おすすめ一括査定サイトランキングへ

セルシオの高値買取・査定のポイントと相場について

セルシオの買取相場
       
たかまさ
Follow me

セルシオの概要と特徴・魅力と買取相場について

セルシオ
トヨタセルシオは1989年~2006年に販売されていた高級セダン車であり、北米市場ではレクサスがブランド化され販売されておりレクサスLSとして市場に流通されていました。

初代セルシオはトヨタが生産するカムリ・プロミネントを大型化したようなデザインだと、大型ボディに大型エンジンを搭載したラグジュアリーなVIP車として誕生しており、当時高級車現象を起こしていたライバル車の高級セダンに対抗すべき国内販売されました。

全長が5mを超える大型セダンであり、内装デザインは高級ホテルの客室を参考にシートはブリティッシュ・エアウェイズと日本航空のファーストクラス用シートを参考にしていた特徴を持ちます。高級セダンでありながらも力強い走りと、余裕のある加速を体感出来るなど、エンジン性能や走行性能はかなり評価が高く高い魅力の一つとなっています。

基本的な作りがしっかりした高級車であるため、想像以上に買取り相場も堅調です。

セルシオの購入者(ユーザー層)の特徴

トヨタセルシオは1989年代から2006年まで高級セダン車として一世を風靡した車両で、当時憧れだったセダン車を購入したいという気持ちを持つ50代以上のベテランドライバーを中心に、歴代のセルシオファンが購入者という特徴を持ちます。

トヨタセルシオは長年大切に乗り続けてきた愛好家も多く、生産終了後でも車が中古市場で見られる機会も多いです。
特にセルシオの最新にあたる3代目は市場での人気が高く、20代~30代のカーマニアからはカスタム用車両としての需要も高い傾向にあるので、比較的若い世代の購入者も増えてきている傾向にあります。

セルシオの査定は車一括査定が断然お得!

トヨタセルシオの車両買取は、メーカーディーラーで下取りをしてもらう方法もありますが、少しでもお得に買取をしてもらいたいならば車一括査定を利用することがおすすめです。

中古車買取専門店に依頼をする方法もありますが、車一括査定サイトを利用すればメーカーと車種、年代や走行距離を入力するだけで一度に5社~10社を同時に比較することが可能です。

手間がかからない上に多くの参考価格を知ることが出来るので、1番高額査定をした買取専門店に買取をしてもらうこと出来るメリットを持ちます。

セルシオの高価買取りのコツと注意点

高額査定のコツとしては、セルシオは既に生産終了をしているため時間と共に価値が下がっていきます。
そのためとにかく早く行動して売ることが重要になります。走行距離が短く、車両のコンディションが良いものであれば買取価格が高くなるため定期的にメンテナンスを行い、状態を良好に保つようにしましょう。

また汎用品が装備された車は買取額が低くなる傾向にあるので、自分が所有している間にカスタマイズをしたならば、査定に出す前に純正パーツに戻しておくことが大切です。特にセルシオはカスタムベースとして人気が高いのでその要素があることをアピールしておくことが得策です。

一見して細かい傷も査定に響いて買取価格が下がる要因に繋がるため、簡単に直せる程度の傷なら修理しておくことや、洗車や清掃を行っておくことも重要なポイントです。

セルシオの買取り額を高くするポイント

トヨタセルシオは高級セダンの代名詞として、日本でも一世を風靡した人気車両です。現在はその位置をレクサスが継いでいますが、生産終了後もセルシオファンが多く存在しているため、中古車市場では最新の3代目が高値で取引されることも少なくありません。

ただし古い車両であるため、少しでも買取額を高くするポイントをしっかり押さえておく必要があります。

車の走行距離やコンディションはもちろん、カスタムベースとして人気が高いことからカスタマイズをして利用していたなら、純正パーツに戻すことが重要です。他にも細かな傷や汚れは査定前に修理や洗車をしてメンテナンスをしておくようにしましょう。

車種別・車の状態別で高く買取ってもらえる一括査定システムを探す!

最後に、売却を予定する車種(普通車・商用車・トラック・バスなど)車の状態(事故車・不動車・廃車など)に応じて、高く買取ってもらえる「車一括査定システム」をその場で確認できる仕組みをご紹介します。

車 一括査定 シミュレーション
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック王国」で決まり!

トラック大国
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)