車の下取りをしてもらうときにガソリンは満タンにすべき?

車の下取り時のガソリン
       
たかまさ
Follow me

車の下取りをしてもらうときにガソリンはどれくらい給油しておいたら良いのだろう、と悩んでいる人も多いでしょう。

とりわけ日本人的な感覚だと下取りして「もらう」という感覚になるので、マナー的にも満タンのほうが良いと考えがちです。

しかし、昨今のガソリン事情を考えると1回の給油で最大5,000円程度の損が発生してしまうので、できれば少しの給油量に抑えておきたいと考えるのも間違った考えではありません。

果たしてこのガソリン問題はどのように解決すれば良いのでしょうか?

当記事では、車の下取りをしてもらうときにガソリンを満タンにすべきかどうかについて解説します。

愛車の下取りをしてもらうときにガソリンを満タンにしなくても良い理由

ガソリンを満タンにするべきかどうかの結論は、「しなくても良い」が正解です。

愛車の下取りをしてもらうときに、ガソリンを満タンにしなくても良い理由は次のとおりです

  1. 愛車を貸し出すことはなく引き渡しだから
  2. 下取り価格にガソリン量は関係ない
  3. 下取りのときにガソリンを満タンにするルールはない

それぞれ、解説していきます。

理由1.愛車を貸し出すことではなく引き渡しだけだから

車の下取りは愛車の貸し借りをする訳ではなく、引き渡しだけです。

そのため、ガソリンが満タンに入っていなくとも相手方が困ることはなく、必要に応じて必要量のガソリンを補充するだけです。

もちろんメーターギリギリで店舗に持ち込むことさえ危うい場合には給油が必要ですが、それも必要十分量に留めておいて大丈夫です。

理由2.下取り価格にガソリン量は関係ない

また下取りの査定価格に現在のガソリン量は関係ありません。

というのも下取りをしたその日に愛車を引き渡すことはほとんどありません。

むしろ家に帰るためにガソリンを消費しなければならないのに、現状のガソリン量で査定金額を上下させる訳にはいかないからです。

また後日店舗に引き渡しを行いに来ることも考慮にいれれば、ガソリンの量は減って当たり前なので査定すること自体が無駄な行動となってしまいます。

理由3.下取りのときにガソリンを満タンにするといったルールはない

そもそも下取りのときに、ガソリンを満タンにして引き渡さなければならないといったルールは定められていません。

ガソリン量よりも、車体の傷やタイヤなどの損耗が査定したときと変わっていないかのほうが重要です。

ガソリンはあくまで車を動かすための燃料であり、ガソリンスタンドで補給が可能ですが、車体や装備品はこのようにはいきません。

そのため、少しでも車の下取りで損をしないためには、繰り返しになりますが、必要十分量のガソリンだけを給油して引き渡しをしましょう。

愛車の下取り時にガソリンを満タンにするのは結局損になる

ここまで愛車の下取り時にガソリンを必要以上に給油しないように伝えているのは、ガソリンを満タンにすると損になるからです。

たとえば、2022年の5月下旬だとガソリンの平均価格はリッターあたり150円後半から170円の範囲に収まっています。

とりわけ2022年のガソリン価格が高騰しているだけですが、満タンにするとだいたい5,000円程度の出費です(軽自動車で30リットル換算)。

そうとなると、数回分のランチ代に相当します。

そのため、ガソリンを満タンにして損をするよりは必要なだけ給油して、出費は最小限にとどめておくべきでしょう。

愛車の下取りにガソリンを満タンにしたほうがマナーが良い?

一見すると車検時の代車を返還するときと同様に、愛車をディーラーに下取りしてもらうときにガソリンを満タンにする方がマナーとして良いと考えられます。

しかし、このようなマナーは下取りの取引にはありませんし、先ほどお伝えしたようにガソリン代で大きく損をしてしまう可能性が高いです。

一方でマナーの善悪よりも、少しでも査定金額の損がないようにするほうがいいです。

ガソリンを下取りのときに入れる・入れないで悩むよりも、愛車の下取りの査定価格が高くなる方法を考えたほうが建設的になるでしょう。

そのため、次からは下取りのときに査定価格を高める裏技テクニックをお伝えします。

車の査定価格が高くなる裏技的テクニック

車の査定価格が高くなる裏技的なテクニックは次のとおりです。

  1. 車内環境を整えておく
  2. 下取り価格の希望を高めに設定する
  3. 中古車の需要が高まるタイミングを見定める
  4. 中古車買い取りを検討する

それぞれ詳しく解説します。

車内環境を整える

愛車に傷を付けないようにするのも大事ですが、車内環境も適度に整えておくことも大切です。

車内にタバコの臭いやカバーの破れなどが見られると、中古車として販売するときに販売価格を下げる必要があります。

この価格を下げなければならない要因を取り除くと、査定金額も少しはアップするはずです。

下取り価格の希望を高めに設定する

次に大事なのは、下取り価格の希望金額を高めに設定することです。

この理由は希望を低めに設定してしまうと、下取り査定額が低くても大丈夫だという印象をディーラーに与えてしまいかねないからです

もちろんすべてのディーラーが悪徳な下取りをしているわけではありませんが、多くの場合ディーラー側は利益目標も掲げられているため、契約する下取り価格は低ければ低いほどディーラー側に有利な条件となります。

そのため、下取り価格は出来る限り高く設定しておくことに越したことはありません。

3月に車を売る

1年のうちでもっとも車が売れるのは3月です。

3月は次の月が4月ということもあり、新年度のスタート時期であることから車の購入が活発になるといわれています。

このような時期は少し人気のない車種であっても売れやすいと考えられるので、査定価格にも良い影響を与えます。

実は下取りよりも買取の方が売却額が高い

ちなみに下取りよりも買取の方が売却額が高い傾向にあることはご存知でしょうか?

というのも、下取りが新車の値引きの補填であれば、買取は中古車を転売して利益を稼ぐ目的で取引されるからです。

あくまで値引きの延長線上である下取り査定より、買取査定のほうが中古車専門の買取業者のノウハウの違いから高くなる傾向があります。

そのため、下取りよりも買取査定を依頼することが結果的にプラスになる事例も多いです。

愛車の下取りをガソリンに関係なく最も高くする方法

先ほど中古車専門の買取業者で愛車の査定を行うと下取り価格を高くできる点をお伝えしましたが、その他にも売却価格を高めるテクニックはあります。

買取業者に依頼することも含めてお伝えすると、次のとおりです。

  1. ディーラーに下取りしてもらわない
  2. 一括査定サイトの中でも優良サイトを利用する

それぞれ、解説していきます。

方法1.ディーラーに下取りをしてもらわない

そもそも論になりますが、下取りよりも買取のほうが愛車を高く買ってもらえる確率は高まります。

というのも、下取りはあくまでこれ以上値引きできないところをさらに値引きするための方法でしかないからです。

一方中古車の買取は、専門業者が車を買取って利益を出すために行っているので査定価格もその分大きくなります。

もしこれを聞いて、下取り査定ではなく、買取査定を行ってもらいたいなら一括査定サイトを利用することをおすすめします。

方法2.一括査定サイトの中でも優良サイトを利用する

ただ一括査定サイトの中には、無制限に登録者の個人情報を中古車買取業者に開示してしまい、無許可に業者から電話営業をさせてしまう配慮のないサイトも存在するのは確かです。

多くの人がこのような一括査定サイトの対応を嫌っており、なかなか良い評判を聞くこともないでしょう。

しかし、中には優良な高額の査定金額を提示してくれるところにだけ、一括査定登録者の個人情報を開示して、3社とのみ取引させてくれる優良一括査定サイトもあります。

愛車を高く買い取ってもらうならMOTAが一番おすすめ

先ほどの営業電話が少なく、高額査定金額を提示したところだけをピックアップして紹介してくれる一括査定サイトは、「MOTA」です。

MOTAの特徴をまとめておくと次のとおりです。

  1. 一括査定で最大10社の会社に査定してもらえる
  2. そのうち最も高額な査定を出してくれた3社のみから電話がくる
  3. しつこい営業がない口コミも確認できている


このように、MOTAは多くのユーザーから優良な一括査定サイトと認められており、高額査定も期待できるシステムがあります。

もし、もう少し詳細を確認したいなと思った方は次の記事を参考にして、登録をしてみましょう。

MOTA車一括査定はとても便利!


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)