rank_bana_img
 
   soudankai_bana_img

車の一括査定をメールのみにするのは可能!驚きの方法とデメリット

車の一括査定のメールのみデメリット
       
たかまさ
Follow me

車の一括査定を申し込みたいけど、メールのみで済ます方法ってないのだろうか…

このような悩みを抱えている方もいらっしゃるでしょう。

メールのみで終わらせて無駄な電話がなくなれば、あなたの貴重な時間を浪費する必要はありません。

とすると、メールのみの方がいいのではないかと考える方も多いです。

しかし、実はメールのみだと、逆に時間がかかってしまうこともあります。

そこで、メールのみで査定を終わらせる方法をお伝えしながら、より効率の良い査定方法も解説します。

車買取の実録記事
筆者が「埼玉県」で車一括査(カーセンサー)を活用した実際の記録です。
筆者が車一括査定を使ってみた!

8社の査定実録!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた

車の一括査定をメールのみで済ます方法

車の一括査定はメール対応可のサイトがあり、カーセンサーがその代表格です。
カーセンサー
無料査定の申込みページに、メールアドレスを入力し、「連絡希望時間帯」の箇所にメール希望と入力すればいいだけです。

ただし、この方法だけでは電話が0(ゼロ)にはなりません。

カーセンサーと提携しているガリバーやビッグモーターといった大手企業だと、申し込みと同時に自動で電話が掛かる仕組み(オートコール)を使っているので、それらの電話は避けられないのが実情です。

そこで、次にお伝えする内容を併用して、一括査定をメールのみで済ませてしまいましょう。

着信拒否まですると完璧

仮にカーセンサーを利用してメールだけで一括査定するなら、知らない番号からの電話を全て着信拒否にできる方法を使うと完璧です。

iPhoneやAndroidによって設定方法は異なりますが、どちらでもこの設定は可能です。

着信拒否設定が適切にできていると、業者からの電話が一切なくなるので気にする必要もありません。

より詳しく、各スマホで着信拒否する方法を知りたい場合は以下の記事をチェックしてみてください。

車の一括査定サイトを使わずにメールのみで査定してもらう方法

一括査定サイトを使わずにメールのみで査定してもらう方法は以下のとおりです。

  1. 近くの中古車買取業者に直接申し込む
  2. オークションに出す

それぞれ、解説します。

近くの中古車買取業者に直接申し込む

メールだけで愛車を買い取ってもらう方法の1つ目は、近くの中古車買取業者に車の売却を直接メールで申し込む方法です。

Google検索で調べてみたり、看板に中古車買取と書いてあるのを見たりとさまざまな方法で探せます。

そのなかで気になる業者がいれば、ホームページを経由してメールで申込みをしてください。

すると、メールだけで出張査定や持ち込み査定の日取りを決められます。

中古車の査定シュミレーションで査定金額の相場は知っておこう

ただし、中古車買取業者に直接買い取ってもらうためには、足元を見られないためにも愛車の売却相場は知っておく必要があります。

相場を知るおすすめの方法は、中古車の査定シュミレーションです。

買取業者の多くは、車を安く仕入れられれば、安くした分だけ利益を伸ばせるので、あなたが素人だと分かれば、下値を探ってくる恐れもあります。

オークションに出す

オークションに出すのも、メール連絡だけで売却できる1つの方法です。

たとえば、ヤフオクのような個人間でのオークションを使えば、業者との連絡は必要ありませんし、メールのみでの売買が成立します。
車のオークション
ヤフオク以外にも、ユーカーパックという業者間オークションへ代理出品してくれるサービスもあります。

このように、メールのみで売却までできる方法はありますが、いくつかデメリットもあります。

車の一括査定をメールのみで済ますデメリット

車の一括査定をメールのみで済ますデメリットは次のとおりです。

  1. 査定額と売却額に差が出る
  2. 高額査定のチャンスを逃す場合がある
  3. 時間効率が結局悪くなる

それぞれ解説していきます。

査定額と売却額に差が出る

車の一括査定をすべてメールで行おうとすると、愛車の状態もメールで伝える必要があります。

すると、業者側もある程度の情報でしか概算の査定額を出せません。

もし仮に、メールのみの情報から概算の査定額を高く出してしまうと、現物を見たら車の状態が悪く査定額を下げなければならないとなると、クレームにつながります。

ですから業者としては、概算時には最低値かやや低めの買取額を設定するようになります。

そして、業者側はその査定金額を元にオーナー側との交渉を行うため、通常よりも買取金額を低く見積もります。

となると、オーナー側には、不利な条件が提示されてしまう傾向が強くなり、デメリットです。

高額査定のチャンスを逃す場合がある

また、大手業者のオートコールに答えなかったばかりに、査定金額が安い業者と契約することになる可能性もあります。

ガリバーやビッグモーターといった大手業者は買取価格を高く提示してくれる可能性が高いにもかかわらず、その電話を着信拒否するのはチャンスを捨てています。

実際にこのように、ディーラー店で2万円の下取りが、5倍アップの10万円になることもあります。


ですから、全ての営業電話を無視するのは、あまり良くない選択とも言えます。

車の査定を電話なしにするのは非効率的

たしかに、電話なし・メールのみで一括査定もできますし、近場の店舗、オークションで買い取ってもらうこともできます。

しかし、メールだけだと、電話一本よりも余計に時間がかかっていないでしょうか。

話せば1分で伝わる内容なのに、メールでは5分以上かかってしまうこともザラです。

それに加えて、相見積もりを取るためには、複数の出張査定や持ち込み査定を受けなければなりません。

とすると、メールだけで複数社にコンタクトを取るのは余計に時間がかかります。

ですから、複数社に査定は受けるが、最高の金額を出してくれている業者のみを提示してくれる一括査定サイトだったら、最短1回の電話で終わるので効率的です。

そのような、一括査定サイトが本当にあるのか次に解説します。

車の一括査定が高額かつ営業電話もほとんどないサイトとは

一般的な車の一括査定サイトとは異なり、営業電話がほとんどない一括査定サイトが「MOTA」です。

MOTAはたった1分くらいの入力で、高額査定業者3つをピックアップして、その業者とのみやりとりすることを売りにしています。

さらに、車検証や車のデータを見なくても入力できるので、筆者の場合は1分ほどで無料査定に申込ました。

TOPページで情報入力

MOTA車買取
MOTAの公式ページに飛ぶと、TOPページで車種と年式を選んで「無料買取査定スタート」をクリックします。

買取査定依頼フォームに入力する

MOTA入力1
その後上記画像のように、メーカーや車種、年式などを入力し「お客様のご連絡先を入力」をクリックします。

お客様情報を入力する

MOTA入力2
最後はお客様情報を入力して完了です。

ここまでで約1分です。

メールよりも断然早く終わるので、時間がない方こそ回り道をせずに、「MOTA」を使いましょう。

車の一括査定をメールのみで終わらせるのは意外と大変

車の一括査定をメールのみで終わらせる方法をお伝えしましたが、デメリットも多いためあまりおすすめできません。

逆に営業電話が1本か2本で終わるなら、それを売りにするサービスを使ったほうが良いです。

当サイトがおすすめする、営業電話がほとんどない一括査定サイトは「MOTA」です。

一度特徴をまとめておくと以下のとおりです。

  1. 営業電話がしつこくない
  2. 買取概算査定が上位3社のみしかないから、業者を選ぶ時間が少なくなる
  3. 最大10社の査定があるので、高値の査定が期待できる

愛車を楽に買い取ってもらいたい方にとっては、面倒なことをせずにかつ高く買い取ってもらえるのでMOTAはおすすめです。

しかも、1分で一括査定への申し込みが終わってしまうほど簡単です。

まずはMOTAの公式サイトからどれくらい簡単か試してみてください。



車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)