静岡県(浜松市・静岡市など)で車を高く買取り査定してもらうコツ

静岡県の車買取
       
たかまさ
Follow me

結論!静岡県で車を高く買取り査定してもらうコツ

静岡県(浜松市・静岡市・富士市など)で車を高く買取り査定してもらうためのコツはズバリ!

  1. 静岡県内もしくは、お住いの近くの複数の買取り業者に査定をしてもらうこと
  2. あなたの車を、本気で「買いたい!欲しい!」と考えている業者と交渉すること

です。

しかし、このコツを一般のユーザーが実践するのは、とても困難で時間も掛かります。
これを簡単に解決してしまうのが「車の一括査定」というシステムです。

そして、最初に活用すべきは、日本で最大級のシステムで、静岡県内優良な買取り業者が登録されている「カーセンサー」のシステムです。
静岡県内の登録は(13社)です。

静岡県:車買取り業者の登録数
静岡県全域13社
浜松市4社
静岡市3社
沼津市2社
富士市2社
その他の静岡県内2社

静岡県の車事情

静岡県の車事情
静岡県は県内のほとんどが鉄道空白地帯であることから、鉄道の交通網が大変悪いです。たとえば熱海から浜松への移動も在来線は、全40駅が各駅停車しかなく、快速列車がありません。そのため移動の際は、運賃の高い新幹線を使わなければならないのです。

さらに静岡県は山間部のエリアも非常に広いために、車がないと、各所へのアクセスが不便な立地も多くなっています。
また、静岡の浜松市内に、スズキの本社や工場があるという影響も大きいと考えられています。
つまり公共交通機関の不便さなども相まって、基本的に車社会の街です。

静岡市内でさえもバスは運行していて通勤や通学に使われる方がいるものの、日常的に使われる方も少なめです。そのため、子育て世帯のファミリー層は、基本的に夫婦で各1台ずつ保有されている方がほとんどです。

静岡県で人気のある車種カテゴリとその理由

静岡県内の人気中古車ランキング(価格ドットコム)を調べてみると、1位アルファード、2位プリウス、3位デリカ、4位ハスラー、5位ハイエースバン、6位ヴェルファイヤ、7位レクサスIS、8位ジムニーとハリアーがランクインしています。

この中でほとんどの車がミニバンであることから、ファミリー層を中心に、ミニバンが大変人気です。
また、軽自動車もセカンドカーとして保有されている方も多く、注目したいのが、軽自動車のメーカーです。

8位までにランクインした軽自動車は、2台ともメーカー・スズキの車になっています。
全国ではNBOXが人気の中、ジムニーやハスラーがランクインしているのは、静岡を誇る自動車メーカーの車だからという意識が高いのではないでしょうか。

静岡県で車を高く買い取ってもらうためのポイントや注意事項

ペットブームである昨今、静岡県内でも、多くの方が犬や猫などのペットを飼育されています。予防接種や病気などで病院に行く際、お出かけの際に、ペットを車に乗せていくご家庭も多いと思います。ペットは、どうしても人間と異なり、体毛が多いので毛がつくことや、臭いが気になるところです。

皆さんは普段から染みついた車の臭いに気づかないことも多いかもしれませんが、ペットの臭いは第三者からすると、大変気になる臭いです。
この臭いは、査定にも響いてしまうことになるので注意しましょう。
無香料の消臭スプレーを吹きかけたり、重曹を水で溶かしたスプレーを作ってシートなどにスプレーしたりしておくといいでしょう。

また、エアコンも意外に盲点で、車内の空気を循環させてエアコンを回しているので、エアコンの中も臭いが付いている可能性があります。
ディーラーなどでエアコンクリーニングを事前にされると、よりよいでしょう。

買って後悔した!中古車あるある

中古車を購入する際に、できるだけ安く手に入れたいという気持ちはわかります。しかし、コストを重視しすぎて、購入後すぐにオイル漏れなどのトラブルが発覚してしまったという事例はいくつか報告されています。

中古車販売店には、保証が付くお店と付かないお店があります。保証が付かない分、安いので飛びついてしまいがちですが、必ず保証付きの中古車を購入されることをオススメします。

保証が付いている場合、条件の対象に当てはまれば、修理費用やパーツ交換費用などを補償してもらうことができるからです。
中古車はあくまで使い古した自動車ですから、いつトラブルが起こりうるかわかりませんし、経年劣化は進んでいるので、新車に比べると、トラブルの発生率も高いです。
そのため、お店に保証が付いているかどうかも確認しておくといいでしょう。

都道府県別!車買取の事情

都道府県別の車買取事情
全国の車の買取り事情に関する情報です。
あなたの地域!静岡県以外の気になる地域!の車事情や買取事情を確認してみてください。


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)