おすすめ一括査定サイトランキングへ

当サイトでは
「新しい車に乗り換えたいから、今の車を少しでも高く売りたい。」
「面倒な手続きはしたくないけど、売るなら高く売りたい。」
このような悩みを抱えた方へ車売却の基礎知識と、高額査定のための耳より情報を発信しています。

新しい車の購入やライフスタイルの変化など、車を売ろうと思う理由は人それぞれですが、
車を売るにあたって「少しでも高く売りたい!」と思わない人はいないはずです。

車を手放すのが初めてで右も左も分からない状態では、まず何からするべきなのかも分からないでしょう。
なんとなく、下取りや買取店へ持ち込んで車の売却をすると、もっと高く売れる可能性を逃してしまうかもしれません。

車の売却は、事前の情報収集と自分に最も適した車の売り方を選ぶことができれば、車を高く売る確率がグンとアップします。

「1円でも高く売却をしたい!」「少しでも条件よく愛車を手放したい!」このような気持ちをお持ちの方は
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

プロフィール
当サイトを運営する「たかまさ」です。
車好きなら誰もがご存知の車雑誌での執筆や某経済新聞のコラムを担当。
「車選びのコツ」「物流と経済」等のウンチクを語るのが得意なFPです。
筋が通らない話、人情味のない行為に出くわすと黙って見過ごすことができない性分です。
プロフィール
当サイトの監修者:Sato Tomokiです。
当サイトのコンテンツ全般を監修しています。
新車・中古車の販売、買取査定などの経験が豊富な元業界スタッフです。
著名な国内ディーラーでの新車販売、中古車取扱店での日本車、外国車、クラシックカー、事故車、廃車相当車など、色々な車両の買取を経験しています。

基本中の基本!「車売却・査定」の仕組みをやさしく解説

車売却・査定の仕組み

日常生活で車にはしょっちゅう乗っていても、車に関する情報についてはそれほど詳しく知らないという人はたくさんいます。
車を売る方法が、ディーラー以外にもあるというは知っていましたか?

これまで他の売り方を知らずに「ディーラー下取り」一択で車を売っていたのなら、もしかすると損をしているかもしれません。
車は大きな財産です。後悔することなく手放すためにも自分にあった売却方法を選択することが大切です。

1-1査定は車を売る第一歩

査定とはいわゆる車の価値を決めるための作業になります。
車を売る方法は次の4つが考えられますが、どの方法でも必ず査定という項目が入るので車を売るための第一歩なのです。

  • ディーラー下取り
  • 買取業者へ売却
  • オークションで売却
  • 個人売買

ディーラーや買取業者へ売る場合は、店舗のスタッフがお店ごとの査定基準を元に価格を決めます。
オークションや個人売買で車を売る場合でも、売り主が決めた価格が妥当な金額か購入者側は車を点検し査定を行います。

売る側としては1円でも高く売りたい、買う側は1円でも安く購入したい。
わけですが、こうなるとやはり折り合いがつく金額は両者の意見だけでは決まりません。
なので、査定は双方が合意できる金額を表した指標とも考えられますね!

1-2査定額に納得すれば即日車を売ることができる

査定額を提示され、その金額に私たちが納得し売買契約を結んだらここで売ることが決定します。

①…売る方法を選択
②…(実車)査定
③…売買契約
④…車引き渡し、売却金額受け取り

これが車を売る大きな流れになります。
先ほどお伝えした4つの車を売る方法どれを選んでも基本的にこの流れで車の売却は進んでいきます。

1-3ローン払いをしている車の売却について

ローンで支払い中の車であっても、一定の手続きを済ませれば、売却することは可能です。
ただし、当該車両の名義が誰になっているのかで、必要な手続きや審査が異なります。
自分の名義でない車を売却するのですから、手続きが煩雑になるのは仕方がないことです。

1-4事故車・廃車でも売却が可能

売る車は状態のいいものばかりではないですよね。
なかには事故車を売りたいという方もいると思います。
ただ事故車を売るという場合、「普通の車ならいざ知らず事故車は売ることが出きるの?」
と思っている方もおられるのではないでしょうか?

結論からいうと、ケースバイケース。
不動車であっても売ることが出きる場合もあれば、動く車でも売ることができない場合もあります。
しかし、買取してもらえる可能性は十分にあります。

1-5商用車・トラックの売却について

車を売るときは大半の人が乗用車を売るでしょう。
ですが、仕事で使っている「商用車」を売りたいという方もいると思います。

しかし、商用車の買取は基本的に安いと言われます。
これは車がシビアコンディションにさらされている可能性が高いため、業社としては買取額をつけにくいという点があります。

Sato Tomoki

シビアコンディションとは?

シビアコンディションとは車が過酷な環境にさらされている状態を指します。
例えば年式の割に著しく過走な車です。このシビアコンディションは、査定額を下げる要因の一つ。

営業周りなどで使っている商用車や運送に使うトラックなどは、
このシビアコンディションに陥りがちで買取額が安く見積もられてしまう可能性が高いと言われます。

という理由から買取額が安くなるのを知ってか知らずか、商用車は他の車に比べて圧倒的に廃車に出すか方が多いそうです。6割以上の方が廃車に出すのだとか。
しかし、商用車も一括査定サイトを使えば高く買い取りしてくれる業社を探すことができます。
ただし商用車を売る際に使う一括査定サイトは車種によって変えなければ高額買取への道は閉ざされてしまいます!

トラックや建機・特殊車両は、普通の業者ではなかなか高値はもちろん中には売ることすら難しいので、
専門的に取り扱う業者に売るのがおすすめ。

ですから一括査定サイトも「専門の業社」が多数登録されているサイトを使うのがベスト。

知らないと損!「車一括査定サイト」で高額売却が実現可能

車一括査定サイトについて

車を売る仕組みと第一歩である「査定」について前述しました。
では、車を売る最善策はどの方法なのか…

それは買取業者へ売却をする方法です。ただし、これだけでは高額買取が実現できるわけではありません。
「一括査定サイト」を利用することがとても重要なポイントになります。
では一括査定サイトとはなんなのでしょうか…

Sato Tomoki

一括査定とは?

複数の車買取業者にネットから買取依頼をできるサイトになります。
買取業者は身近にいくつも営業しており、各買取業者で車の査定額は全く違います。
これは査定基準がそれぞれの業者ごとに違うというのが理由です。

各買取業者で査定額が違うとなると、
1社に査定してもらったくらいでは査定額が高値であるかどうかはわかりません。
だからと言って、何社にも車を査定してもらうととてもじゃありませんが手間が大きくかかってしまいます。

ここで役に立つのが「一括査定サイト」なのです。
売る予定の車の情報を一括査定サイト上で詳しく入力するだけで、
見積もりの査定額を最大30社からものの1,2分で集めることができます。

ポイント①数十秒で一括依頼ができる

一括査定サイトはとても簡単に利用することができます。
サイト上の入力項目を埋めて送信するだけで完了です。この後1分程度で数十社から連絡が入ってきます。
難しいことが一つもなく、すぐに連絡をもらうことができるので
急ぎで車を売りたいとお考えの方でも利用するメリットが十分にあります。
一括査定サイトの利用料はどこも無料です。フリーで利用できるというのが手軽さを特に感じますね!

ポイント②買取したい近所の業者と繋がれる

一括査定を行う際に自分の住所を入力するので、近所の買取業者を自動で選択し依頼をしてもらえるので、
もし実車査定や売却が決まった場合でもスムーズに手続きを進めることができます。

また、買取業者はいやいや連絡をしてきているのではなくあなたの車を是非買取したいという買取業者から連絡がきます。
つまり、買取したい意欲が強く、他社に取られないように交渉が進むので、
査定額より買取金額が高くなることがほとんどなのです。
一括査定サイトが高く売ることにまさに適したツールだと言えますね。

ポイント③集めた査定額は交渉に使える

一括査定依頼後、その中から3社選び交渉をしていくことを私たちはおすすめしていますが、
この交渉時に査定額は交渉材料として利用することができます。

※実際にあった交渉の内容です。(金額は置き換えています)

A社に対して、初回査定額100万円

私
B社は100万円から110万円で見積もりを出してくれました。メールでB社のお見積もり
わかりました。では、120万円でお話を進めさせていただいてもよろしいでしょうか?
A社
A社

私
ありがとうございます。それでは120万円のお見積もりをいただいてもよろしいでしょうか?
そのあと実車査定の日程を決められればと思います。
B社に対して、初回査定額110万円

私
A社より120万円でお見積もりをいただいているのですが、見積もり額交渉はできないでしょうか?
120万円ですかぁ…、上に確認して見ます。
B社
B社

お待たせいたしました。それでは125万円でいかがでしょうか?
B社
B社
私
ありがとうございます。ではお見積もりと実車査定をお願いしたいのですが…
C社に対して、初回査定額110万円

私
他社から125万円でお見積もりいただいているのですが交渉は難しいですか?
確認して参りますのでお待ちください。
C社
C社

お待たせいたしました。弊社ではその金額では難しいです…大変申し訳ございません。
C社
C社
私
ありがとうございました!

一括査定サイトを利用して3社を選びそれぞれで交渉をした場合、1社は交渉をすぐに断念します。
その他2社では交渉をして少しずつではありますが見積もり額をUPさせることができます。

実車査定(出張査定)に進む前の時点で交渉をして金額をUPさせることも高額売却につなげるポイントです。

一括査定サイトを使うデメリットも理解しておこう

前章で、一括査定サイトが高額売却をする上で重要だと強くお伝えしました。

紹介した3つのポイントを見てもらって分かる通り、メリットが多いサービスが一括査定サイトでした。

しかし、メリットばかりではもちろんありません。
次の2つのデメリットは一括査定サイトを利用する前に知っておかなければ思っていたサービスと違うように思ってしまう可能性があります。
次の章でおすすの一括査定サイトを紹介しますが、その前にしっかり一括査定サイトのデメリットについて理解しておきましょう。

デメリット①一括査定依頼後、電話連絡が多いこと

一括査定サイトは高額売却を行えるサービスとして評価が高いと同時に、利用者が必ず口を揃えて言うこと。
それが一括査定依頼後に電話が多くなることです。

前にもお伝えしていますが、依頼後から買取業者からの連絡を受けることができます。

しかし、これはメールではなく基本的に電話です。つまり電話連絡が多くなると言うことになります。
実際に私も何度も一括査定を利用して車を売っていますが、毎回、電話連絡が多くなります。

一括査定を依頼してる立場からいうのも何ですが、一括査定サービスで私が思う唯一の改善希望点です。

デメリット②一括査定で集められるのはあくまで見積もり査定額であること

一括査定サイトで集められる買取業者からの査定額は実際の買取金額ではありません。

あくまで見積もり査定額となります。

一括査定サイトに入力した情報を、過去の買取実績や現在の車種相場をみて提示しているのが見積もり査定額です。
見積もり査定額に納得をした段階で、次は実車を見て査定を行ってもらいます。ここで提示された査定額が買取金額です。

車はどうしても実際の車を見てからでないと売却金額は決定しません。よく考えてみれば当たり前の話ですね。

なので一括査定サイトは買取条件の良い買取業者を見つけるためのツールだと理解しておくことがベストでしょう。

【厳選7サイト】おすすめ一括査定サイトランキング

一括査定サイトランキング

これまで一括査定サイトがおすすめだと何度もお伝えしましたが、一括査定サイト全てがおすすめではありません。
いくつも一括査定サイトは存在しますが、各サイトで提携業者数や同時査定数、デメリットで挙げた電話連絡を拒否できるサイトなど特徴が様々です。

下記厳選7サイトは当サイトを管理するメンバーと、サイトをご覧いただいた方の投票によって決められたおすすめ一括査定サイトになります。
一括査定を利用した経験がある方はぜひ該当するタグをクリックして投票をしてみてください!

1位カーセンサー

カーセンサー
サポート体制26
営業電話がしつこくない13
希望価格で売却できた4
希望価格以上で売却できた14
相場以上で売却ができた5
同時査定数登録時間提携買取業者数
最大30社90秒〜180秒1,000社
業者の選択メールでの対応概算価格
可能ありなし
こんな車種におすすめ
国産車、外国車、事故車・廃車、トラック

1,000件を超える圧倒的な数の業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく、 高額査定結果を得られる可能性が高いという理由から一括査定サイトの中でも最もおすすめサイトです。
連絡方法をメール指定にできるというのも一括査定サイトを利用するユーザーにとって大きな魅力でしょう。

2位ナビクル

ナビクル
サポート体制9
営業電話がしつこくない4
希望価格で売却できた5
希望価格以上で売却できた3
相場以上で売却ができた6
同時査定数登録時間提携買取業者数
10社45秒55社
業者の選択メールでの対応概算価格
可能不可あり
こんな車種におすすめ
国産車

申込時の必須入力項目が9つしかないため、45秒で終わり、簡単に申し込みができます。
そして申込後、すぐに車の買取相場が分かるというのがポイントです。
ただし、ナビクルは他のサイトに比べると連携している業者が少ないというマイナスポイントもあります。
安心して利用することのできる優良業者のみに限定しているから、という理由はありますが、他社のサイトで100社以上あるのに対し55社というのはやはり少ないと感じますね。

3位ズバット車買取比較

ズバット車買取比較
サポート体制7
営業電話がしつこくない3
希望価格で売却できた6
希望価格以上で売却できた4
相場以上で売却ができた5
同時査定数登録時間提携買取業者数
最大10社60秒〜90秒220社
業者の選択メールでの対応概算価格
可能不可あり
こんな車種におすすめ
国産車、外国車、事故車・廃車

「ズバット車買取比較」は10年を超える運営実績があり、提携業者数も200社と比較的多く、申し込み後に買取相場がすぐ分かる点など、バランスが取れた一括査定サイトです。
また、電話サポートというサービスがあり、何か困ったことがあったときや疑問があるときはカスタマーサポートチームが年中無休で対応してくれるので心強いです。
ただし、携帯やスマホの場合、SMS認証が必要で、固定電話での申し込みはネットからはできないのが難点です。

4位楽天car

楽天car
サポート体制6
営業電話がしつこくない5
希望価格で売却できた6
希望価格以上で売却できた2
相場以上で売却ができた3
同時査定数登録時間提携買取業者数
最大10社30秒〜60秒100社
業者の選択メールでの対応概算価格
可能不可なし
こんな車種におすすめ
国産車、外国車

「楽天 愛車一括査定」の車一括査定は、ポイントがもらえるという特典があります。(※楽天会員のみ)
得られるポイントは、

  • 申し込み時に5ポイント
  • 売却成約時に1,500ポイント
提携している買取業者数は上の2つに比べると、どうしても見劣りしてしまいますが、ポイントがもらえるのでその分お得になるとも考えられます。
楽天会員で車の売却を考えているのならおすすめのサイトです。
また、申し込み直後に買取相場が分かるので、交渉に使うこともできます。

5位ユーカーパック

ユーカーパック
サポート体制7
営業電話がしつこくない6
希望価格で売却できた4
希望価格以上で売却できた2
相場以上で売却ができた3
同時査定数登録時間提携買取業者数
-45秒5,000社
業者の選択メールでの対応概算価格
不可不可なし
こんな車種におすすめ
国産車、外国車

ユーカーパックは他の一括査定サイトと仕組みが少し違い、オークション形式を採用しているサービスです。このオークションというやり方から、直接買取業者と交渉をする必要がなく、ユーカーパックの担当者1人と連絡を取り合うだけで愛車の売却まで進めることができます。
一括査定のデメリットと呼ばれる電話連絡も0で手続きができるのは嬉しいポイントです。
ただし一点だけ難点があります。それが買取金額が他のサイトより落ちる傾向があり、高額売却を目指す方には向いていないかもしれません。

6位カービュー

カービュー
サポート体制4
営業電話がしつこくない6
希望価格で売却できた5
希望価格以上で売却できた4
相場以上で売却ができた2
同時査定数登録時間提携買取業者数
8社45秒230社
業者の選択メールでの対応概算価格
可能不可なし
こんな車種におすすめ
国産車

Yahoo!の子会社であり、日本で1番初めに車一括査定サービス開始した会社で一括査定サイトの老舗といえる「カービュー」は歴史があるだけ利用者も多いです。
そのため一定の信頼性はあります。
しかし、他社のサイトと比較すると、一度に依頼できる業者数が少ないです。
一見、マイナスポイントのように感じますが、多くの業者に依頼をした結果、電話対応や査定の立ち合いが大変といった状況に陥らないように、ユーザーのことを考えたプラスポイントと言えるでしょう。

7位車査定比較.com

車査定比較.com
サポート体制5
営業電話がしつこくない4
希望価格で売却できた5
希望価格以上で売却できた4
相場以上で売却ができた3
同時査定数登録時間提携買取業者数
10社30秒213社
業者の選択メールでの対応概算価格
可能不可なし
こんな車種におすすめ
国産車、外国車

「車査定比較.com」はズバット車買取比較と同運営会社が提供している一括査定サイトです。
提携している買取業者の中には地域に特化した業者や、輸入車に特化した買取業者が混在しており、幅広い車の高額買取を十分に期待できます。

車を売る前に愛車の相場が知りたい!

相場を調べる方法

車の売却を検討する際に、まずは愛車の査定相場や売却相場を調べる方がほとんどでしょう。
事前に愛車の相場を把握しておくことで、だいたいこれくらいで売却ができるのかと把握しておくことができるので
希望価格を自分の中で定めやすくなります。

4-1車種で相場を知る

人気国産車
トヨタ
日産
ホンダ
ダイハツ
スズキ
マツダ
レクサス
三菱

4-2地域別に買取業者を探して相場検索

北海道
東北
東京
関東
中部
近畿
中国・四国
九州・沖縄

車を売る方法が決まったなら必要書類を揃えよう

必要書類

この通り車を手放すことで所有者が変わるので、車の売却手続きではこういった手続きも行う必要がでてきます。
買取業者やディーラーへ車を渡すだけで売却が完了すると思っていた方は大きな間違いです。
と、同時に手続きに必要な書類も思っているよりも多いでしょう。

Sato Tomoki

必要書類

①自動車検査証
②印鑑登録証明書
③自賠責保険証明書
④自動車納税証明書
⑤リサイクル券(預託済みの場合)
⑥戸籍謄本(結婚などで姓が変わっている場合)
⑦住民票(住所が変わっている場合)

車を売る=車の所有が変わる

事前にこれらの書類を集めておけば、売買契約成立後最短で売却金額を受け取ることができます。
軽自動車や、売却方法によって必要書類は異なりますが、これらがあれば大抵困ることはありません。
買取業者で売却する場合、ディーラーで下取りをしてもらう場合はほとんどの手続きを代行してくれるのでとても楽です。

オークション、個人売買で車を売却する際は自分で動くことが多くなるので、手続きはとても手間になります。

売る方法がすぐに決まり、取引相手もスムーズに決まってもどれかの書類がない場合、
再発行に1週間かかるとそれだけ売るタイミングは伸びてしまいます。
車を売ると決めている方は書類は事前に確認しておくことがベストだと言えます!

さいごに・・・

「車を売る」ことについてお伝えしてきました。
私たちがおすすめする車の売却方法は「一括査定サイト」を利用して買取業者へ売却する方法です。

愛車を1円でも高く売るならこの方法をぜひ利用することを強くおすすめします。
ディーラーへ下取りを出すことは案外高く査定額は提示されません。
はっきりいって下取りよりも買取を選ぶことが正しい選択だと言えます。

唯一下取りのメリットといえば、次の車が納車されるまで下取り車へ乗れることです。
車が生活に必要な方は少し売却金額が落ちても下取りを利用することをおすすめします。

車を売る際に1円でも高く売ることは誰もが求めることでしょう。そう思うのであれば当記事をもう一度読んで参考にしてみてください!

新着記事

よく読まれている記事