おすすめ一括査定サイトランキングへ

トラック一括査定王の評判を気にしている方!6件の口コミとメリット・デメリット

トラック一括査定王 評判
       
啓太

トラックの売却を考えているけど、トラック一括査定王を利用することでどんな良いことがある?

トラック売却をお考えの方に先にお答えしておきます!

トラックの売却なら「トラック一括査定王」を利用することで、思ってもいなかった金額で売却ができる可能性があります!ですので、トラック一括査定王を利用してトラックを売却することをおすすめします。

おそらくこの記事を読んでいる方は一括査定をよく知らない方が多いでしょう。

実はトラックに限らず、普通車や軽自動車でも一括査定を利用することで高額売却を狙うことができます。今自動車の売却で「一括査定」は欠かせないサービスであり、トラック売却ならトラック一括査定王は目が離せないサービスなのです。

そこでこの記事ではトラック一括査定王の評判を集めて、実際にどうなの?といったところを深掘りしていきます。

ぜひ最後までご覧ください!

まずはトラック一括査定王を利用するメリットから理解しておこう

トラック査定王_メリット

記事冒頭でお伝えした通り、トラック一括査定王の評判は良いです。ぜひ利用して欲しいサービスだと言えます。

そのため口コミは次の章で紹介をし、最初のこの章ではトラック一括査定王を利用するメリットからお伝えしていきます。

トラック一括査定王には他社サービスにはない、メリットが目白押しです。

1つずつ解説しますのでこれからトラックの売却を検討されている方はぜひ目を通してください!

1-1:優良買取業者とコンタクトを取れる

トラック一括査定王は、トラックを専門に査定依頼を一括してできるサービスです。

一括査定と呼ばれるサービスは、その名の通り査定依頼フォームにトラックの「車種」「形式」「年式」「走行距離、稼働時間」などの今回の売却を検討している該当車の詳細情報を入力し送信することで最大5社へ一括して査定依頼を送ることができるサービスです。。

これは一括査定サイト全てで同じ流れですが、トラック一括査定王は『提携買取業者』のポイントで他サイトよりランクの高いサービスを提供しています。

  • 国内だけでなく国外に販促ルートをもった買取業者(高額買取に繋がりやすい)
  • 高い買取実績を持つ買取業者

トラック一括査定王から査定依頼を受け付ける買取業者はこのような優良買取業者ばかりです。

自分で見つけた買取業者だと良し悪しがつけづらいですよね。その点トラック一括査定王が厳選して提携している買取業者と繋がれるので悪質な買取業者と繋がる心配がありません。

1-2:キャンセル連絡を代行してくれる

なんとトラック一括査定王は、一括査定依頼後の買取業者へのキャンセル連絡を代行して行ってくれます。一括査定を利用したことがある方はイメージが付きやすいメリットだと思います。

一括査定は複数の買取業者と連絡が取れるサービスですが、結局最後はその中から1社に絞らなければいけません。こうなるとその他の買取業者はキャンセルしなくてはいけません。キャンセル連絡ってとても心苦しいですよね…前述している通りトラック一括査定王から繋がれる優良買取業者ばかりでとても対応がよく、キャンセル連絡しづらいです。こう考えるとキャンセル連絡を代行してくれるのはとても助かりますね!

1-3:査定に関連する費用や手数料完全無料

トラック一括査定王に利用料はありません。

また、その後の買取業者とのやり取りで発生する手数料等も一切かからないので気軽な気持ちで利用することができます。※売却時に必要になる書類を取得する際にかかる手数料は負担

実はトラック一括査定王だけでなく、どこの一括査定サイトは完全無料で利用することができます。

なぜ完全無料でこんなに魅了的なサービスを利用することができるのか…

それは提携買取業者が広告費として一括査定サイトへ掲載料を支払っているからです。売却側はあまり知る必要はありませんが、一件依頼が飛んでくるごとに掲載料が発生します。だから私たち売却側のユーザーは完全無料で利用することができるのです。

1-4:複数台まとめて査定が可能

トラックを売却したい方の大半は企業や組織の方でしょう。このような方は1台のトラックを売却するのではなく、複数台売却しようと考えているケースが多いです。

そんな複数台売却予定にも対応しているのがトラック一括査定王になります。

トラック一括査定王以外の一括査定サイトで、2台以上まとめて査定依頼出せるサイトは聞いたことがありません。トラック一括査定王ならではのメリットですね!

1-5:バスや重機の一括査定もOK

今回取り上げている「トラック一括査定王」は、バスや重機も一括査定が可能です。サービス名からトラック限定かと思われがちですが、実はその他のバスや重機の査定依頼数も高い実績を誇ります。

バスや重機の売却を検討している方もぜひトラック一括査定王を利用してみてください!

(SNS編)良い口コミ3件と悪い口コミ3件をピックアップ

トラック一括査定王

前章ではトラック一括査定王を利用するメリットについてお伝えをしました。

見ていただいてわかった通り、トラックの売却ならとてもおすすめできるサービスです。ただここまでは私たち車一括査定ランキング7としての主観が多いかもしれませんのでTwitterで見つけたトラック一括査定王の評判について集めてみました。

2-1:良い口コミ3件

2-2:悪い口コミ2件

トラック一括査定王の利用全手順

手順①:トラック一括査定王へアクセス

手順①

手順②:TOPページ項目を入力

手順②

手順③:個人情報を入力

手順③

手順④:車体の情報を詳細に入力(重要)

ここの情報入力項目は任意になっていますが、できるだけ全て埋めるようにしましょう。ここの情報が細かければ細かいほど査定額を正確に見積りしてくれます。

手順④

手順⑤:情報を入力し終わったら送信

手順⑤

普通車や軽自動車、廃車寸前の車なら「カーセンサー」の一括査定がおすすめ

カーセンサー

今回トラック一括査定王について詳しくお伝えしてきましたが、トラック以外にも普通車や軽自動車の売却をお考えの方いるのではないでしょうか?

トラックやバス、重機同様に普通車や軽自動車も「一括査定」を利用することで、楽に高額売却を実現させることができます。

トラックなら迷わずトラック一括査定王を利用することをおすすめしますが、普通車・軽自動車なら「カーセンサー」が提供する一括査定を利用しましょう。

カーセンサーといえば大規模中古車情報サイトですが、実はとても魅力的な一括査定も提供しています。

普通車や軽自動車を対象にした一括査定サイトはいくつも存在しますが、迷わずカーセンサーを利用してください。カーセンサーをここまでおすすめする理由を最後のこの章で詳しくお伝えします。

4-1:同時査定数最大30社

カーセンサーがなぜ高価売却に繋がりやすいと言われるのか。

それは同時査定数が最大30社と比較検討数が多いからです。カーセンサー以外の一括査定サイトは多くても最大10社程度。

なんでもそうですが売却を行う際に高額売却を行う重要なポイントはどれだけ比較検討できるデータを集められたかです。比較検討数は多ければ多いほど高額売却が実現できる可能性が高くなります。

だから、同時査定数がどこよりも多いカーセンサーは高額売却に繋がりやすい一括査定サイトだと言われるのです。

4-2:提携買取業者数1,500以上

カーセンサーと提携している買取業者数は全国に1,500以上と他サイトと比較をしても圧倒的な提携数を誇ります。

これだけ提携買取業者数があると、全国どこの地域から一括査定依頼をしても複数社とコンタクトを取ることができます。他サイトだと提携買取業者数が300未満であるため、少し地方で利用すると2,3社としかコンタクトが取れず一括査定の意味がほとんどないというケースもよく聞きます。

カーセンサーなら離島でない限り5社以上とコンタクトを取ることができるため、多くの方が利用しやすいサービスだといえます。

まとめ

トラック一括査定王はトラックの売却を検討中の方へぜひ利用して欲しいサービスでした。

メリットから実際の口コミまで紹介したので魅力的なサービスであることは伝わったはずです。ないよりトラック一括査定王は利用料無料で複数台まとめて査定依頼を送信することができるので企業や組織の方にとてもメリットの多いサービスになります。一括査定と呼ばれるサービスは高額売却へ繋げることができるため、トラックだけでなく普通車や軽自動車を売却したい方にもおすすめです。

普通車や軽自動車の売却なら「カーセンサー」を利用して相場以上の売却を実現させましょう。

車種別・車の状態別で高く買取ってもらえる一括査定システムを探す!

最後に、売却を予定する車種(普通車・商用車・トラック・バスなど)車の状態(事故車・不動車・廃車など)に応じて、高く買取ってもらえる「車一括査定システム」をその場で確認できる仕組みをご紹介します。

車 一括査定 シミュレーション
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック王国」で決まり!

トラック大国
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)