日産 モコの高値買取・査定のポイントと相場について

日産モコ
       
たかまさ
Follow me

日産モコの概要と特徴・魅力と買取り相場について

日産モコ
モコは、2002年4月に誕生した軽ハイトワゴンです。当初は「若いアクティブなママのベストパートナー」といったテーマで販売され、広い室内空間と軽快でフットワークの良い走行性能によってすぐに高い人気を得た車種でもあります。

長い歴史の中でいくつかのモデルチェンジが行われていますが、デザインに関する大きな変更点はなく、燃費や走行性能面でのグレードアップが常に進められてきました。モコモコという擬態語から由来したモコの名前もずっと使われ続けていましたが、2016年5月に販売が終了しています。

台数が多いので買取り相場は安定しているものの、新型の販売がないことから徐々に下降気味です。

日産モコの購入者(ユーザー層)の特徴

基本となるコンセプトも影響しているのでしょうが、購入者の大半が女性ユーザーというハッキリとした特徴があります。しかしファミリーカーとしても人気を集めていたため、小さな子を持つお父さんたちからも一定の需要がありました。

また走行性能が高い軽自動車ということで、日頃運転し慣れていない人からも人気が高いです。初めての車にモコを選ぶ人もおり、幅広い世代から安定して求められていた実績が目立ちます。新車の流通がなくなった現在も、それは変わっていません。

日産モコの高価買取りのコツと注意点

モコが3代目が人気

モコは歴代で3つのモデルが存在し、中でも最も新しい3代目は今も根強い人気があります。ですから最も高く手放せる車両となると、この3代目が筆頭候補と言えるでしょう。

一方で初代と2代目に関しては相応の値落ちが既に起きており、走行距離が少なかったり特別なオプションがあるなどの条件がないと、あまり高価な査定はしてもらえません。相場以上の金額は、期待しないようにしましょう。外装や内装も、できる範囲で修復しておいた方が吉です。”

複数業者の査定が鉄則

モコは流通数が多く人気も安定しているため、買い取りを希望する店舗も非常に豊富です。そのため査定をしてもらう際には、なるべく数多くの店舗で行ってもらい、簡単でも構いませんからそれらを比較する時間を作ってください。

特に日産以外の自動車メーカーの店舗でも、査定をしてもらうことができます。別メーカーからの視点で初めて判るポイントもありますし、余程急ぎで手放さない限りは時間を掛けて売却先を決めるのがおすすめです。

日産モコの買取り額を高くするポイント

走行距離は変えることはできませんが、内装や外装の痛み具合、清潔さや臭いなどは改善することができます。純正オプションが付いていることも重要なので、購入した際にどういう組み合わせだったかを確認しておきましょう。

3代目のモデルであれば、それだけでも金額が高くなる期待が持てます。まだまだ値落ちの気配はないため、ゆっくりと時間を掛けて売却先を決めてください。複数の店舗で見積もりを出してもらい、比較することも大きなポイントとなります。


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)