おすすめ一括査定サイトランキングへ

ホンダ インサイトの高値買取・査定のポイントと相場について

インサイトの買取相場
       
たかまさ
Follow me

ホンダ インサイトの概要と特徴・魅力と買取相場について

ホンダ インサイト
ホンダインサイトは初代のモデルは当時は世界最高の燃費を誇ったことで有名になりました。時を経て現行で販売されているインサイトは、これまでのモデルとは異なり4ドアセダン仕様としており、排気量は1,500㏄未満なのでボディサイズに対して車税が安いことも特徴です。

更に馬力はエンジンでは109馬力、モーター側では131馬力になるので、排気量に対しての走行能力は非常に高いことは魅力です。ホンダでの位置付けにおいても、アコードの下のランク、ミドルセダンになるので、風格も感じられる車種として人気です。

ホンダ特有のハイブリッド車に該当し、モーターは2モーターを採用していることも馬力やトルクの数値も高めになり、快適な走行を行える車種です。
スポーティーなエコカーとして人気も高く、買取相場は好調です。

ホンダ インサイトの購入者(ユーザー層)の特徴

新型のインサイトは、フロントマスクに迫力を持たせており、フロントからリア部分にはメッキパーツを上手く利用しているので、高級感漂う車体です。

歴代のインサイトはどちらかと言えば中高年の方がユーザー層に多い傾向にありましたが、度重なるモデルチェンジをしていく中で、現行車は若い世代の方でもセダンを好む方、ツーモーターのハイブリッドで低燃費ながら走行能力に魅力を感じた方にもユーザー層は広がっています。

落ち着いた大人の雰囲気を感じさせるモデルになるので、スポーツカーではなく洗練されたお洒落さに魅了された方々全般に購入者が増えてます。

ホンダ インサイトの査定は車一括査定が断然お得!

インサイトを売却することを検討した場合、同じホンダ車へと乗り換えをする方はディーラーに下取りを依頼する方もいます。

現在ではネット上に無料で使える車一括査定専門のサイトがあるので、少しでも高く売却したいと考えている方は、サイトを利用しない理由はありません。

サイト利用が断然にお得な事実に関しては、1つの車一括査定サイトでも登録をしている中古車販売会社が多数あり、この時点で買取りの競争が行われることが最大の理由です。

ネット上でも概算の買取り額を各社で比較を行えたり、興味を持った会社側からの連絡により最高額を提示する会社を簡単に見つけられることもメリットです。

高価買取りのコツと注意点

インサイトを売却する際に、車査定サイトを使ったとしても、最終的な査定額は実車を確認してから正式な見積額が提示されることが一般的です。

利用者は各社のサービスの出張査定を依頼することで自宅にいながら査定を受けられますが、少しでも高くするコツはタイヤなど足回りを含む全てのボディ部分に徹底した洗車を済ませておくことは基本です。

内装にも掃除機を用いたり拭き掃除を行っておき、消臭スプレーを利用すると一応は完璧です。目立った汚れがあり簡単に落とせない場合はコンパウンドを用いることでクリアできます。

注意点はできるだけ新車時に近い状態にしておくことが有利になるので、購入後に自分で何らかの加工やドレスアップを行っている方は、元に戻しておくことは必要です。

買取り額を高くするポイント

インサイトの買取り額を高くするには、ボディの洗車だけではなく、車内の清掃で脱臭も行えば高い評価が得られやすくなります。

綺麗にするということは基本的なことではありますが、小傷や雨染みなどが付着をしている場合、洗車をしても除去は出来ないので、専用の自動車用のコンパウンドなど各種ケミカル品を使い分けることで綺麗なボディに仕上げられます。

車外パーツを取り付けている方は外すということが基本ですが、高額な電装品やパーツなどを装着している場合は、逆に高く評価される場合もあるので、依頼先の会社のスタッフと相談をするのが得策です。

車種別・車の状態別で高く買取ってもらえる一括査定システムを探す!

最後に、売却を予定する車種(普通車・商用車・トラック・バスなど)車の状態(事故車・不動車・廃車など)に応じて、高く買取ってもらえる「車一括査定システム」をその場で確認できる仕組みをご紹介します。

車 一括査定 シミュレーション
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック王国」で決まり!

トラック大国
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)