※当ページでは筆者が実際に利用もしくは取材し良質と感じたサービスの広告を掲載

車に飽きたら高く売って現金化が鉄則!簡単安全な売却をFPが解説

車に飽きたら
【コンテンツ監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)
           
    筆者たかまさ
    Follow me

    今乗っている車に飽きてしまったら、なるべく高く売って現金化しておくのが鉄則です。

    最悪なのは、飽きた車をそのままズルズルと保有し続け、無駄に車自体の資産価値を下げてしまうことです。

    現金にしておけば、次に買い替える時の資金源になるのはもちろんのこと、何か別のものが購入できたり、趣味や旅行を楽しんだりするための準備金にもなります。

    以下、飽きた車の賢く安全な現金化について解説します。

    なぜ飽きた車は現金化するのが鉄則なのか

    車の現金化のメリット

    車の現金化!最大のメリットとは

    飽きた車を売却することで得られる現金は、他の投資や消費に回すことができます。

    車に飽きたり、必要でなくなったら、その車(資産)を現金化しておけば、他の有益な用途に使うことができるため、経済的にも危機管理的にも合理的です。

    もちろん、次の車に買い替える場合などは、飽きた時点で直ちに売却し現金化ておけば、早ければ早いほど高額な購入資金が手に入る可能性が高まります。

    価値の減少を最小限に抑える

    世の中には、持っているだけで資産価値がどんどん下がってしまうものが色々あります。

    例えば、その代表が「車」です。

    極一部のレア車を除けば、一般的に車は、時間とともに価値が下がります。

    もちろん、走行距離が多いほど価値は下がりますが、仮に走行しない状態で保管していたとしても、時間とともに価値は下がります。

    つまり、飽きた車や乗らない車を、ズルズルと保有し続けるということは、毎日「数千円」を溝に捨てているのと同じなのです。

    無駄な維持費・管理費の節約

    車を所有していると、税金、保険料、メンテナンス費用など、さまざまな維持費がかかります。

    環境によっては、毎月の駐車場料金なども発生します。

    すなわち、乗らない車を持っているだけで、これらの費用を無駄に払い続けることになります。

    早めに売却すれば、これらの維持費・管理費が不用になり色々と節約が可能です。

    飽きた車の現金化はとても簡単

    飽きた車の現金化
    飽きた車の現金化は、とても簡単です。
    買取業者、中古車販売業者、もしくはディーラーなどに査定してもらい、査定額に納得できれば直ぐに売却が可能です。

    ただし、売却未経験者や売却に慣れていない人などは、各種書類の変更手続き等を含め、後々のトラブルを避けるため、安心安全な売却方法を選ぶのが得策です。

    以下、安心安全でかつ高く買取ってもらえる可能性が高い、車の売却方法を筆者の経験に基づき紹介します。

    飽きた車をなるべく高く安全に売る方法

    安心安全な車一括査定を使おう

    一番のオススメは、実績のある「車一括査定サービス」を活用することです。筆者は何回も活用し、高く買取ってもらっています。

    以下の2つのサイトを選んでおけば間違いありません。ご自分の好みに応じて使い分けてみてください。

    筆者の個人的な方法は、最初に「MOTA車買取」を利用し、査定額に納得できなければ次に「カーセンサー車買取」を使ってみる流れで売却しています。

    MOTA車買取

    MOTA車買取の魅力は以下の3点です。

    1. オンラインで翌日18時に最大20社の査定額が分かる
    2. 受付直後に業者からの電話が一切ない
    3. 査定額に納得できなければ無料でキャンセル可能

    MOTA車買取

    カーセンサー車買取

    カーセンサー車買取の魅力は以下の3点です。

    1. 加盟店の数が業界最大級
    2. 最大30社の査定額が分かる
    3. 電話が多くなる可能性があるが交渉次第で高額査定を引き出せる

    カーセンサー車買取

    個人売買は可能かぎり避けるのが得策

    個人売買については、基本的には避けた方が良いと考えています。

    理由は、各種書類の変更やその他の手続き等に抜けがある可能性が高いからです。

    また、仮に手続きに抜けがなかったとしても、手続きの過程で不備があったり、互いの連絡がタイムリーにとれなかったりなど、意外と時間がかかりストレスがたまる傾向にあります。

    上記の2つのサービスを活用すれば、専門業者が全てを代行してくれたり、スタッフのサポートがあったり、で手続きが進められますので、とてもスムーズで安心です。

    飽きっぽい人が車を買い替える時の注意事項

    車選び注意事項
    車に飽きたのが主たる要因で車の買い替えを考えている場合は、以下の3つに留意して次の車の車種選定をしてみてください。

    課題を解決する車を選ぼう

    なぜ飽きてしまったのか?どんな不満があったのか?を丁寧にリサーチして現状の課題を把握しておきましょう。

    車の買い替えを考えているのなら、現状の課題を解決できる車種を選ばないと、直ぐに飽きてしまう可能性が高いです。

    また、課題が解決できていなければ、飽きが来る前に不満が先行してしまう恐れもあります。

    飽きっぽいのならリセールバリューも考えよう

    「飽きっぽい」を自認しているのであれば、それを逆手にとって、購入する段階から「リセールバリュー」の高い車種を選びましょう。

    「リセールバリューの高い車」とは、一般的な車よりも時間経過に伴う価値減が少ない車種ということです。

    すなわち、一定期間乗っても、高く買取ってもらうことが期待できる車種です。

    車種やタイミングによっては、購入した瞬間に、リセールバリューが半額になってしまうケースもあるので、飽きっぽいのであれば、そう遠くない未来に手放すことを前提に選ぶのが賢い方法です。

    車を保有しない期間をつくってみよう

    飽きたからと言って何となく次の車に買い替えるのではなく、一定期間「車を保有しない時間」を作ってみるのも良いでしょう。

    こうすることで、「自分は何のために車を欲しているのか?」「車がないと、今の自分にはどんな不便があるのか?」などを正確に見極めることができます。

    一定期間、車を保有しなくても特に不便でもなく不満もないのであれば、それはそれで「今の自分にとって車は必要ない」と判断できます。

    だからこそ、車に飽きたのであれば、早めに売却して現金化しておくのが重要ともいえます。

    まとめ

    「車に飽きたら高く売って現金化が鉄則!」に関し、その理由と安心安全な売却方法について解説しました。

    車に限ったことではありませんが、飽きて使わなくなった物は価値が下がる前に、なるべく高く売って現金化してしまうのが賢い方法です。

    場所をとらない小さい物などは、そのまま保有していても直ちに損してしまうことはありません。

    しかし車は、保有しているだけで色々な費用が発生してしまうので、飽きて使わないのなら、早く売ってしまうのが得策です。

    現金化しておけば、他の有益な用途に使うことができるため、経済的にも危機管理的にも、とても合理的です。

    なお、筆者が車一括査定を使って実際に売却した様子については、コンテンツ化しているので興味のある人は以下の記事を参考にしてみてください。

    目次へ

    GO