rank_bana_img
 
   soudankai_bana_img

オールシーズンタイヤは夏冬兼用!2種類の規格とメリット・デメリット

オールシーズンタイヤのメリットとデメリット
       
たかまさ
Follow me

近年では、以前はあまり積雪がなかった地域でも、爆弾低気圧などの影響で大雪となり交通に障害が発生することも少なくありません。

例年は雪があまり降らない地域では、チェーンやスタッドレスタイヤの準備や装着をためらうドライバーも多く、積雪によるスリップ事故や大渋滞などをTVのニュースなどでも目にします。

そこで夏場だけでなく少々積雪した路面でも走行可能なオールシーズンタイヤが、日本でも近年は注目されはじめました。

もともとオールシーズンタイヤは、アメリカでは夏冬兼用で使えて便利な理由から一般的に使われていますが、ヨーロッパでも人気を集め、最近では日本でも各タイヤメーカーから多くの種類が発売されているようです。

今回は、オールシーズンタイヤについて、メリットとデメリットを中心に、紹介させていただきます。

オールシーズンタイヤには2つの規格があります

以前はオールシーズンタイヤといえば、乾いた路面のグリップがサマータイヤよりも大きく落ちて、積雪した路面では少しの雪でも滑りやすい中途半端なイメージが持たれていました。

しかし最近では技術の進歩によって、オールシーズンタイヤの性能は、以前に比べて格段にアップしています。

また、オールシーズンタイヤとひと口に言っても、夏場の使用に重点を置いたもの、冬場の積雪路の走破性に重点を置いたものと、2つの規格が存在しているのでタイヤを選択する際には注意が必要です。

そのひとつは、サマータイヤをベースに夏場の使用を重視して、積雪した路面やぬかるんだ路面での性能を少々プラスしたM+S(マッド+スノー)になります。

なお、M+S規格のタイヤを履いた車は、高速道路などの冬用タイヤ規制が発令中の際には、通行ができませんので注意が必要です。

もうひとつは、冬用タイヤ規制が発令されても通行可能な、スノーフレークマークがタイヤのサイドウォールついた3PMSF規格のタイヤになります。

こちらは積雪した路面でのグリップも重視されているので、少々の雪でしたらサマータイヤよりもはるかに安全な走行が可能です。

オールシーズンタイヤを選ぶ際には、どちらの規格かよく確認をして購入しましょう。

人気記事!車一括査定のリアル
筆者のアコードハイブリッドを車一括査定で売却した全記録
アコードを一括査定してみた
衝撃の結果が…

業界最大手の査定が最下位に!

車の一括査定をやってみた

オールシーズンタイヤのメリット

タイヤを2種類保有する必要がない点は大きなメリットです

年間を通じてオールシーズンタイヤだけで済めば、タイヤを2セット準備する必要がないので、少々割高なオールシーズンタイヤであっても購入費用が安く済みます。

また、シーズンごとのタイヤ交換や外したタイヤの保管も必要ないので、交換の手間や保管スペースを考える必要もありません。

特に、使わないタイヤを業者に預けている方には、保管費用もかからないメリットもあります。

季節外れの積雪でも安心です

よくある話ですが、もう雪が降らないと思ってサマータイヤに交換したら、季節外れの積雪で車での通勤に困ってしまった。

このような時でも、オールシーズンタイヤを履いていれば、安心して車で通勤が可能です。

特にスノーフレークマークが付いたオールシーズンタイヤであれば、高速道路走行時に急な積雪で冬用タイヤ規制が発令された際にも、そのまま走行が可能なので、積雪地へお出かけの際にも安心だと言えます。

オールシーズンタイヤのデメリット

凍結路ではスタッドレスタイヤに比べ大きく劣る

オールシーズンタイヤの性能が良くなったとはいえ、凍結した路面ではタイヤコンパウンドの違いがあるため、スタッドレスタイヤに比べてグリップが大きく劣ります。

また、急な勾配がある上り坂も、スタッドレスタイヤに比べて登坂性能が大きく劣る傾向があるので、冬場の山間部での走行には向いていないといえるでしょう。

タイヤの寿命がサマータイヤよりも短い

サマータイヤに比べて低温でも柔らか目のタイヤコンパウンドを使用しているため、スタッドレスほどではありませんが、オールシーズンタイヤは減りが早いものが多いようです。

そのため、オールシーズンタイヤには冬用タイヤとしてのスリップサイン(残り溝50%)と、サマータイヤと同様のスリップサインの2種類が存在しています。

すり減ったタイヤでは本来の性能を発揮できないので、特に積雪路を走行する際には、スリップサインの確認をしましょう。

低燃費タイヤに比べて燃費が落ちる

最近では多い低燃費タイヤに比べると、ころがり抵抗が大きいことから、燃費が落ちることもデメリットの一つとして挙げられます。

その他では、乾いたアスファルト路面では、一般的なサマータイヤに比べてロードノイズが大きいものもあるようです。

やはりオールシーズンタイヤは積雪のない地域向き

今回はオールシーズンタイヤについて、メリットとデメリットを中心に、紹介をさせていただきました。

積雪があまりない地域や路面凍結の恐れがない冬場の気温が高い地域であれば、予想外の積雪時にもサマータイヤよりも安全に走行できるので、タイヤ購入の候補として挙げてもよいかと思われます。

逆に積雪が多い地域や路面凍結がある気温が低い地域では、サマータイヤとスタッドレスタイヤをシーズンによって使い分ける方が、安全を考えるとよい選択といえるでしょう。


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)