トヨタプロボックスバンの高値買取・査定のポイントと相場について

トヨタプロボックスバン
       
たかまさ
Follow me

トヨタプロボックスバンの概要と特徴・魅力と買取り相場について

トヨタプロボックスバン
トヨタプロボックスバンはトヨタ自動車が製造するライトバン型のステーションワゴンで、2013年10月11日にワゴンモデルの販売を終了しましたが、バンモデルはこれまで通り継続販売しています。

バンとしての使い勝手を伸ばすため、専用設計を用いて開発されたモデルです。貨物車バンをメイングレードとしているので使い勝手が良いのが特徴で、無用な加飾の排除による徹底したコストダウンにより多くの層に買いやすい値段なのが魅力のバンです。

事業用としての人気が高く、買取り相場は安定しています。

トヨタプロボックスバンの購入者(ユーザー層)の特徴

バンなので購入者のほとんどは、事業者や貨物の輸送を目的とした層です。ただし一部には、大家族のファミリー層などが含まれます。その他にはゴルフや釣りやスキー、サーフィンやテントなど大きな道具を載せるための貨物車が必要な、アウトドアが好きな層がユーザーの主流です。

アウトドア派が購入するのを見越して、メーカーも車両内への水や汚れの浸入を防ぐスノーレジャー用フロアマットや、ラゲージ内の荷物のズレや荷くずれを防止するラゲージルームネットなどを用意しています。

トヨタプロボックスバンの高価買取りのコツと注意点

売却時期の見極め

車を買い取ってもらうには、高額で査定してもらえる時期というものがあります。トヨタプロボックスバンのモデルチェンジの時期と、年度末の3月やボーナス後の9月などはオークション相場が上がりやすいため車が高く売れやすい時期です。

この時期は在庫がなくなりがちなので、仕入れを増やすため多少の条件を飲んででも高額でも引き取ってもらいやすくなります。車両を買い取ってもらうには、3月や9月に査定に出すのが高値査定のコツです。

内外装の適切な管理

高値査定してもうには、外装と内装をきれいにしておくことが大切です。加えてトヨタプロボックスバンの純正パーツやサンルーフや自動ブレーキ、エアバッグや電動スライドドアやナビ及びETCなどの付属品をきちんと整備しておくと高額で買い取ってもらえます。

バッグモニターやレザーシートなどが正常に動作するかどうか確認し、ホイールやマフラーなどを社外品パーツにした場合は、純正品に戻しておくなどの細かい気配りも必要です。

トヨタプロボックスバンの買取り額を高くするポイント

トヨタプロボックスバンを買いたいという層に向けて売買するわけなので、当車両を欲しがる事業主や一部のファミリー層、アウトドア派が欲しいと思うアクセサリーや付属品を純正品で揃えておくのが買取り額を高くするポイントです。

高額で買い取りされやすい時期を狙い、汚れが目立ちやすいセンタートレイのドリンクホルダーを清潔にしておいたり、LED照明などがきちんと点灯するかなど整備面に気を配っておくことが高値査定につながります。”


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)