ジープ コンパスの高値買取・査定のポイントと相場について

ジープコンパス
       
たかまさ
Follow me

ジープ コンパスの概要と特徴・魅力と買取り相場について

ジープ コンパス
クロスオーバーSUVの当車両は、2006年発売の初代を皮切りに、現在は2017年に登場した現行の2代目が販売中です。オフロード向け四輪駆動車で知られるブランドから、主に公道を走るエントリー用として開発されたのが、当車両の代表的な特徴です。

また、街乗りを考慮した、ハッチバック採用のよりスポーティーなデザインが魅力的です。ブランドのトップモデルの特徴と、ラグジュアリーさを受け継いでいるので、非常に完成度の高い車に仕上げられています。

ジープはオフロード車の代名詞でもあり、固定客もあって買取り相場は堅調です。

ジープ コンパスの購入者(ユーザー層)の特徴

当車両のユーザー層は30代前後で、ブランドの上位もモデルに対して、やや若い層から支持を集めている傾向です。ブランドは元々、大型で男性的なイメージが強めでしたが、当車両は小型化していたりデザインが親しみやすくなった結果、女性ファンを獲得しています。

実用的で運転の難易度が低く、良い意味で日本的な車に近いといえるでしょう。男女比は男性の方が上回りますが、それでも若いユーザー層や女性の購入者も少なくないです。

ジープ コンパスの高価買取りのコツと注意点

専門店が強い

当車両は、輸入車に詳しく正確な評価ができる、専門店に依頼することが高値査定のコツだといえます。
基本的な仕様や装備にオプションなど、査定価格を左右する要素は数多くあるので、その1つ1つを評価する技術と経験を問うことになるでしょう。

高値査定において注意が必要なのは、査定を任せる相手の実力を見極めることです。取り扱いブランドや年間の査定件数に注意して、少しでも高い査定価格を提示する相手の厳選が目標となります。

走行距離に注意

当車両の高値査定のポイントは、購入から3年以内で、走行距離が5万km未満かどうかです。一般的に車の走行距離は、1年間で1万kmが目安とされています。
年数は年々価格を下げますが、3年以内であれば高値査定が実現する可能性が高まります。

つまりコツは早く査定を考えること、そして価格が大きく下がる前に手放すか決める点にあります。5万kmという数字も、高値査定における注意点の1つで、やはり超えないように気をつけることが大切です。

5万kmなのに5年ではないのは、4年目に入ると高値買取が難しくなるのが理由です。

ジープ コンパスの買取り額を高くするポイント

買取り額を高くする当車両のポイントをまとめると、輸入車を取り扱い価値の評価ができる専門店で、特に経験の豊富さで相手を選ぶ重要性が分かります。
査定のタイミングは購入後3年、走行距離は5万kmが一種の目安になるでしょう。

目立つ汚れがなくて、傷も殆どついていなければ、良好な査定の結果に期待できます。グレードやカラーなど、人気に影響するポイントも査定の評価に関わりますが、むしろ使用感や状態の方が買取り額に影響します。


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)