ダイハツ アトレーワゴンの高値買取・査定のポイントと相場について

アトレーワゴン
       
たかまさ
Follow me

アトレーワゴンの概要と特徴・魅力と買取り相場について

アトレーワゴン
ダイハツアトレーワゴンは、軽自動車のワンボックスカーとして1981年から現在に至るまで販売されている車種です。元々は、ハイゼットの乗用版として発売されました。

販売当初は4人乗りの軽自動車でしたが、2000年から使い勝手の良い貨物モデルも発売されて家庭用から商業用など多くの用途で人気のある車です。街中でも多く見かける機会があるのではないでしょうか。

車名の由来は、フランス語で「魅力のある」を意味する「ATTRAI」からとられています。ファミリー層からも支持されていて、買取り相場も良好です。

アトレーワゴンの購入者(ユーザー層)の特徴

ダイハツアトレーのメインターゲットは、幅広いです。しかしながら、購入者の男性比率は約7割で男性が多く占めています。ゆったり乗れるということもあり、ファミリーにも人気があります。

また、たくさんの荷物を詰めるので、部活動などをしている子どものいるお母さんにも需要があります。たくさんの荷物を詰めるという点で社用車として利用している企業も多いです。貨物車ということで、税金面も抑えられることができコストパフォーマンスも良いです。

アトレーワゴンの高価買取りのコツと注意点

たばこの匂いに注意

自分でできる範囲での清掃をきちんとすることです。家族で利用する場合は、子供が車内を汚してしまうことがあります。ですので、普段から車内清掃をしっかりしておくことで汚れや匂いなどを抑えることができます。

車内で喫煙をしている場合も、車を降りるごとに消臭スプレーをしたり換気をしっかりしたり、匂いの対策をすることも高額査定を得るための大切なポイントです。

大切に車を乗っているということが伝わると、高額査定に繋がりやすいです。

手放すタイミングと走行距離

意外なポイントとしてあげられるのは、車検や納税のタイミング前に手放すという事です。車検を通したり、納税を済ませていても車の買取査定には大きく響かない事が多いです。それであれば、事前にかかる費用を抑えることもトータルで車にかかる費用を抑えることにもなります。

次に、走行距離です。値段がぐっと落ちるのが10万キロと言われています。それを超える前に、買取査定に出すことも高額査定を得るために大切なポイントになります。

アトレーワゴンの買取り額を高くするポイント

ダイハツアトレーの買取額を高くするポイントは四つあります。
まず、一つ目は日頃からの車の掃除をして汚れを残さないことです。
二つ目は、喫煙をする場合は匂いの対策をこまめにし匂いを車内に残さないようにしましょう。
三つ目は、車を手放すタイミングを見極めて不要な費用をかけないことです。
最後は、走行距離が10万キロを超える前に手放すことです。
以上四つのポイントを抑えることで、不要な費用をかけずに買取り額を高くする事ができます。


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)