おすすめ一括査定サイトランキングへ

日産シルビアの高値買取・査定のポイントと相場について

シルビアの買取相場
       
たかまさ
Follow me

日産 シルビアの概要と特徴・魅力と買取相場について

日産 シルビア
日産のシルビアといっても、複数の車種があって種類ごとに特徴には違いが見られます。
例えばS13という車種の場合には、スポーツカーの役割を担っていてスタイリッシュな見た目が人気を集めました。

一方のS14は、ボディサイズを大きくしたことで、発売当時には大きすぎると不評な面もあったものの、独特のサイズ感が再評価されることもあります。
またS15は、日本車離れしたきれいなシルエットが話題になるなど、同じ日産のシルビアでもさまざまな評価が見られます。

そのためシルビアとひとくくりにして考えていくのではなく、自分がどのような車が欲しいのかという点から特徴や魅力を考えていきましょう。
時代に合った車種を生み出しているのがシルビアの特徴という点を押さえておくことも必要です。

ひと世代前のスポーツカーであり、買取相場は、車両の程度によってかなり異なります。

日産 シルビアの購入者(ユーザー層)の特徴

日産のシルビアを購入する層は、30代~40代の車好き、もしくは海外のスポーツカーファンなどが多くなっています。当時は流行らなかった見た目のものもあるものの、時代の流れによって再評価されてコアなファンに人気を集めているケースも見られます。

比較的お金に余裕がある層が、見た目にこだわったシルビアを探す場合が多いという点も押さえておきましょう。

また購入層の特徴には、情報を集めている方が多いという特徴もあげられます。すでに生産が終了している車種なので、自分で情報を集める方でなければたどり着けないため、車好きで情報を集めている方に注目されているのがシルビアの特徴です。

日産 シルビアの査定は車一括査定が断然お得!

コアなファンに人気がある日産のシルビアを少しでも高く買い取ってもらうなら、査定金額を比較することも大切です。
そこで複数の業者の最低額を一度に比較するために、車一括査定を利用するのも1つの手です。

車一括査定は、一度情報を入力するだけで、複数の業者の査定額が一度にわかるというメリットがあげられます。
少しでも高く買い取ってくれる可能性が高いところを探しやすくなるので、業者が選びやすくなるのも車一括査定を利用するメリットの1つです。

日産 シルビアの高価買取りのコツと注意点

シルビアの査定額を少しでも高くしたいなら、どのような時期に売却するかもポイントの1つです。

例えば中古車を扱う業者が車を仕入れたい時期に売ることで、売却価格が高くなる傾向が見られます。人々が車を買い替える3月~4月に向けて、売却したいときには1月~2月はほかの時期よりも買取価格が高い場合が多くなります。
ただし車検を通っていても、査定額にはほとんど影響はありません。車検が迫っているなら、時期にこだわらずに売ってしまうのも1つの手です。

また少しでも高く売るためには、メンテナンスを実施して整備記録を残すことも大切です。
整備がしっかりしてある車だと証明できれば、買取時の評価があがります。
そして見た目の印象も大切なポイントの1つです。売る前には車内の掃除や洗車を実施して、少しでも良い印象を持ってもらったうえで売却できるようにしましょう。

日産 シルビアの買取り額を高くするポイント

生産が終了している日産のシルビアですが、見た目のカッコよさなどが理由で車好きのコアなファンから人気があります。
人気がある購入層がいることで、古い車種でも買取を利用することで高値で買い取ってもらえるチャンスがあります。少しでも高く売るためには、車の一括査定を利用しましょう。

一括査定を利用することで、高く買い取ってもらえる可能性が高い業者を中心に交渉できます。また少しでも高く売るために、買取業者が車を仕入れたい1月~2月を狙って売るという方法もあります。事前に掃除や洗車をして、見た目の第一印象で損をしないようにすることも大切です。

車種別・車の状態別で高く買取ってもらえる一括査定システムを探す!

最後に、売却を予定する車種(普通車・商用車・トラック・バスなど)車の状態(事故車・不動車・廃車など)に応じて、高く買取ってもらえる「車一括査定システム」をその場で確認できる仕組みをご紹介します。

車 一括査定 シミュレーション
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック王国」で決まり!

トラック大国
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)