなるのが人です。
要するに、これを繰り返されては、最初に査定額を提示した業者は、契約できる見込みがほとんどありません。

こうした状況で、無理に査定額の提示をお願いしても、いい返事が返ってくる訳がありません。
業者側も、全ての業者がフェアに査定させてもらえることを願っているのですから…。

よって、査定額の提示については、最終業者の査定が終わる翌日などに、一斉に連絡を入れてもらうのが得策です。
そして、交渉は買う意欲が高いと思われる上位数社の業者に絞り込んで進めるのが効果的です。

こうすることで、その後の交渉や契約に関しても信頼感が生まれて、お互いに気持ちの良い商談ができるでしょう。

このように、各業者を尊重し進めることで、結果として業者から高く評価されることにつながります。
こうした関係を構築することは、本当に大切です。

結論!車の一括査定で最も合理的に高額査定が狙える方法

高額査定を狙う必須ロジック

上述のとおり、車の一括査定で最も合理的に高額査定を狙うための必須となるロジックは以下の2つです。

  1. 車の一括査定サイトの活用は複数サイトではなく、1つのサイトに絞り込む
  2. 地元の優良業者と大手業者から、バランスよく複数の査定をもらう

また、交渉テクニックや進め方で心得ておくべきことは、以下の4つです。

  1. 出張査定がオススメ
  2. 同時競争査定は避ける
  3. 査定額は後日に一斉に連絡してもらう
  4. 上位の数社と交渉を進める

車一括査定サイトは、ここを使うべき!

上記の必須ロジックを最も効果的に発揮できる一括査定サイトは「カーセンサー」です。
カーセンサーの一択で問題ありません。理由は以下です。

  1. 大手業者はもちろんのこと、地元の中小業者を含めた約1500社が参加している
  2. この約1500社の参加は、数ある一括査定サイトの中で最大である
  3. よって、大手業者に加えて、地元の優良な中小の買取り業者とも交渉できる確率は、カーセンサーが最も高い。
  4. 買取り実績、販売実績、取り扱い車種を含め、最大級である
  5. 仮に、想定していた大手からの打診がなかった場合は、個別に電話依頼すればよい

以上により、高額査定を引き出したいのであれば、「カーセンサー」一択がベストです。

カーセンサー

事実として、今回の検証で大手買取り業者4社地元の買取り業者4社、合計8社からの査定を受けました。

その結果、カーセンサーを通じて連絡があった地元の買取り業者の査定額が、1位から3位までを独占しました。
当検証においては、カーセンサーを通じた車一括査定の優秀さが実証された形です。

今回、売却した「たかまさ」の愛車

車種ホンダ
アコードハイブリッドEX
年式2014年
走行距離1万5000km
修復歴なし
所有者たかまさ
車の画像アコード外観
アコード内観
その他レザーパック
CMBS
車検なし
バッテーリー切れ
など

実際の車一括査定の申込手順

以下、カーセンサーの車一括査定の受付手順です。
必要最小限の情報しか入力しませんので、実に簡単です。
入力が必要なページは、実質2ページです。

  1. カーセンサー買取トップページ
  2. 先ず最初に、メーカー車種、年式、走行距離を入力します。
    カーセンサートップページ

  3. 詳細入力ページ
  4. 郵便番号を入力すると、地域の応じた買取り業者が表示されます。
    今回は、以下の6社が表示されているのが分かります。

    ● 株式会社MKC
    ● アデランテ
    ● カーショップツインカム
    ● 昭和メタル
    ● garage ACE
    ● ビッグモーター

    なぜか、「昭和メタル」社からは、最後まで連絡がありませんでした。
    他の5社については、申込日の17時までに連絡がきました。

    大手は「ビッグモーター」さんのみでした。
    よって、「アップル」「カーセブン」「ネクステージ」さんには、個別に電話で依頼しました。

    サーセンサー詳細入力ページ

  5. 入力情報確認ページ
  6. 入力した情報の確認ページです。
    ここでも、ピックアップされた6社が表示されているのが分かります。

    カーセンサー確認ページ

  7. 査定依頼完了ページ
  8. 最後は、査定依頼完了ページが表示されます。
    これで、一括査定のための手続きは完了です。
    とても簡単です。

    カーセンサー完了ページ

各社の出張査定の様子と査定結果のランキング

第1位 アデランテ:130.3万円

アデランテ
査定額:1,303,000円

たかまさ
たかまさ
アデランテさんからは、最初に「車を是非見せてください!」との連絡がありました。結果としては、最も高い査定額を提示してくれました。出張査定の現場でも、様々な業界事情を話してくれました。とても良好な信頼関係が築けたと感じています。

査定業者アデランテ
査定依頼方法カーセンサー買取査定
査定額1,303,000円
査定スタッフ
(名刺)
査定スタッフ
査定の様子アデランテの査定1
アデランテ査定2

第2位 ガレージエース:124.8万円

ガレージエース
査定額:1,248,000円

たかまさ
たかまさ
ボディーのへこみや傷を、とても慎重に確認していたのが印象的です。「キズか少ない車は、今回のアコードのように、掃除をしてから臨んだ方が得です」とおっしゃっていました。

査定業者ガレージエース
査定依頼方法カーセンサー買取査定
査定額1,248,000円
査定スタッフ
(名刺)
査定スタッフ
査定の様子ガレージエース査定1
ガレージエース査定2

第3位 MKC:123.0万円

MKC
査定額:1,230,000円

たかまさ
たかまさ
「是非、買わせてください」とのおしが、最も強かった印象です。エンジンルームに関しては、最も慎重に確認していた業者さんでした。

査定業者MKC
査定依頼方法カーセンサー買取査定
査定額1,230,000円
査定スタッフ
(名刺)
MKC査定スタッフ
査定の様子MKC査定1
MKC査定2

第4位 ネクステージ:122.0万円

査定額:1,220,000円

たかまさ
たかまさ
電話で直接お願いして来てもらいました。「バッテリーがあがってしまっているので、エンジン始動にはポータブルチャージャーなどが必要です」と伝えていたのですが、受付との連携が悪いようで持参しておらず、横づけでケーブルチャージしていました。

査定業者ネクステージ
査定依頼方法個別依頼
査定額1,220,000円
査定スタッフ
(名刺)
ネクステージ査定スタッフ
査定の様子ネクステージ査定1
ネクステージ査定2

第5位 アップル:120.0万円

査定額:1,200,000円

たかまさ
たかまさ
アップルの査定スタッフは、他の業者と比べ、各所の写真をとても多く撮っていました。ボディーの隙間を左右で比べたり、メジャーで測っりもしていて、修復痕の有無のチェックがとても細かかったのが印象に残っています。ちなみに、この車には、修復歴はありません。

査定業者アップル
査定依頼方法個別依頼
査定額1,200,000円
査定スタッフ
(名刺)
アップル査定スタッフ
査定の様子アップル査定1
アップル査定2

第6位 カーセブン:112.5万円

査定額:1,125,000円

たかまさ
たかまさ
8社の中で、カーセブンの査定スタッフが、時間をかけて最も入念に査定を実施していました。トランクのラバーを外したり、車両の下に長く潜り込んだりするのには驚きました。

査定業者カーセブン
査定依頼方法個別依頼
査定額1,125,000円
査定スタッフ
(名刺)
カーセブン査定スタッフ
査定の様子カーセブン査定1
カーセブン査定2

第7位 カーショップ ツインカム:110.0万円

査定額:1,100,000円

たかまさ
たかまさ
終始、携帯電話を片手に本部と話をしながらの査定でした。査定時間は最も短く、機械的だった印象が強いです。

査定業者カーショップ ツインカム
査定依頼方法カーセンサー買取査定
査定額1,100,000円
査定スタッフ
(名刺)
カーショップツインカム査定スタッフ
査定の様子カーショップツインカム査定1
カーショップツインカム査定2

第8位 ビッグモーター:104.9万円

査定額:1,049,000円

たかまさ
たかまさ
最大手が最下位だったのは、正直、想定外でした。たまたまだったのかも知れませんが、事業規模の大きさと査定額の高さは、全く関係がないことを再認識しました。

査定業者ビッグモーター
査定依頼方法カーセンサー買取査定
査定額1,049,000円
査定スタッフ
(名刺)
ビッグモーター査定スタッフ
査定の様子ビッグモーター査定1
ビッグモーター査定2

車の一括査定を実際にやってみて分かったこと(まとめ)

以上、実際に車を売却して検証した「車一括査定」のご紹介でした。

結局、大手買取り業者4社、地元の買取り業者4社、合計8社からの査定を受けました。
結果は、買取り額の上位3社は、カーセンサーを通じて連絡があった地元の買取り業者が独占しました。

今回に限っては、カーセンサーを通じた一括査定の優秀さが実証された形です。
実際にやってみて知り得た最大の収穫は「査定額の高低に、事業規模の大小は、全く関係がない」ということです。

もちろん、売却先は最も高い査定額を提示してくれた「アデランテ」さんに、130.3万円で買取ってもらいました。

数日後に引き取り日を調整し、査定現場となった駐車場にて契約書(下の画像の左側)を交わし、仮のナンバーが設置され、スタッフによる陸送になりました。

その4日後には、指定した銀行口座に、130.3万円(下の画像の右側)が振り込まれ、車一括査定サイトを活用した一連の流れが完結です。

総括すると、自己満足かも知れませんが、とても気持ちの良い取引ができました。

車売却契約書

買取られた車がショップで販売されたのを確認

たまたま閲覧していたアデランテのショップサイトで、たかまさが売却した「アコードハイブリッド」が販売されているのが確認できました。
嬉しいことに、翌日には売り手がついたようで「SOLD OUT」になっていました。

販売ページのスクリーンショットを掲載します。

「130.3万円」で買取られた車が、車両本体価格「134.8万円」で販売されていました。
とても良心的な業者だと感じました。
アデランテさんに買取ってもらって、アコードハイブリッドも、きっと喜んでいることでしょう。

アコード販売ページ

車一括査定を活用して本当に良かった!

今回は、「カーセンサー」さんの一括査定を活用しました。筆者としてはメリットしか感じませんでした。

一括査定は、受付後に電話が多くなることをデメリットとされがちですが、筆者にとっては買いたい業者のみから電話が掛かってくることは、メリットでしかありませんでした。

売りたい車があるに、買いたい業者からの電話がデメリットとする人がいるのか?最後まで理解できませんでした。
最初から最後まで、とても気持ちの良い、取引ができました。

そして最後に、売却後に、しつこく電話連絡をしてくるような業者は1社もなかったことを付け加えておきます。

車種別・車の状態別で高く買取ってもらえる一括査定システムを探す!

最後に、売却を予定する車種(普通車・商用車・トラック・バスなど)車の状態(事故車・不動車・廃車など)に応じて、高く買取ってもらえる「車一括査定システム」をその場で確認できる仕組みをご紹介します。

車 一括査定 シミュレーション
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック王国」で決まり!

トラック大国
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)