トヨタ パッソの高値買取・査定のポイントと相場について

トヨタパッソ
       
たかまさ
Follow me

パッソの概要と特徴・魅力と買取相場について

パッソ
パッソはトヨタとダイハツが共同開発したコンパクトカーで、2004年6月に発売されました。ダイハツではブーンという名前で発売され、パワートレインやボディなどの基本部分はどちらも同じに作りになっています。

トヨタのコンパクトカーとして知られている、ヴィッツより小さいボディで発売当時はトヨタで最も最小の車でした。
2010年に2代目、2016年には3代目のモデルが発売されています。いずれのモデルも広い室内空間で、親しみやすく乗りやすい印象を与えます。

女性からの人気も高く買取り相場は企画的高値で推移しています。

パッソの購入者(ユーザー層)の特徴

パッソは女性を中心とした幅広い年齢層から支持を受けていて、小回りが利き軽自動車感覚で乗れるので、運転が苦手な人でも乗りやすい車です。実際に企画から開発まで、女性のスタッフが主導となって取り組まれています。

車のデザインも女性受けが良く、お洒落でフロントのデザインからシートの形状やカラーまで、優しい印象のコーディネートになっています。それだけではなく、男性や年配者にも抵抗のないような印象も受けるので、誰でも親しみが持てる車です。

パッソの高価買取りのコツと注意点

買取業者を選ぶことが大事

パッソを相場よりも高く売るために、まず重要なのが買取店や買い取り業者を選ぶことです。車の買取価格は全社で一律というわけではなく、業者によっては10万円以上の価格差が付いてしまうことも珍しくありません。

ディーラーで買い替えのために下取りに持っていくと、書類などの手続きはディーラーが行ってくれ、新車の納車と同時に今使用している車を持って行ってくれます。しかし、高値で売りたい場合は買い取り専門業者に依頼する方がおすすめです。

また、相場に満たない買取価格を提示する業者は、不当に安く購入しようとしている可能性があるので、騙されないように注意が必要です。

ボディーカラーで買取額も変化

少しでもパッソを高値買取してもらいたい場合は、走行距離が少なく装備が充実していて純正品であることはもちろんですが、内装と外装の綺麗さも重要です。
大きく目立つ傷や凹みはないか、取れない汚れがないかチェックしておきましょう。また、車内での喫煙やペットを乗せていた場合も査定額が下がる原因になります。

ボディーカラーについては人気の色であれば、需要があるので高くなることが多いです。一般的にはホワイトやブラックが人気カラーで、不人気のものに比べると10万円以上の差が出ることもあります。

パッソの買取り額を高くするポイント

一番重要なポイントとして、査定してもらう業者は一社ではなく、複数の業者に依頼した方が好条件の買取りを見込めます。業者間で買取価格を競うことになり、最終的に一番良い条件の業者に決めることができます。一社だけの単独商談では、価格を競争する相手がいないので買取価格を上げることを渋る傾向があります。

一社ごとに査定を申し込みに行くと、大変な手間と時間がかかるので、インターネットの一括査定に申し込むと便利です。車種やグレード、年式や走行距離を入力するとサービスに加盟している買取業者に情報が一斉送信されて、購入を希望するところから連絡が来ます。出張査定を依頼することもできるので、非常に便利です。


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)