スバル サンバートラックの高値買取・査定のポイントと相場について

サンバートラック
       
たかまさ
Follow me

サンバートラックの概要と特徴・魅力と買取り相場について

サンバートラック
スバルのサンバーといえば50年以上ものロングセラーを誇る、知る人ぞ知る人気の車種です。サンバートラックは、このサンバーシリーズから派生した1つ。

一つひとつのタイヤが独立して動く四輪独立懸架方式を採用しているため、舗装されていない道路状況であっても、それぞれのタイヤが衝撃を吸収します。農道や山林あるいは雪道など、あらゆるシーンに対応できる、実用性の高い商用車と言えます。

さらにリアエンジンのレイアウトを取り入れているため、高速走行時でも安定した重心を保って走り続けることが可能です。
作業用の車両として人気が高く、買取り相場も売り手有利です。

サンバートラックの購入者(ユーザー層)の特徴

かつてサンバートラックの熱烈なファンの間で「農道のポルシェ」と呼ばれていたように、農業の現場で大活躍してきたのがこの車種です

また軽トラックでありながら、耐久性が高く低燃費。舗装されていない悪路でも対応できるため、林業や土木あるいは建設など、屋外の現場を中心とする業種、ユーザー層が集中していると言えます。

とはいえ、一般の方でも購入者が目立つのが、このサンバートラックの特徴です。デザインや構造等がシンプルなので、自分の好みに合わせてカスタマイズできるからです。

サンバートラックの高価買取りのコツと注意点

作業よる酷使に注意

スバルのサンバートラックは屋外の現場を中心に、ハードに使用される傾向が強い車種です。このため汚れやキズあるいは凹みなど、車両の外観にダメージが目立ちやすい傾向があります。

高額査定を希望するなら、まずこの部分をクリアしなければなりません。日頃からこまめに洗車をすると同時に、少しでもキズや凹みを見つけたら、そのまま放置せずに、速やかに整備工場や専門店等でメンテナンスの依頼をしてもらいましょう。

素人の方が無理をしてメンテナンスすると、余計にダメージが目立ち、それがマイナス査定となるケースもあるからです。

足回りの劣化に注意

四輪独立懸架方式を採用しているサンバートラックは、過酷な路面状態にも対応できるのが強み。しかしこのようなハードなシーンで使用されることで、足回りへのダメージが予想以上に進んでいることも、決して珍しくありません。

例えば車両の荷重移動によるジャッキアップ現象で、サスペンション部分に異常が生じたり、経年劣化によってフレームに亀裂があるなど、足回り部分のダメージも多岐にわたります。高額査定を希望するなら、このように見えない部分も日頃からしっかりチェックし、異常があれば速やかに専門業者へメンテナンスを依頼しましょう。

サンバートラックの買取り額を高くするポイント

まず年式の新しさや走行距離の短さあるいは車検の有無など、基本的な部分は他の車種と同じです。サンバートラックはこれに加え、外観はもちろん内部の一つひとつの部品に至るまで、いかにダメージを少なくできるのかが、買取額を高くするポイントです。

ハードな現場で活躍している車種だからこそ、見えない部分までダメージの少なさが重要になります。さらに実用性の一層高い4WDバージョンであれば、高値で買取りしてもらえるケースも目立ちます。


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)