多様化する車の安全装備、わかりやすく解説します!

車の安全装備について
       
たかまさ
Follow me

ドライバーなら誰もが遭いたくないのが交通事故、警察庁調査によると、2021年の全国の交通事故死者数は2636人でした。

最も交通事故死者数が多かった1970年の16,765人に比べて、大きく減少していることがわかります。

また全死者数のおよそ30%が、乗車中(二輪車・自転車は除く)に亡くなられました。

乗車中の死亡件数も年々減少傾向にありますが、以前に比べて車の安全性が高まってきたことが、大きな理由として考えられます。

車の安全性を高めるために、安全な車体の構造も含む安全装備はなくてはならないものです。

自動車メーカー各社も、独自の技術を生かした様々な安全装備を開発し、PR活動も活発に行われています。

テレビCMや新聞広告などで、目にされた人も多いのではないでしょうか。

近年では車の商品性を高める上でも、安全装備への注力は大きなウエイトを占めています。

今回は、多様化している車の安全装備について、わかりやすく解説していきます。

車買取の実録記事
筆者が「埼玉県」で車一括査(カーセンサー)を活用した実際の記録です。
筆者が車一括査定を使ってみた!

8社の査定実録!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた

安全性の技術は、大きく分けると2種類になります

車の安全性は、大きく分けると2つの考え方があります。

1つめは実際に事故が起きた際、ドライバーや他の乗員、歩行者への被害を最小限に抑えるための技術、「パッシブセーフティ(受動的な安全)」と呼ばれるものです。

こちらには比較的古い時期から開発された安全装備が多く、以前は車の安全性を考えるうえで、とても大きなウエイトを占めていました。

また以前は、歩行者に対する配慮はあまりされていませんでしたが、最近では歩行者への衝撃削減の技術も、積極的に開発されています。

例としては、3点式シートベルト、SRSエアバッグなどが、「パッシブセーフティ」に分類されます。

もう1つは、「アクティブセーフティ(能動的な安全)」と呼ばれるもので、衝突などの事故を未然に防ぐことに重点をおいた技術です。

こちらは、「パッシブセーフティ」と比較して、新しい技術も多く見られ、電子制御を使用した安全装備が多いことも特徴です。

例としては、ABSやESC(横滑り防止装置)などが、「アクティブセーフティ」に分類されます。

今回はこの2つの観点から、安全装備を解説していきます。

パッシブセーフティの安全装備

ここでは、「パッシブセーフティ」に該当する安全装備について、代表的なもの4つを解説していきます。

3点式シートベルト

スウェーデンに本社をおく「ボルボ」が、1950年代に開発して市販車に採用した技術です。

それ以前は腰だけを固定する2点式が主流で、胸部や頭部を保護する点では、3点式に劣るものでした。

1960年代には脱着もしやすく肩と腰を固定する3点式が主流になり、現在も採用されている歴史も古い安全装備になります。

衝突安全ボディ

キャビン(乗車スペース)の強度を堅牢(けんろう)化して、車体の前後にクラッシャブルゾーン(衝撃を吸収する部分)を設け、潰れることで衝撃を吸収するボディのことです。

また側面衝突時にドアが圧迫されて、乗員が損傷することから守るため、「サイドインパクトバー」がドア内部に装備されている車もあります。

SRSエアバッグ

衝突した際に、ハンドルやフロントガラスで頭部を損傷しないように、火薬で瞬時に風船をふくらます安全装備です。

通常は運転席と助手席への装備が多いのですが、側面にも装備したカーテン式やサイドエアバッグ付きの車もあります。

最近では運転席に標準装備で付いている車が、ほとんどです。

歩行者傷害低減ボディ

車が歩行者と衝突した際に、車側が衝撃の一部を吸収することで、歩行者のダメージを軽減化する技術です。

ボンネットやバンパーに衝撃吸収する素材や構造、ワイパーを衝撃で脱落させる仕組みなど、メーカーによって様々な技術が開発されています。

アクティブセーフティの安全装備

ここでは、事故を未然に防ぐ「アクティブセーフティ」に該当する安全装備について、代表的なもの3つを解説していきます。

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム

雪や雨降りの日などのスリップしやすい路面での運転、ブレーキを踏んだ途端に滑り、ヒヤッとした経験をお持ちの人もおみえでしょう。

ABSは、ブレーキによる車輪のスリップを自動的に検知して、電子制御により「ポンピングブレーキ(小刻みに何度かブレーキをかけること)」をして、スリップを防いでくれる装備です。

登場した頃はオプション扱いの車が多かったのですが、現代では標準装備が義務化されています。

AEBS(自動ブレーキ)

2021年11月以降に発売開始された車には、装備が義務化されています。

歩行者の飛び出しなどでドライバーがブレーキを踏むのが遅れても、ブレーキを自動的に作動させて、衝突前に減速または停止させる装備です。

ESC(横滑り防止装置)

カーブなどを走行中に外側にふくらむなど、車が不安定な挙動をして危険な状況をセンサーが察知して、ブレーキやエンジンの回転数を落とすなど、自動的に制御する装置です。

特に雪道などの滑りやすい路面では、効果を発揮します。

その他、アクセルとブレーキの踏み違いによる、急発進を防止する「急発進抑制装置」なども、最近では注目されています。

安全装備は、あくまでも最終的な切り札です

今回はいくつかの安全装備について解説してきましたが、安全装備は日進月歩で技術が開発されています。

ただし、これらの安全装備はあくまでも、ドライバーがミスをおかした際に、電子制御や機械が修正をしてくれ、身体を守ってくれるものに過ぎません。

また自動運転の技術も進んできましたが、まだほとんどの車はドライバーによる判断やコントロールが必要です。

これらの安全装備が作動する必要がない運転、危険を招かない運転を心掛けていくことが、車の安全な走行を考えるうえでも重要なことでしょう。

最後に、どれだけ技術が進歩しても、ドライバーの責任感が、何にも勝る安全装置であることをお忘れなく。


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)