rank_bana_img
 
   soudankai_bana_img

トヨタ ヴィッツの高値買取・高査定のコツと相場について

ヴィッツ
       
たかまさ
Follow me

ヴィッツの概要と特徴・魅力、買取り相場

ヴィッツ
ヴィッツは比較的に評価の高いトヨタ車と言うことができます。

乗り心地も良く利便性と安全性の高いコンパクトカーとして世界中で人気の車種です。それゆえ、ヴィッツの認知度は高まり、1999年の発売から2017年のマイナーチェンジされましたが、男女問わず好まれるそのデザイン性及びカラーバリエーションと機能性からも注目されました。

また、その人気の高さと低走行タイプということで、高年式になればなるほど高価格で取り引きされ、買取り相場も安定しています。

車買取の実録記事
筆者が「埼玉県」で車一括査(カーセンサー)を活用した実際の記録です。
筆者が車一括査定を使ってみた!

8社の査定実録!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた

ヴィッツの購入者(ユーザー層)の特徴

ヴィッツを求めるあるいは愛用しているユーザーは、業界ジャンル問わず広範囲です。
車内は広々としていますが、外観はコンパクトですし小回りもきくので買い物などちょっとしたお出かけに気軽に利用できます。

また、燃費は良好で安全性が高いので社用車として使用する場合もあります。更に、車体が低いので、足腰に負担なく乗り降り可能なので年齢を重ねた方にも適しています。外観もどちらかといえば可愛らしくカラーバリエーションもあるので若い女性を中心に大変人気です。

ヴィッツの高価買取りのコツと注意点

やはり走行距離が重要

ヴィッツのみならず車の売却をする際には、走行距離が5万キロ以下での取り引きがおすすめです。その理由は、日本の廃車基準が10万キロのためそれに近くなるほど査定は低くなります。

したがって、5万キロ以下の方が当然良いのです。加えて車両の特徴である安全性が重視されるので、カスタムしている場合は購入時の純正な形に戻すことも重要です。
例えば、サスペンションやマフラーを取り替えている場合等は元の状態に戻します。

最新モデルは早めに!

頻繁にモデルチェンジを行ってきたわけではないヴィッツですが、やはり最新モデルは高価買取されやすいです。つまり、新モデルが出る前の売却が良いとされます。
そして、2代目のヴィッツはすでに10年落ち以上になりますのでかなり買取価格は下がっています。

しかしながら、日本国内では低価格であっても、まだまだ海外でのニーズは高いです。したがって、海外との取引のある買取業者を視野に入れて見積もりの比較検討をおすすめします。

人気記事!車一括査定のリアル
筆者のアコードハイブリッドを車一括査定で売却した全記録
アコードを一括査定してみた
衝撃の結果が…

業界最大手の査定が最下位に!

車の一括査定をやってみた

ヴィッツの買取り額を高くするポイント

ヴィッツの様な人気車種は、多くの買取業者が買い取りを希望しています。しかし、どこの業者も利益を出すために相場よりも低めに見積もりを出してくることが多いです。

当然ながら、売却の際には何社かの査定を受けて比較の上で好条件の所に決めると思います。そこで、相場以下の見積もりが出されないためには、「相見積もり」である事をしっかり伝える事がポイントになります。人気のヴィッツであれば、他社より少し高く買い取ってもそれ以上での売却可能性が見込まれるためです。


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)