楽天Carが提供する6つのサービス徹底解剖!読めば得する情報まで伝授

楽天carの6つのサービスとは
       
たかまさ
Follow me

「楽天Car」この言葉を2020年に入ってからよく耳にしませんか?
楽天Carとは2020年に楽天グループが提供していた自動車関連サービスを統一してできたサービスの総称です。楽天グループは元々自動車関連サービスとして「タイヤ取付サービス」や「楽天車検」などを提供しており、これらを別々のサービスとして提供していました。

利用者が2019年ごろから急激に増え始めたことをきっかけに、全ての自動車関連サービスを楽天Carの名の下統一したのです。
このサービス統一狙いとして、利用者の使い勝手や、その他サービスとの連携を円滑に行うことと発表しています。

楽天グループは楽天市場(EC通販事業)や楽天銀行など様々な分野に進出をする大企業です。この楽天グループが近年で拡大している自動車関連サービスである楽天Carについてこの記事では徹底解剖をしていきます。

たかまさ
Follow me

車査定アナライザー



たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。
カーセンサー

たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック王国」で決まり!
トラック大国

たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。
カーネクスト

楽天Carで何ができるの?6つのサービス詳細

楽天Carが提供しているサービスは大きく6つです。

  1. 楽天Car楽天市場店
  2. 楽天Carオークション
  3. 楽天Car車検
  4. 楽天Car
  5. 楽天Carアプリ
  6. 楽天Carマガジン

これらを見てサービス名だけを見てわかるものもあれば、なんだろうと感じるものもありますね。
ここの章ではそれぞれのサービスを詳しく紹介していきますが、まず簡単に「ひと言でまとめると車に関してなんでもしてもらえるサービス」です。

楽天Car楽天市場店

楽天Car楽天市場店

サービス名楽天Car楽天市場店
サービス概要中古車販売
URLhttps://www.rakuten.ne.jp/gold/rakutencar/

楽天グループが運営する誰もが知っているサービス「楽天市場」にて中古車を販売しています。
トヨタやホンダといった国産車はもちろん、外国車まで幅広く販売しているので今車の購入を検討していた方はぜひ覗いてみてください。

楽天市場を利用したことがある方はすぐに利用方法はわかると思いますが、同じくネットから購入ボタンを押すだけで自宅まで車を届けてもらうことができます。
ネットショッピングの感覚で車を簡単に購入することができるのは今時ですね…

ただし個人的に意見を言わせて貰えば、簡単なことはとても良いですが新車ではなく”中古車”なので実車を見てから購入を検討して欲しいものです。購入後に返品できないケースも多いので掲載されている情報だけで判断しないよう注意しましょう。

それともう一つ楽天Car楽天市場店のサービスで伝えたいことは、品揃えがよくないことです。メーカーから探すことや価格から探すことが検索で出来ますが、どのような条件で検索をしても在庫が少なすぎて役に立ちません。

中古車の購入なら他を当たった方が良い車に出会える可能性が非常に高いと言えます。

楽天Carオークション

楽天Carオークション

サービス名楽天Carオークション
サービス概要中古車買取オークション
URLhttps://auction.auto.rakuten.co.jp/
特典●売却で楽天ポイント1,000P
●マイカー割登録でさらに100P
※キャンペーンやポイントは変更されている場合がございます。

楽天Carオークションは「楽天Car」が提供するサービスの中でも認知度が高いサービスです。
愛車を売却したいという方が利用するサービスで、オークション形式で愛車の売却価格が決まります。

オークションの入札に参加するのは個人の方ではなく、中古車屋や車の買取を行う業者です。出品された情報を細かくチェックし入札していきますので、期待していた売却価格を超えることもあれば、大きく下回る可能性が考えられます。

<オークションを利用する流れ>

  1. 楽天Carオークションサイト内から愛車の検査日を指定
  2. 楽天Carオークションの担当から実車査定を受ける(オークション価格を決定)
  3. オークションに出品
  4. 落札された場合売買契約を行う
  5. 車の引き渡し

楽天Carオークションを利用するながれはこの通りです。すべてスムーズに進めば1ヶ月以内で売却金額を受け取ることも出来ます。

自分の希望する最低落札金額を超えなかった場合は無料でキャンセルできますが、超えた場合は基本的にキャンセルを行うことができないのがオークションです。この点はあらかじめ理解しておくことが大事ですね。

また、オークション形式なので入札がなかったり、納得いく落札金額でなかったりする場合は車の売却ができないことになります。直接買取業者へ売却をすると大きな原因がない限り売却することができますが、オークション形式の楽天Carオークションなら100%売却できる保証はありませんのでここも理解しておくべきです。

すぐに確実に売却したい方は別の方法を考えるべきでしょう。

楽天Car車検

楽天Car車検

サービス名楽天Car車検
サービス概要車検の事前見積もり・来店予約
URLhttps://shaken.rakuten.co.jp/
特典●店舗での車検実施で500P
●キャンペーンにエントリで+1,600P
●Dr.Driveで車検予約・実施で合計2,300P
●オートバックスで車検実施&口コミ投稿で最大2,500P
●仙台の対象店舗で条件達成すると最大3,500P
●友達紹介キャンペーン(紹介した方:100P)(紹介された方:500P)

※キャンペーンやポイントは変更されている場合がございます。

楽天Car車検は2020年の楽天Carへの統一前からとても利用者が多かったサービスの1つです。
車を所有していると車検は2年に一度のタイミングで受けなければいけません。

今この記事を見ている方は車検を経験したことがある方が大半だと思いますが、車検を受ける業者はどうやって選んでいますか?
近場で少しでも安く対応してくれる業者が見つかると嬉しいものですよね。そこで役立つのが「楽天Car車検」になります。車検の事前見積りから、実際の予約・実施まで一貫して行うことが可能で、とても便利です。

楽天Car車検に利用料はかかりませんし、楽天Car車検から予約・実施をすれば楽天ポイントまでもらえると嬉しいことばかりです。
楽天Carが提供するサービスの中でも特におすすめしたいサービスになります。

新型コロナウイルスによる影響を受け楽天Car車検サービスでは「Stay Home車検」というサービスをスタートしています。
楽天Stay Home車検
大手グループが運営しているだけあって対応するスピードとアイディアはさすがですね!

楽天Car

楽天Car

サービス名楽天Car
URL1)車買取一括査定
2)バイク買取一括査定
3)洗車ガラスコーディング
4)ガソリンスタンド検索
5)タイヤ取付サ―ビス

また少しややこしいですが、楽天Carというサービスの中には5つのサービスがさらに分かれています。
売却、購入、メンテナンスなどを提供しているサービスがここに集まっています。

上の表を見てわかる通り、車だけでなくバイクの査定まで依頼することができるこの充実さは、他のサービスではまず見られないでしょう。
楽天Carオークションという売却サービスを先ほど紹介しましたが、楽天Carでは「一括査定」といった買取業者 に一括して査定依頼を出すことができる売却方法を提供しています。

確実に高く車やバイクを売りたい方はオークションよりこの一括査定を利用して買取業者へ売却することをおすすめします。
その他にもタイヤ取付サービスは楽天Carの中でもとても利用者が多いサービスで、楽天市場で購入者タイヤを希望の取付店へ直送しそこでタイヤ交換まで対応してくれるサービスです。

実店舗でタイヤを購入するより安くタイヤを購入することができ、安価でタイヤ交換ができるこのサービスは個人的にも利用をおすすめしたいサービスになります。

楽天Carアプリ

楽天Carアプリ

サービス名楽天Carアプリ
サービス概要ガソリンスタンド検索アプリ
URLhttps://carservice.rakuten.co.jp/carserviceapp/

その名の通り楽天Carのアプリになります。

主にガソリンスタンドの検索に役立つアプリですが、ガソリンスタンドの中でも楽天ポイントが貯まるガソリンスタンドを検索結果として表示してくれるので楽天ポイントを日常で稼ぎたい方にとても向いています。

ガソリンスタンド検索以外にも洗車コーディングや車検店舗を検索から予約まで行うことができるので、スマホにダウンロードしておいて損は1つもないアプリです。

楽天Carマガジン

楽天Carマガジン

サービス名楽天Carマガジン
サービス概要自動車の維持費をお得にする情報を公開するメディアサイト
URLhttps://carservice.rakuten.co.jp/carserviceapp/

楽天Carマガジンは車に関する情報を定期的に公開しているメディアサイトです。
どうすればお得に車を維持できるのか、名義変更の流れ、車検についてなど読んで得する情報が詰まっているので、愛車でお困りのことがあれば覗いてみる価値があります。

ただし内容としては全て楽天Carが提供するサービスに繋げるような流れになっています。車の情報を提供している私たち車一括査定ランキング7から言わせてもらうと、もっとお得な情報はあるのが事実です。

楽天Carマガジンで知れる情報に誤りはありませんが、1つの知識だと考えて理解しましょう。全て鵜呑みにしてしまうと損をしてしまうこともあるかもしれません。

楽天Carが提供するサービスに共通しているポイント

前章では楽天Carが提供する6つのサービスについて詳しく解説してきました。
この6つのサービスはもちろん内容は異なりますが、共通しているポイントが1つあります。

それは、楽天会員でないと得しないことです。楽天会員が絶対条件でないサービスもありましたが、結局最後には「楽天会員なら最大●●ポイント還元」と得するのは楽天会員でした。

今回の記事では楽天Carについてお話をしていますが、楽天市場やその他の楽天グループが運営するサービスはどれも素晴らしいものばかりです。楽天会員になっているとどのサービスでも同じアカウントで利用することができます。楽天会員自体は無料で登録ができますので、ぜひ登録しておくことをおすすめします。

楽天会員になる手順

楽天会員の登録手順はとても簡単で1分で完了します!

  1. 楽天会員登録ページへアクセス「楽天会員に登録する」をタップ
  2. 楽天会員登録

  3. 情報を入力(氏名、フリガナ、メールアドレス、パスワード)
  4. 楽天会員登録パスワード

  5. 入力内容の確認
  6. 楽天登録の入力確認

  7. 登録完了
  8. 楽天登録完了

  9. メールでログインIDが届くので控えておく
  10. 登録完了

車の高額売却なら「楽天Car」より「カーセンサー」

カーセンサー
車を売却しようとお考えの方、楽天Carを利用して売却をしようとお考えではないでしょか?

確かに楽天Carには楽天Carオークションや車買取一括査定と売却できる2つのサービスがありましたが、これらを利用しても相場以上の高額売却は期待できません。
楽天Carで完結させたいのであれば前述している通り、楽天Carオークションより車買取一括査定を利用すべきです。

一括査定というサービスは高額売却する上でとても重要なサービスで、今では車を高額売却したい方達の必須ツールともなっています。

しかし、実は楽天Carが提供する一括査定よりも「カーセンサー」が提供する一括査定の方がサービス内容が圧倒的に勝っており、高額売却ができる可能性がとても高いことが言えます。

<提携買取業者数>カーセンサー1,000社、楽天100社

一括査定を提供するサイトはいくつも存在しますが、大きく内容が異なるのが提携買取業者数です。

高額売却を狙うポイントとして、より多くの買取業者から見積りを集め比較検討することが重要になります。つまり提携買取業者数が多いほど、高額査定の見積りを集められる可能性が高くなるのです。

カーセンサー楽天愛車一括査定
1,000社以上100社程度

上の表をみていただければ分かる通り、これだけ提携買取業者数に差があります。
カーセンサーの提携買取業者数は一括査定を提供するサイトの中でもTOPクラスなのです。たった100社しかない楽天の一括査定を地方の方が利用するとマッチングしないことだって考えられます。

<同時査定数>カーセンサー最大30社、楽天最大10社

同時査定数とは、一括査定依頼を送信するときに送れる業者数です。

楽天は一回の一括査定で連絡を取れる業者数は最大10社というのに対し、カーセンサーは最大30社と一括査定できる業者数に差があります。
より連絡を取れる業者数が多い方が、条件の良い買取業者を見つけ出すことができるので、この点からもカーセンサーを利用すべきだと判断できますね。

まとめ

楽天Carが提供する6つのサービスについて詳しくお伝えしてきました。
楽天グループが運営するだけあって充実したサービス内容と楽天ポイントで還元されるシステムにはとてもお得さを感じました。楽天会員になっておくだけで楽天Car以外の楽天が運営するサービスへは共通してログインすることができますので、楽天会員にはなっておくことをおすすめします。

どれも利用したいくらいの素敵なサービスでしたが、車の売却に関しては楽天Carではなく「カーセンサー」を利用して売却する方が断然高額売却を目指せる可能性が高いです。

車の売却をお考えの方はぜひ下記ページを見て高額売却を目指してみてください。


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)