経験者が語る、ディーラーの下取りは安い!35万円の差の実態とは

ディーラーの下取りは安い
       
たかまさ
Follow me

ネット上には「ディーラーの下取りは安い」との口コミや評価が多いですが、筆者(たかまさ)の実体験では、正しくその通りでした。

下取り額と買取り額には、35万円もの差が生じました。
以下、ディーラーの下取りが安い実態とその理由、解決策を紹介します。

ディーラーの下取の実態!買取り査定と「35万円」の差があった!

筆者は、アコードハイブリッド(走行距離1.5万キロ)の買い替えに伴い、ホンダディーラーにて下取り額を確認しました。

ディーラーが提示した下取り額は「95万円」でした。

一方、カーセンサーの車一括査定で買取り査定もしてもらいました。
カーセンサーを選んだ理由は、最も多くの買取り業者が登録しているシステムだったからです。

その結果、8社からの査定を受けることができ、最高査定額は「130.3万円」でした。

なんと、ディーラ下取額との差は「35.3万円」です。

もちろん、アコードハイブリッドはディーラーの下取りではなく、買取り業者に買取ってもらいました。

注目すべきは、買取査定してくれた8社の最低額は「ビッグモーター:104.9万円」であったこと。
すなわち、買取り業者8社のどこよりも、ディーラーの下取り額は低かったのです。

一括査定の全記録はコンテンツ化していますので、興味のある方は以下のページをご参照ください。

ディーラーの下取りが安くなる理由

その理由はズバリ!
ディーラーは、メーカーから新車を仕入れて顧客に販売するのが仕事です。
ディーラーにとって下取りは、新車の販売を促進するための手段でしかありません。
必ずしもディーラーは、あなたの車が欲しい訳ではありません。

総じて、ディーラーの下取り額が買取り業者の査定額よりも低い理由は以下です。

  1. ディーラはあなたの車を欲しいと思っているとは限らない
  2. ディーラーは新車を売るのが生業です。あなたの車を下取りするのは新車に乗り替えてもらいたいからであって、あなたの車が欲しいからではありません。これが買取り業者よりも安くなってしまう最大の要因です。

  3. ディーラーは新車販売が収益源なので中古車販売の販路は貧弱
  4. ディーラーは新車を売って儲けている業態です。よって、下取り車の扱いは、どうしても新車を売るための営業手段になってしまいます。
    要するに、それほど注力していないため、自ずと中古車の販路も乏しくなります。

  5. 下取りはディラー主導で話が進むケースが多い
  6. 下取りの交渉は、新車販売とセットになっているため、ディーラーの店舗内で話が進むケースが圧倒的に多くなります。
    このため、どうしてもディーラーに主導権を握られやすく、下取りの低さよりも、新車の魅力に話が集中し、いつの間にか新車の契約につながっている状況が多いです。

車買取り業者の査定額がディーラーの下取りよりも高い理由

その理由はズバリ!
買取り業者は、ユーザーの車を買取って顧客に売るのが仕事です。
買取りできなければ仕入れがなくなってしまい事業が継続できません。
買取り業者にとっては、あなたの車が必要で、買取りたいと思っています。

実は、これって高く買取ってもらうには極めて重要なことです。
なぜなら、「その車を買いたい!」と思っていない業者に査定してもらっても、相場よりも高い査定額で買取ってもらえるはずがないからです。

総じて、買取り業者の査定額がディーラーの下取り額より高い理由は以下です。

  1. 基本的に買取り業者は、欲しい車しか査定しない
  2. 「欲しい車=どうしても買取りたい車」です。よって、査定額を高くして売り手をに納得してもらおうとするのは当然の流れです。

  3. 買取り業者はディーラーに比べ、高く売ることが可能な独自の販路を持っている
  4. 買取り業者は、車を買取って売ることを生業としているプロ集団です。独自の販路があるからこそ存在意義があります。逆に、新車販売を主とするディーラーと同程度の販路しかない業者が生き残れるはずがありません。

  5. 買取りは売り手が主導を握りやすい
  6. 買取りの査定は、多くの場合、出張査定になります。要するに、売り手側のホームグランド(自宅・保管場所など)で査定し交渉を進めることになり、売り手側が主導権をとりやすいです。
    一方、ディーラーの下取りは、多くの場合、ディーラー店舗で実施します。これは、売り手にとってはアウェイとなるため、ディーラー側に主導権を握られやすく、まんまと営業トークに流される傾向があります。

超簡単な解決策はこれ

車を買い替えるときや手放す時、乗っていた車の価値を最大限に引き出したいのであれば、下取り査定よりも買取り査定を選ぶことです。
すなわち、ディーラーの下取りではなく、買取り業者による買取りを活用するべきです。

そこで、重要なのが、可能な限り、楽に、素早く、効率的に業者からの査定を受けること!です。
効率的にとは、「あなたの車を買取りたい」と思っている業者からのみ査定を受けるということです。

これを簡単に実現してくれるのが車の一括査定です。
先ず、最初に活用すべきなのが「カーセンサー」の一括査定です。

理由は、冒頭で述べたとおり、買取り業者が最も多く登録している日本最大級のシステムだからです。

●「車の一括査定は電話が多くなったりするのでやめた方が良いみたい」
●「車の一括査定は、業者とのトラブルが多いらしい」

こんな、うわさもあるようですが。心配ご無用です。
筆者は、実際に一括査定を活用し愛車を高く買取ってもらっていますが、うわさのようなことは一切ありませんでした。
これについては、以下のコンテンツを参考にしてみてください。

下取りと買取りのメリット・デメリット

念のため、下取りと買取りのメリット・デメリットについて簡単に紹介しておきます。

下取りのメリット・デメリット

  1. 下取りのメリット
  2. ・ディーラー営業マンとの良好な関係が築きやすい
    ・買い替えの前後の流れが管理しやすい
    ・進め方によっては、一任できる

  3. 下取りのデメリット
  4. ・買取り額より安くなる可能性が高い
    ・複数の下取り額の比較は、買取りに比べ難しい
    ・ユーザー主導で進めにくい

買取のメリット・デメリット

  1. 買取りのメリット
  2. ・下取り額よりも高くなる可能性が高い
    ・一括査定を使うことで複数業者からの査定を簡単に受けられる
    ・ユーザーの主導で進めやすい

  3. 買取りのデメリット
  4. ・新車購入との流れが一体化し難い
    ・初めて会うスタッフと交渉を進めることになる

以上が、両者のメリット・デメリットです。

ディーラーとの人間関係も大切だと思いますが、どちらを選ぶかについては「決めるのは客」であって良いと考えています。

車種別・車の状態別で高く買取ってもらえる一括査定システムを探す!

最後に、売却を予定する車種(普通車・商用車・トラック・バスなど)車の状態(事故車・不動車・廃車など)に応じて、高く買取ってもらえる「車一括査定システム」をその場で確認できる仕組みをご紹介します。

車 一括査定 シミュレーション
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック王国」で決まり!

トラック大国
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)