ダイハツ・ハイゼットトラックの買取り・査定相場は?高く売るコツ

ダイハツ・ハイゼットトラック
       
たかまさ
Follow me
たかまさ
Follow me

車査定アナライザー



たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。
カーセンサー

たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック王国」で決まり!
トラック大国

たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。
カーネクスト

ハイゼットトラックの概要と特徴・魅力と買取り相場

ハイゼットトラック
ダイハツのハイゼットトラックといえば60年以上にもわたり、軽貨物車の市場で高い人気を維持し続けている、ロングセラー車として知られます。その大きな理由として、女性にも受け入れられやすい、様々な魅力があるからです。

例えばカラーバリエーションの豊富さもその1つ。ライトローズマイカメタリックのようなパステル調のカラーも取りそろえ、これまで男性中心だった軽トラックのイメージを一新しています。
この他にもビューティパックのように、女性向けのメーカーオプションも充実します。もちろん耐久性や積載性も抜群。例えば20リットルのポリタンクであれば、約40個も積み込むことが可能です。

また、買取り相場については比較的に安定しているので、ボディーの劣化で高低が決まりそうです。

ハイゼットトラックの購入者(ユーザー層)の特徴

耐久性や積載性に優れたハイゼットトラックは、農業をはじめ建設や土木あるいは営業に至るまで、幅広いシーンで活躍しています。
これらの業務に従事しているユーザー層を中心に、長年にわたり人気を博してきた、軽トラックの代表格と言えます。

また前述したように、女性のユーザー層が親しみやすいのも、このハイゼットトラックの特徴です。さらに日本国内だけでなく、アジアやヨーロッパなど海外でもユーザーが多く、世界中で人気の高いモデルとして知られます。

ハイゼットトラックの高価買取りのコツと注意点

ボディーの劣化に注意

ハードな現場で活躍するシーンの多いハイゼットトラックは、耐久性に優れているとはいえ、その用途の広さから、何かとダメージを受けやすい車両とも言えます。

例えば外観のキズや塗装の剥げ、あるいは凹みなどは典型的なもの。特に荷台は酷使しやすいゾーンなので、見た目のダメージも目立ちます。
査定では、当然このような部分もチェックされます。高値の査定を希望するならば、普段の洗車はもちろん、外観のトラブルにも注意を払い、必要であればプロの業者へメンテナンスの依頼をすることが大切です。

海外でも人気

ハイゼットトラックは日本国内だけでなく、アジアやヨーロッパなど海外でも人気の高い車種です。このため中古市場でもニーズが高く、多少は年式が古くて走行距離が増えた車両でも、比較的高めの価格で買い取られるケースが目立ちます。

ただし高値査定を希望するならば、良好なコンディションに加え、オプションの充実度も見逃せません。例えばUVカットのガラスであったり、バニティミラーを装備したサンバイザーがあるなど、オプションの多さで高値査定を狙うのも、ひとつのコツと言えます。

ハイゼットトラックの買取り額を高くするポイント

ダイハツのハイゼットトラックは耐久性や積載性に優れる上、女性のユーザーにも親しみやすい、魅力あふれる機能やデザインそしてオプションが充実します。

買取り価格を高くしたいなら、このようなハイゼットトラックの特性を十分に活かすことが大切です。もちろん目に見える外観だけでなく、日頃は目に触れないような車体内部のコンディションまで、良好に保つことも忘れてはなりません。

車検の時期に限らず、普段からこまめにチェックし、少しでも異常があれば、速やかにメンテナンスをすることが求められます。


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)