メルセデス・ベンツ Gクラスの高値買取・査定のポイントと相場

ベンツGクラス
       
たかまさ
Follow me

ベンツ Gクラスの概要と特徴・魅力と買取相場について

ベンツ Gクラス
当車両は軍用車両にルーツを持つのが特徴で、そこから民生用に派生して一般向けに販売が行われています。最初のモデルは1979年の登場と歴史が古く、現行の3代目を含めると約40年もの歴史があります。

何度かモデルチェンジが行われているものの、デザインに関する基本的な部分は、完成されている初代の魅力を受け継ぎます。走行性能やインテリアと装備については、時代やニーズの変化に合わせて柔軟に変更されています。

近年は買取相場が上昇傾向で、高級車のイメージが強まりつつあります。

ベンツ Gクラスの購入者(ユーザー層)の特徴

当車両は軍用車両の流れを汲むデザインや造りで、質実剛健を思わせるボディや、どのような環境でも走る信頼性を求めるユーザー層に人気です。流行を追い掛けるよりも、お気に入りの1台を長く乗り続けたい、そんなユーザー層が購入を決めています。

価格帯が高いことから、分かり人が気軽に手にできる車両ではないので、必然的に購入者は上の世代に集中します。
また、子供の頃からメーカーに憧れてを抱いていて、経済的に余裕が生まれたことから購入したというユーザーも少なくないと考えられます。”

ベンツ Gクラスの高価買取りのコツと注意点

一括査定が合理的

当車両の高値査定は、専門店に依頼して評価してもらうのが1つの手です。人気のメーカーのファンが多いモデルですから、専門的に扱うお店で査定を受けるのは合理的です。ただ、専門店だから査定価格を適正だと思ったり、ベストな評価と思い込まないことに注意が必要です。

査定に絶対というものはなく、やはり人が車両を評価する以上、お店ごとにばらつきが出てしまいます。複数のお店で査定してもらえば、相対的にどのお店がつける価格が高いかが分かります。

こうした観点から、合理的なのが一括査定といえるでしょう。

モデルチェンジと走行距離に注意

当車両を高値査定で手放したいなら、新しいモデルを新車に近い状態で査定してもらうことです。性能が進化したり改善が行われるモデルチェンジは、それまでの現行車を旧式にしてしまいます。

モデルチェンジの内容によっては、旧式の方が魅力的で人気が出ることもありますが、当車両は順当に新しいものほど人気が集まります。その為、モデルチェンジの噂が出たら早めに査定を受けたり、走行距離が短いタイミングで手放すのを検討するのが良いでしょう。

ベンツ Gクラスの買取り額を高くするポイント

当車両の買取り額を高くするには、専門店を含めた複数店での査定と、相対的な比較や査定を受けるタイミングがポイントになります。一般的な買取店でも、査定を受けることはできますが、適正な評価が行えるかという懸念が生じます。

それは専門店にも当てはまるポイントですから、改めて複数のお店で査定してもらうのが正解だといえます。

一方で査定のタイミングとしては、現行車が旧式になって評価が下がる前が狙い目です。あまり乗る機会がなく、何時手放すかと悩んでいる場合は、1日でも早く査定を受けるのが賢明です。


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)