ルノー カングーの高値買取・査定のポイントと相場について

ルノー カングーの買取相場
       
たかまさ
Follow me

ルノー カングーの概要と特徴・魅力と買取相場について

ルノー カングー
当車両はフランス生まれのフルゴネット・MPVで、生産が現地で行われているのが特徴です。
初代の発売は1997年のことで、1960年代に開発されたキャトルフルゴネットの流れを汲んだものです。

元々ユーティリティビークルの価値が評価されていましたが、当車両は細部に拘り装備を充実することで、完全な乗用車化に成功した製品です。

使い勝手が良く多用途に活用できることから、瞬く間に人気を獲得していますし、更に安全性能や日本を含めた国々での販売実績に魅力があります。

扱いやすさと希少価値とが相まって、買取相場も堅調です。

ルノー カングーの購入者(ユーザー層)の特徴

当車両を購入しているのは、30代から40代を中心としたユーザー層で、特に子供がいる家庭が当てはまる傾向です。
元々は商用車なので、商用利用に向いているのはいうまでもありませんが、日本ではファミリー層にヒットしています。

また、車にファッション性を求めたり、アウトドアを楽しみたい活発なユーザー層にも人気です。
このように、当車両はユーザー層の幅が広く、車の特性を活かす形で多用途に使われていることが分かります。

ルノー カングーの高価買取りのコツと注意点

年式に注意

当車両の高値査定を実現するコツは、やはり年式が新しいものを良好な状態で査定してもらうことです。
年式は査定価格に直結する要素で、中でも一番新しいモデルとそれ以外は、大きく差が開く傾向があります。

比較的浅い年式の車両は、経時的に徐々に査定価格が下がるとしても、緩やかに下落していきます。
ただし10年やもっと前のモデルは、極端に査定評価が下がる恐れがあるので注意です。

状態は、年式が浅ければ必然的に傷みも少ないので、メンテナンスを受けて問題がないなら、あまり心配しなくても大丈夫です。

輸入車に強い業者選定

当車両を高値査定で買取に出すには、輸入車に詳しく高値買取に強いお店を選ぶことがコツとなります。
国産車に精通していて高査定に強いお店は多いですが、一転して輸入車となるとお店ごとの差が大きく開きます。

輸入車を取り扱う買取店は、メーカーの特徴や車両の良し悪しを理解しているので、査定価格が高くなったり納得しやすい価格がつけられます。
勿論、輸入車買取店にも査定基準の差はありますから、1店のみで売却を決めてしまわないように要注意です。

高値査定においては、相対的に比較するつもりで複数のお店の査定を受けることが大切です。
こうした理由からも、先ずは一括査定サイトの活用が合理的と言えます。

ルノー カングーの買取り額を高くするポイント

当車両の買取り額が高くなるとしたら、それは需要の大きい年式の浅い車両を査定に出すことです。
車両の状態を外観、機能共にベストにしておき、輸入車に強い買取店に査定を任せれば、かなり良い査定結果に期待できるでしょう。

当然ですが、1店よりも2店3店と査定してもらうことで、査定価格に違いがあることに気がつけます。
しかも、誤差ではなく無視できない差が確認されるケースもあるので、複数のお店で査定を受けるのは、買取り額を高くする上での前提条件です。


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)