rank_bana_img
 
   soudankai_bana_img
 ※当ページでは筆者が実際に利用もしくは取材し良質と感じたサービスの広告を掲載

【初心者必見】これを読めば全てが分かる!中古車査定の基本ステップ

中古車査定
【コンテンツ監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)
           
    啓太

    もう使わなくなった車がある。

    新しい車に乗り換えたい。

    そんなことを思ったときに、初めに考えるのが今乗っている車を売ろうではないでしょうか。

    しかし、中古車の売却が初めてで何からすればいいのかわからない。

    そもそもどこへ行けばいいのか・・・。

    そんなお悩みを解決すべく、今回は中古車売却の初心者必見!の中古車査定の基本から少しでも高く買い取ってもらえる方法までをまとめて紹介していきます。

    「中古車査定」4つの方法

    中古車査定4つの方法

     

    まず最初に中古車を売るための方法を大きく4つお伝えします。

    【1】ディーラー下取り:中古車から新しく乗り換えるときには楽でとても便利だが、買取額に大きな期待はできない。

    【2】中古車買取店で査定を受ける:すぐに売却することはできるが場合によっては足元を見られ、本来より安い価格で買い叩かれる可能性がある。

    【3】車一括査定サービスを使う:車を高く売ることができる可能性は最も高いが、買取業者からの営業電話が鳴り止まないというデメリットがある。

    【4】個人間売買を利用する:中間マージンが発生しないため、中古車を高く売ることはできるが、トラブルになる可能性が高く、手続きも面倒。

    総合的に見て、利用したいのは「車一括査定サービス」です。デメリットも気になるところではありますが、それ以上にやはり最高額で売却できる可能性があるというのは嬉しいポイントです。

    ただし、必ずしも車一括査定サービスがおすすめかといとそうとも言い切れないのです。

    それでは、ここからより詳しくそれぞれの特徴をお伝えしていきます。

    方法①:手間がかからない分価格には期待できない「ディーラー下取り」

    おそらく、多くの人が車を売るとなってイメージするのがディーラーでの下取りではないでしょうか。

    新しい車に乗り換える際にはなおさら、下取りをしてもらうのが前提のようになっている場合がほとんどです。

    下取りとは、新車の購入金額から差し引かれ、残った金額が次の車の購入代金となる仕組みです。

    ディーラー下取りでの最大のポイントは手間がかからないことです。

    書類の用意や必要な手続きは全てディーラーがしてくれます。

    そのため、特に何も考えることなく車を売ることができるというわけです。

    また、メリットとして次の車(新車)が来るまでの間、今までどおり、売却予定の車に乗り続けることができます

    引取に関しても、新車の納車時に下取りする車のカギをディーラーに渡すだけのため、本当に簡単かつ楽に中古車を手放すことができます。

    そんなディーラー下取りですが、「査定価格が安くなりがち」というデメリットがあります。

    ディーラーは新車販売を主に行っているため、中古車の買取にはあまり力を入れていません。

    つまり、専門外と言えるというわけです。

    下取りで引き取った車は基本、業者間オークションに流されることになるため、オークション相場よりも低い金額を提示されてしまうのです。

    安心感重視で手間をかけたくない」という場合にはディーラー下取りはおすすめといえます。

    方法②:下取りよりは高く売れる!「中古車買取店」

    全国に支店があり、車を持ち込むことですぐに無料査定を受けることができます。(自宅に来てもらう出張査定をお願いすることもできます。)

    中古車買取店の最大のポイントは「中古車を売るまでの時間が短いこと」です。

    中古車買取店は、当然、中古車を買い取ることで利益を上げているため、少しでも早く買い取たいと思っています。

    もちろん、それを専門としているため、査定のポイントもしっかり把握しており、適正価格の算出にも期待ができます。

    また、大手の中古車買取店は自社で中古車販売をするところも多く、業者間オークションを通さず、直接中古車の販売をすることもできます。

    そのため、ディーラー下取りよりも高く売れる可能性が高いと言えるのです。

    ただし、中古車買取店に売却する場合のデメリットもあります。

    ディーラーでの下取りの場合、新車の納車と同じタイミングでそのまま車を引き取ってくれたのでとても楽でした。

    対して、中古車買取店の場合、新車の納車と引き取ってもらうタイミングはズレが生じてしまうため面倒が増えます。

    もちろん、中古車買取店には納車日に合わせて取りに来てもらうことも可能ではありますが、一時的に2台の車の駐車スペースが必要になり兼ねません。

    また、中古車買取店も商売ですので、安く買い取ることができればそれだけ、利益も上がり、できれば安く買い取りたいと考えます。

    つまり、あまり車に詳しくない、中古車の相場を掴んでいない相手には足元を見たかなり低い査定金額を提示することもあります。

    特に競争相手がいない場合、そういった低い金額を提示されがちなので、必ず数社で比較を行うことをおすすめします。

    そんな、「中古車買取店」ですが、「下取りよりは高く売りたいな」と思っているのならおすすめです。

    方法③:最高額で売れる可能性の高い「車一括査定サービス」

    車一括査定サービスを使っても最終的に車を売ることになるのは「中古車買取店」です。

    では、さっきと何が違うのか?と思いますよね。

    車一括査定サービスの特徴は「中古車買取店で普通に売るよりも車を高く売れる可能性が上がる」ということです。

    車一括査定サービスを利用すると高く売ることができるのには

    • 複数の中古車買取店の査定額を比較することができるから。
    • 各中古車買取店がライバル店に買い取られたくないため、足元を見た低い査定額を提示することができなくなるから。

    という理由が挙げられます。

    そのため、車一括査定サービスを利用すると車を高く売ることができる可能性が高く、利用の簡単で便利なのです。

    ただし、最初にお伝えしたとおり、依頼した中古車買取店から営業電話が鳴り止まないというデメリットがあります。

    車一括査定サービスの仕組み上、営業電話はある程度受け入れなければならないことにはなるのですが、対策方法もあるので後ほど詳しく説明します。

    買取金額重視で1円でも高く売りたいと考えているなら「車一括査定サービス」の活用は必須でしょう。

    方法④:業界に詳しくない限りおすすめしない「個人間売買」

    中古車は個人間で売買することも可能です。

    自分で車の所有権を移す名義変更を行うことになるのですが、必要書類を揃えたり、慣れない手続きをする必要があります。

    中古車売却に関わらず、何か取引をするときは間に仲介が入れば入るほど、その分手数料が発生します。

    手数料がかかる分だけ、どうしても査定額は低くなってしまうのです。

    しかし、個人間売買であれば、手数料なしで売却することが可能なため、「売る人は高く、買う人は安く」とウィンウィンで取引を行うことができます。

    ただし、個人間売買は仲介を挟まないのですから、全ての手続きを自分で行う必要があります。

    個人間売買はあくまでもお互いの信頼関係があってこそ成り立つ取引です。

    業界の人間であったり、中古車売却に関して知識が豊富ならいいかもしれませんが、初心者が行うにはリスクが大きく、トラブルになる可能性が高いため、正直おすすめはしません。

    迷ったらコレにしろ!「車一括査定サービス」

    迷ったら「車一括査定サービス」

    ここまで、中古車を売却するときどういった方法があるのか説明してきました。

    でも、実際に何を使うのが正解なのか迷う・・・。

    と思っているかもしれません。

    そんなときは車一括査定サービスを利用するのをおすすめします。

    なぜかというと、少しの手間で最高額での売却ができる可能性が高まるからです。

    多少のデメリットはありますが、打開策もあります。

    どうせ中古車を売るなら少しでも高く売るに超したことはありません。

    そこで、ここからは「車一括査定サービス」に着眼してより詳しく説明していこうと思います。

    2-1:「車一括査定サービス」の仕組み

    先ほど少し触れましたが、車一括査定サービスを使っても最終的に車を売ることになるのは「中古車買取店」です。

    であれば、車一括査定サービスを利用しなくとも、自分自身でいくつかの中古車買取店に査定依頼をすればいいのでは?と思いませんでしたか。

    確かに、そうすればデメリットと言われる鳴り止まない営業電話がかかってくる心配もありません。

    ただし、その分、自分で買取店を調べて、その度に1から申込みを行って、と手間と時間が何倍もかかってしまいます。

    そうなると、やはり「車一括査定サービス」が魅力的です。

    車一括査定サービスについて詳しく説明をしていく前に、まずはその仕組みについてお話します。

    というのも、この仕組みが車一括査定サービスのデメリットに大きく関係しているのです。

    「車一括査定サービス」の仕組み

    車一括査定サービスでは、サイトに入力された個人情報と車両情報を、サイトの運営会社が提携する中古車買取店に情報提供することで収益をあげています。

    つまり、車一括査定サービスのサイトと提携している中古車買取店は、申込み者の車両情報と個人情報を車一括査定サービスサイトから購入していることになります。

    中古車買取業者の立場で言うと、申込み者と電話をし、営業活動をして、実際に車の買取をすることができなければ、情報を購入するためにかかったコストが無駄になるということです。

    そのため、中古車買取店はそのコストをどうにか回収しようと躍起になります。

    さらに、車一括査定サービスのサイトから車両情報や個人情報を購入する中古車買取店は他にも多数あり、その全てが競合するライバルとなるため、積極的な営業活動をすることになるのです。

    そのうえ、中古車買取店感間では、情報共有がされていません。

    そのため、既に車の売却が完了していても、違う中古車買取店から営業電話がかかってくるなどの状況も生まれます。

    車一括査定サービスは申込みが手軽な反面、申込み後の負荷が高いというのはこの仕組み上、納得せざるを得ないとも言えます。

    2-2:「車一括査定サービス」のメリットとデメリット

    まずは車一括査定サービスのメリットについて見ていきましょう。

    メリット
    • 1度の申込みだけで複数の中古車買取店に査定の依頼をすることができる。
    • 複数の査定額から最高額の買取価格を提示した中古車買取店を選択することができる。
    • 特別なことは何もしなくとも自動的に価格競争を起こすことができ、結果的に高額での売却ができる。

    車一括査定サービスのメリットは何といっても、一度の情報入力で複数の中古車買取店に依頼できることです。

    査定の申込みには、個人情報と車種情報の入力が必要です。

    1回の申込みに、さほど時間がかかるものではありませんが、中古車買取店1つ1つに申込みの入力を行うとなると大変な手間になります。

    提携している中古車買取店が豊富なサイトであれば、住んでいる地域ではあまり需要のないような車種であっても、他の地域で人気があるなど、様々な理由で高く売却する可能性がでてきます。

    また、短期間で複数の中古車買取店の見積りが集まるため、買取提示条件を比較しやすいのもメリットです。

    何度もお伝えしているとおり、1社のみの見積り金額、査定額で売却を決定してしまうと、市場での適正価格が分からないまま、場合によっては足元を見られた低い金額での売却に至ることがあります。

    複数の中古車買取店の見積り金額を並べてみるだけでも、自分の車の相場が分かるようになります。

    さらに、車一括査定サービスを利用しての申込みであれば、複数の中古車買取店に見積りの依頼をしているということが想定できるため、競争心理を働かせることができ、なるべくいい条件を提示してもらえる可能性が高まります。

    このように、買取提示条件を比較してできるだけ高く売りたいと思っている場合は車一括査定サービスは有効な方法と言えます。

    次にデメリットを見てみます。

    これからお伝えするデメリットは事前に把握しているのといないのとではトラブルに巻き込まれる確率も変わるので必見です。

    デメリット
    • 申込み後に大量の電話がかかってくる。
    • 中古車を買取するための営業が強引でしつこい
    • 地域によっては複数の中古車買取店を選択できない場合がある。
    • 個人情報が必要で他のサービスのDMや電話勧誘がある。

    車一括査定サービスに申込みをすると昼夜問わず、中古車買取店からたくさんの営業電話がかかってきます

    サイトによって提携数の数が異なったり、査定依頼のできる数に違いがありますが、その数が多ければ多いほど、申込みを行ったあとの着信の数がかなりの量になります。

    具体的には、スマートフォンの着信履歴が全て中古車買取店の査定依頼の電話で埋まってしまうと思うといいでしょう。

    実際に電話がかかってくる業者の数は50社もないですが、初めの着信に出て対応している間に10社以上の留守電が入るイメージです。

    30分~2時間くらいは電話が鳴りっぱなしです。

    また、1つ前の「仕組み」でもお話しましたが、中古車買取店は、コスト回収のために何としても自社で中古車を買取しようと営業が強引になりがちで、さらに、査定員は会社から月の買取ノルマ台数を課せられているため、必死な人が多いのです。

    中には出張査定員がなかなか帰ってくれないなどの実体験もいくつか見られました。

    そして、車一括査定サービスは個人情報や車種情報を入力することになります。

    中古車買取店に実際に査定をしてもらわなければならないため、情報が必要なのは仕方のないことです。

    しかし、車一括査定を利用したら数か月後にウォーターサーバーやインターネット、保管の勧誘の電話がかかってくるという被害も多発しているようで、個人情報に関してはサイトによって安全性が保たれていないこともあるようです。

    「地域によっては複数の中古車買取店に査定の依頼をすることのできない」というデメリットに関しては、そうなってしまうと車一括査定サービスのせっかくのメリットがなくなってしまい、利用価値がないも同然になります。

    2-3:デメリットがあっても利用したい「車一括査定サービス」

    デメリットをいくつか挙げてきて、あまり利用はしたくないな。と思っていませんか?

    私も、最初、電話がたくさんかかってくるのはちょっと…

    とあまりいい印象はありませんでした。

    しかし、車一括査定サービスのデメリットは少し工夫するだけできちんと対策することができます

    そうすると、いいことづくしの中古車査定方法と言えるので、ぜひ試してみて下さい。

    しつこい営業電話

    車一括査サービスを使う際、ほとんどのサイトで中古車買取店を10社ほど選定することができます。

    できるだけ多くの中古車買取店に査定を依頼した方がたくさんの査定金額を比較することができ、一見良いように感じますが、多くの中古車買取店に査定の依頼をするということはそれだけ査定日を調整するための電話がかかってくることになります。

    そのため、最初に依頼する中古車買取店を絞ってしまうと、その分電話も減るという策です。

    おすすめは、特徴の異なる中古車買取店3社から5社ほどがいいでしょう。

    強引な買取営業

    日本人は特に押しに弱い人が多く、弱気でいると、そこに漬け込まれ、強引に契約に持ち込まれてしまいます。

    査定額に納得できないのであれば、はっきり断りましょう

    万が一、押しに負けてしまい、契約をしてしまった場合は、一刻も早くキャンセルの連絡をしましょう。

    基本的に売買契約書というのは、中古車買取店側に有利なように書いてあります。

    そのため、キャンセル費用を求められるケースが多いため、売る意思がないのであれば少しでも早くキャンセルの電話をしましょう

    良識のあるキャンセル日時であれば、キャンセル料を支払う必要がなくなることもあります。

    他サービスの勧誘

    個人情報の漏洩に関しては、プライバシーマーク(Pマーク)ISO27001を取得しているかどうかを確認するようにしましょう。

    プライバシーマーク制度は、日本産業規格「JISQ15001個人情報マネジメントシステム-要求事項」に適合しており、個人情報の管理などを厳しく審査された企業にのみ付与されているものです。

    このマークがある場合は比較的安心して利用することができます。

    地域によっては複数社選択できない

    車一括査定サービスはサイトによって、提携している中古車買取店の数が異なります。

    つまり、提携している中古車買取店が多い車一括査定サービスのサイトを利用すれば、1社でも多く、査定依頼できる中古車買取店にヒットする可能性が増えるというわけです。

    そこでおすすめになるのがカーセンサーという車一括査定サービスサイトです。

    「カーセンサー」は業界最多の1000社以上の中古車買取店と提携をしています。

    そのため、大手の買取店から街の中古車屋さんなど幅広く、査定の依頼ができます。

    2-4:「車一括査定サービス」を利用するなら【圧倒的No.1】カーセンサー

    デメリットの対策方法も分かって、これなら「車一括査定サービス」を利用することができそうです。

    ですが、この「車一括査定サービス」を行っているサイトはいくつかあり、一体どれを使えば最も良いのか初めてなら余計に分かりません。

    仕組みそのものに大きな違いはありませんが、先ほどお伝えしたように、提携している中古車買取店の数の違いが大きなポイントになります。

    そこでおすすめしたいのがカーセンサーです。

    カーセンサー

    査定数

    登録時間

    登録業社

    最大30社

    90秒〜180秒

    1500

    業者の選択

    メールでの対応

    概算価格

    可能

    あり

    なし

    こんな車種におすすめ

    国産車、外国車、事故車・廃車、トラック

    関連ページ

    カーセンサーの概要を簡単にまとめてみました。

    カーセンサーが提供している車一括査定サービスでは

    • メールなどの連絡方法の指定
    • 連絡時間の指定

    ができます。

    何度もお伝えしているとおり、車一括査定サービスには「申込み後に車買取店からのしつこい営業電話がくる」というデメリットがあります。

    その営業電話をある程度防ぐことができるのがカーセンサーの特徴です。

    また、カーセンサーの車一括査定サービスは「他社サービスと比較して圧倒的に中古車買取店の提携業者数が多い」というのが1番の強みになります。

    提携業者数が多いということはつまり、大手~町の中古車屋さんまで幅広く依頼することができ、その分高額で売れる可能性が高くなるということです。

    車一括査定サービスを利用する1番の目的はやはり「少しでも高く売りたい」というものだと思います。

    そのため、少しでも高く売れる可能性があるカーセンサーに依頼するのが1番のおすすめです。

    「車一括査定サービス」に関してはより詳しくまとめているものがあるので、合わせて見てみてください。

    知って得する「中古車査定」のポイント解明

    「中古車査定」ポイント解明

    ここまで「中古車査定」とは何なのか、解説してきました。

    でも、いざ中古車を売却することになったとき、どういった基準で査定額が決まるのか。少しでも高く売却するにはどうしたらいいのか。というのが1番気になるポイントなのではないでしょうか。

    ここからは「中古車査定」のポイントを解説していきます。

    3-1:「中古車査定」チェックされるポイントは4つ

    中古車の査定でチェックされるポイントは大きく分けると

    査定基準4つのポイント
    • 基本情報
    • 外装
    • 内装 / エンジンルーム
    • 付属品

    の4つです。

    最も金額に影響するのは「基本情報」です。

    車種によって査定額が変わるのはもちろん、同じ車でも年式走行距離によって査定額は変わります。

    また、当然ながらボディ全体にキズへこみがないかどうかといった「外装」も必ずチェックされ、キズの大きさによってはガクンと査定額が落ちてしまうことになります。

    後から取り付けることの難しい純正オプションもあるのとないのとでは査定額は全然違う結果になるでしょう。

    中古車査定受けるときのポイントについて詳しく知りたい場合は

    をご覧ください。

    3-2:「中古車査定」事前にやるべき3つのコツ

    売却を決めて、何も準備をしないまま査定に出してしまうのはあまりにももったいないです。

    高額での買取をしてもらうには3つのコツがあります。

    高額査定3つのコツ
    • 売却する車の買取相場を知る
    • 可能であれば洗車・車内清掃で車をある程度綺麗にしておく
    • 必要書類を準備しておく

    最初にするべきことは「売却する車の買取相場を知ること」です。

    自分が売る車の買取相場を知っていなければ、中古車買取店側の言い値で売ってしまうことになりかねません。

    相場を知っているかどうかは、中古車買取店との交渉を有利に進めていく上ではとても大切なポイントです。

    車の掃除は直接的に査定額に影響するとは言い切れないのですが、査定士に良い印象を持ってもらうという面では効果絶大です。

    そのため、軽い掃除や洗車はしておくことをおすすめします。

    また、必要となる書類を事前に準備しておくのもコツの1つです。

    中古車売却時には必要となる書類が多数存在し、査定時には必ず確認されます。

    前もって用意されていると、売却をスムーズに行えるといった買取店側のメリットから高評価が期待できます。

    中古車査定前の準備や高額買取の豆知識について詳しく知りたい場合は

    をご覧ください。

    3-3:「中古車査定」で注意してほしい3つのこと

    中古車査定を依頼する前に、気をつけておきたい注意点を事前に頭にいれておけると安心です。

    特に重要となる3つを紹介します。

    3つの注意点
    • 必ず2社以上の中古車買取店に査定を依頼する
    • 査定額に納得のいかない場合ははっきり断る
    • 売却をきめたのなら早めに査定に出す

    1社のみで売却を決めてしまうと、他でもっと高く買い取ってくれる買取店があったときに損をしてしまいます。

    複数の中古車買取店に査定を依頼することにより、自分の車の具体的な相場が分かるだけでなく、他社とのサービスや対応の違いも比較することができます。

    ただし、複数の買取店に査定をしてもらうということは最終的に依頼する買取店以外には断らなければならなくなります。

    日本人は押しに弱く断りづらいと思うこともあるかもしれませんが、少しでも高い金額で買い取ってもらうためにも、金額に納得ができないのであれば、何を言われたとしてもはっきり断るようにしましょう。

    また、車の価値は基本的に時間が経てば経つほど落ちるものです。

    売却を考えているのであれば、いつまでも迷っているのではなく、早めに売却を決めた方が結果的に高く売れることになります。

    3-4:「中古車査定」一連の流れ

    ここでは1番おすすめの「車一括査定サービス」を利用した場合の流れを紹介します。

    step1:インターネット上から査定を依頼

    【画像はカーセンサーの場合】

    カーセンサー手順①

    気になる中古車買取店を選択して査定を依頼します。

    カーセンサー手順⑦

    カーセンサー.net簡単ネット査定
    step2:中古車買取店から連絡がくる

    紹介した「カーセンサー」であればメールでの連絡を希望するとメールでの対応になりますが、一般的には電話がかかってきます。

    電話では現在の車の状態や売却するにあたり必要となる情報を聞かれることになるので事前にまとめておくといいでしょう。

    そのまま、出張査定のスケジュール調整をすることも多いです。

    step3:出張査定

    依頼した中古車買取店の担当者が自宅まで訪問し、査定を行ってくれます。

    30分~1時間程度で済むところが多く、そんなに時間がかかるわけではありません。

    査定額アップのためのアピールポイントがあればここでしっかり伝えておきましょう。

    step4:査定額の提示

    出張査定に来てくれた担当者がデータなどを確認しながら相場を出してくれます。

    ただし、必ずしも提示された金額で了承しなければならないわけではないので、交渉を行ったり、他社と比較するために一時保留にすることもできます。

    検討は慎重に行い、納得のできる価格で売却を決定しましょう。

    まとめ

    車売却初心者でも分かる「中古車査定」の全てを説明してきました。

    車の売却方法は大きく4つに分けることができ、少しでも高く売りたいのであれば車一括査定サービスの利用がおすすめです。

    中でも、カーセンサーは、中古車買取店の提携業者数が圧倒的に多く、より高額売却が狙えることと、車一括査定サービスの最大のデメリットといえる、「申込み後の勧誘」を最小限に抑えることができることから1番おすすめです。

    専門的な知識がなくとも中古車を高い値段で売却することは可能です。

    今回紹介した内容を参考にしながら、慎重に売却しましょう。

    目次へ

    GO