※当ページでは筆者が実際に利用もしくは取材し良質と感じたサービスの広告を掲載

MOTA車買取の査定の流れ!ブログで特徴と魅力を徹底解説

MOTA車買取の査定の流れ
       
筆者たかまさ
Follow me

当ブログでは、人気タレントが起用されたCMで注目されている「MOTA車買取」の全貌、及びその特徴と魅力について徹底解説します。
MOTA車買取
結論から申し上げると、「MOTA車買取」の魅力は5つあります。

  1. 一括査定にありがちな受付直後の業者からの集中電話がないこと
  2. 査定には最大で20社が参加し、翌日の18時に査定額が判明すること
  3. 受付は簡単で、最短で45秒で完了できること
  4. 査定後でも無料でキャンセルできること
  5. 契約後であっても車両受け渡しの翌日までなら無料でキャンセル可能なこと

MOTA車買取はキャンセル規定を含め、初めての車売却のオーナーさんでも安心安全に業者と交渉できる仕組みが整っています。

取り急ぎ、詳細を確認したい人は、「MOTA車買取」の公式ページをご確認ください。

MOTA車買取とは

MOTA車買取は簡単安心
「MOTA車買取」とは、「車の一括査定システム」をWEBを介して提供するネットサービスです。

インターネット上で「車の一括査定サービス」を提供しているWEBサービスは「MOTA車買取」の他にも色々あります。

「MOTA車買取」のシステムは、査定申込受付直後の業者からの集中電話が一切ないことが最大の特徴です。

その他にも、翌日の18時までに査定額が分かったり、キャンセルの手間が少なかったり、なども魅力です。

「MOTA車買取」に興味のある人は、以下の公式ページをご参照ください。

最新!MOTA車買取の実績ランキング|2024年4月15日(月)

「MOTA車買取」公式ページには、人気中古車の「買取価格相場・実績ランキング」があります。

以下、ランキング箇所のスクリーンショット(2024年4月15日(月)現在)を転記します。
なかなか充実した買取実績です。
画像クリックでランキング掲載のMOTA車買取公式ページを確認できます。
MOTA車買取実績(2024年4月15日)
人気車種の「プリウス」「アルファード」「セレナ」「ランクルプラウド」などは、高頻度でランクインしているようです。

高価査定が確認できれば売却したい」と思っている人は、利用は完全無料なので、ご活用をオススメします。

一般的な車買取の査定の流れ

一般的な買取査定の流れ
車買取の流れは大きく分けて、「各店舗での査定」と「車一括査定サイトを活用した査定」があります。
以下、それぞれについて解説します。

各店舗での「車買取の査定」の流れ

  1. 買取業者の店舗に売りたい車を持ち込む
  2. 基本的には、事前に電話等で確認しアポを入れてから持ち込む

  3. 店舗スタッフに車の査定をしてもらう
  4. 店舗の査定基準に基づき、現車を確認して査定額を算出

  5. 提示された査定額に基づいて交渉する
  6. 査定額が希望売却額に達していなければ交渉する

  7. 双方の合意が得られれば成約
  8. 査定額の高低に関わらず、両者の合意が得られれば成約

  9. 買取の事務手続きを進める
  10. 各種書類を確認しながら、名義変更等を含め事務手続きを進める

  11. 手続き完了したら売却完了
  12. 契約書等にサインをして売却手続きが完了

  13. 入金
  14. その場で現金払いしてくれる業者もあるが、一般的にはユーザーが指定する銀行口座に、後日入金される

「車一括査定サイト」での査定の流れ

  1. 車一括査定サイトのフォームから入力
  2. サイトに準備されているファームから車両情報や個人情報を入力して送信

  3. サイトに加盟している買取業者に伝達
  4. 入力した情報は、そのままサイト加盟店に配信

  5. 買取りたい業者はユーザーに連絡
  6. 情報を見て「買取りたい」と思った業者はユーザーに電話やメールで連絡する

  7. ユーザーと業者で交渉開始
  8. 主として、電話にて出張査定の調整を実施

  9. 出張査定にて査定額の提示&交渉
  10. 各業者のスタッフが現車を確認し査定額を提示

  11. 上項を繰り返して他の業者と比較する
  12. 通常、一括査定であれば、他の複数の買取業者からの連絡が入るので、個々に交渉を進める

  13. 双方の合意が得られれば成約
  14. 査定額の高低に関わらず、両者の合意が得られれば成約

  15. 成約業者以外にはキャンセルを連絡
  16. 他の業者にキャンセルを連絡するのが礼儀

  17. 買取の事務手続きを進める
  18. 各種書類を確認しながら、名義変更等を含め事務手続きを進める

  19. 手続き完了したら売却完了
  20. 契約書等にサインをして売却手続きが完了

  21. 入金
  22. 通常は、ユーザーが指定する銀行口座に、数日後に入金される

ディーラー下取りの流れ

ディーラーの下取りは、根本的に買取査定とは異なります。理由は、下取りとは乗り換える車が存在することが前提になっているからです。

一方、買取とは、乗り換える車の存在を前提としていません。

また、下取りは、乗り換える車の存在が前提になっているため、実質的に、乗り換える車の購入と一体化した取引になります。

このため、売却予定の車両を純粋に評価した査定額とは言えず、通常は「下取り価格」よりも「買取査定額」の方が高くなります。

筆者が実際に、「アコード」について「下取り」と「買取」を比較した記事があるので参考にしてください。

MOTA車買取の査定の流れ

MOTA車買取
以下の画像は、「MOTA車買取」公式ページに掲載されているものです。
簡単に「MOTA車買取」の査定の流れを整理すると以下の順番になります。

  1. フォームから車両情報を入力
  2. ・簡単入力45秒
    ・受付直後の集中電話なし

  3. 加盟店が一斉に査定開始
  4. この時点で加盟店に開示されるのは車両情報のみ
    ・最大で20社の査定額が一斉に開示(翌日の18時)

  5. システムが高額加盟店を選定(最大3社)
  6. 高い査定額を提示してくれた3社(最大)にのみユーザーの連絡先等を開示
    ・ユーザーは査定額上位3社(最大)との交渉を開始

  7. 実際の車両を確認してもらって買取
  8. ・実車両を確認してもらい、お互いに同意できる額であれば買取手続きに進む

MOTA車買取の査定の流れ(ユーザー目線)

MOTA車買取の査定の特徴と魅力

MOTA車買取の査定の最大の特徴

MOTA車買取の査定の特徴はいくつかあるのですが、なかでも最大に他と差別化できている特徴は以下です。

一般的な車一括査定は受付と同時にユーザーの個人情報等も加盟店に一斉伝達されてしまいますが、「MOTA車買取」では受付直後は車両情報のみ加盟店に伝達され、ユーザーの連絡先等が開示されるのは、査定額上位3社(最大)のみになります。

つまり、ユーザーの個人情報については、上位3社に入れなかった業者には伝達されません。

MOTA車買取の査定の最大の魅力

MOTA車買取の査定の最大の魅力は、上項の特徴により、受付直後のいわゆる「受付直後の業者からの集中電話」が理論的に一切発生しないことです。

受付直後の業者からの集中電話とは、受付直後に複数の買取業者から一斉に電話が掛かってくる状況を指しています。

すなわち、
「車一括査定を活用して、なるべく高く車を売却したいが、受付直後の業者からの集中電話は避けたい」
と考えている人にとっては、MOTA車買取の査定の流れはとても魅力的といえます。

MOTA車買取を使った方が良い人!3選

  1. 受付直後の業者からの集中電話を避けたい人
  2. 受付直後は、車両情報のみ業者に開示されるので、理論上、受付直後の集中電話は発生しません。

  3. 電話に惑わされず自分のペースで交渉を進めたい人
  4. 交渉は最大で査定額の上位3社のみに限られるので、電話対応が煩雑になり難いため、比較的に自分のペースで交渉できます。

  5. 翌日までに査定額を知りたい人
  6. 原則として翌日の18時に査定額が開示されるので、急いでいる人は助かる仕組みです。

MOTA車買取を使うべきではない人!3選

  1. 多くの業者と直接交渉するのが苦ではない人
  2. 査定額上位3社(最大)との交渉になるので、可能な限り多くの業者と交渉したい人にとっては、あまり相性の良くない仕組みといえそうです。

  3. 可能な限り多くの業者の出張査定を受けたい人
  4. 査定額上位3社(最大)との交渉になるので、必然的に出張査定を受けられるのも、上位3社(最大)になります。

  5. 特に査定を急いでおらず電話が多くなっても問題ない
  6. このような人であれば、カーセンサー等の一括査定を活用した方が高額査定を引き出せる可能性が高まりそうです。

まとめ

以上、MOTA車買取の査定の流れについて解説しました。

MOTA車買取の査定の特徴は、何と言っても受付直後の業者からの集中電話が発生しないことです。

それでいて、一括査定の効果は享受できるのですから、電話が苦手な人、交渉が苦手な人にとっては、大きな魅力といえます。

必然的に、キャンセルの連絡も最大で3社にすればいいだけなので、忙しい人で売却までの折衝を簡素化したい人にとっては、とても利便性が高い車一括査定のシステムといえそうです。

【サイト監修者】
Tomoki
Latest posts by Tomoki (see all)

    目次へ

    GO