おすすめ一括査定サイトランキングへ

RAV4の買取り価格のアップのコツ!初代が有利かそれとも3代目か

RAV4
       
たかまさ
Follow me

このページの内容は動画でも確認できます!

RAV4の概要と特徴・魅力

RAV4
RAV4は1994年に登場した日本ではじめての本格的なSUVと言われる車種であり、これまでアウトドア専用車と考えられてきた四輪駆動車に、市街地でも走行できる美しい造形を施したのが特徴となっています。

初代はインパクトのある造形で、高い人気を博しましたが、2代目3代目は時代の流れによりボディーが大型化されるとともに他社のSUVに押される形で若干の苦戦が続いています。しかしながら最新型では、ハイブリッドやプラグインハイブリッドもラインナップに加わり、人気も取り戻しているようです。

RAV4を一括査定して買取り相場を確認してみましょう

RAV4には、乗り継いでいるファンが多く、海外を含め中古車市場でも人気の車種です。なるべく多くの業者の見積もりをもらうのが得策で、一括査定サイトを利用するのが賢い方法です。

当サイト独自 国産車一括査定ランキング

RAV4の購入者(ユーザー層)の特徴

初代は若者や女性を中心に非常に高い人気を誇っており、コンパクトなボディーサイズに高い運動性能を持っている点が評価されて若者層を中心に大きな売り上げを誇った車種となっています。しかしその後はボディサイズの大型化のために若者にはあまり受け入れられないようになってしまい、どちらかと言うと中高年向けの車種となってしまった印象があります。現在の5代目では幅広い年齢層をターゲットとしており、比較的大型のSUVと言う位置づけとなっているのが特徴です。

RAV4の高価買取りのコツと注意点

初代は高額買取が期待できるかも

RAV4は初代が最も人気が高く、その状態が美しく維持されていれば非常に高い査定額が期待できるものとなっています。SUVであるため様々な場所を走行する可能性があり、外装に傷が付きやすいと言うデメリットを持っているのですが、逆にこの傷が少ないほど高額査定が期待できるものとなっているのが特徴です。

コーティングなどで外装を保護することで傷を減らすことができるので、購入した後は必ず行っておくことがポイントとなっています。

純正パーツの状況に注視

RAV4で高価査定を得るためのコツは、様々な純正パーツを取り付けておくことも重要なポイントです。
特に初代の場合には様々な純正パーツが販売されており、バンパーガードやフロアガードなどは非常に魅力的なものとなっているため、これが取り付けられていると査定アップが期待できます。

またこの車種の特徴として走行距離が大きめになる傾向があるため、これが少ないことも査定アップの非常に重要なポイントです。

RAV4の買取り額が高いのは初代も3代目も…

RAV4は初代は非常に人気が高く、様々なバリエーションが誕生し市場にも数多く流通しましたが、2代目以降はそれほど流通量が多くはありません。そのため2代目や3代目は、流通している台数が少ないだけに、程度が良いものであれば比較的高い査定が見込める傾向があります。

ただしこれらのものでも新車での美しい状態を保っていることがより有利となるため、日ごろから手入れを行うことが必要であり、特に内装は美しい状態を保つことで高額査定を得られる可能性が高くなります。

あなたの車を高く買取ってくれる最高のサービスを探せる!

売却予定の車種に応じた、最適な買取りサービスを、その場で直ぐに見つけることができます。
ご活用ください。

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)